コンビニでAmazonギフト券をクレジットカードで買うマル秘テク

ブログ

Amazonギフト券をはじめとする各種ギフト券は、原則的にクレジットカードを使った支払いができないという不便さも持ち合わせています。
しかしどうしてもコンビニでクレジットカード決済をしたいという場合に利用できるマル秘テクをこっそりとお伝えします。

コンビニでクレジットカードを使ってAmazonギフト券を買う方法

まず覚えておきたいのは、コンビニに足を運んだ際に正攻法を使ってAmazonギフト券をクレジットカードで購入することはできないという点です。
面と向かって店員にクレジットカードを差し出しても「こちらは現金のみの決済になります」と言われてしまい、支払いを受け付けてもらえません。

そこで利用するのが電子マネーです。
一度クレジットカードから電子マネーにチャージして、その残高を使ってAmazonギフト券を購入することで、間接的にクレジットカードを使ったAmazonギフト券の購入がコンビニでも可能になります。

セブンイレブンのnanacoを利用する

大手コンビニチェーンのセブンイレブンでは、電子マネーのnanacoを導入して全国の店舗で決済に対応しています。
nanacoは、公式サイトの会員メニューを通してクレジットカードからnanacoへの入金を認めており、インターネット経由で簡単にチャージすることが可能です。
国内で流通しているほぼ全てのクレジットカードを利用できますが、アメックスやダイナースのような外資系ブランドには現段階で非対応となっています。

クレジットカードからnanacoにチャージできる金額は、1回につき5,000円以上と定められており、チャージの上限額は50,000円です。
そして1ヶ月のチャージは合計150,000円まで利用回数は1ヶ月で15回までなど細かな利用制限も設けられているので、規約をしっかりと確認しましょう。


Amazonギフト券を購入する際には、店頭で「支払いはnanacoでお願いします」と伝えるだけで決済を行うことができます。

同じように、電子マネーのWAONを導入しているミニストップでも、事前にチャージしたWAONを使ってAmazonギフト券のクレジットカード決済ができます。
ミニストップはセブンイレブンと比較すると店舗数が限定されますが、お近くのコンビニがミニストップという場合には選択肢に加えてみてください。

nanacoについての詳しいまとめがこちらにございますのでご参照ください。

【まとめ】セブンイレブンでAmazonギフト券を購入する方法!
セブンイレブンで販売されている蒙古タンメンのカップ麺、おいしいですよね。 それは置いといて、セブンイレブンではAmazonギフト券を購入する事ができます。 今回はセブンイレブンに置いてあるAmazonギフト券のタイプや購...

ファミマTカードを持っていればファミマで直接購入が可能

ごく例外的な話になりますが、もしもファミマTカードを所有しているのであれば、ファミリーマートの店頭で直接Amazonギフト券のクレジットカード決済が可能になります。
ファミマTカードはファミリーマートが発行しているため、ファミリーマートで決済が行われる場合には、ファミリーマート側が負担する手数料が発生しません。
そのためファミマTカードであればAmazonギフト券のクレジットカード払いにも積極的に対応してくれて、他店のように断られてしまうという問題が無くなります。

対応する店員によってはこういった事情を知らずに断られてしまう場合がありますが、諦めずに「ファミマTカードならできるはずです」と話しかけてみましょう。
レジを通せば問題なく決済が完了しますから、店員の前で恥をかく心配はありません。

 

Amazonギフト券をコンビニでクレジットカード払いすると何が得なのか

コンビニでAmazonギフト券を購入する場合には現金払いが基本ですが、現金で支払ってしまうとそれっきり何のポイントも付与されません。
一方でクレジットカード払いを行えば、支払った総額に各種ポイントが付与されることになり、利用する金額が大きければ大きいほどができるということになります。
また、分割払いやリボ払いに変更することによって、一括払い以外でAmazonギフト券を購入できることもメリットです。

使い方次第ではポイントの両取りが可能

先ほどご紹介したセブンイレブンのnanacoを例に取ると、まずnanacoにチャージした金額に対して、クレジットカード会社からポイントが付与されます。
これだけでも現金払いと比較すればお得なのですが、それ以上のメリットになるのが、nanacoで決済を行った際に付与されるnanacoポイントです。

nanacoは、100円の支払いにつき1ポイントの付与というサービスを実施しておりこれはクレジットカードのポイントとは全く別に付与されるポイントです。
つまり3,000円分のAmazonギフト券をnanacoで購入すると30ポイントが、10,000円分のAmazonギフト券をnanacoで購入すると100ポイントが付与される計算になり、ポイントの両取りができます。

nanacoポイントは1ポイント1円で利用できるので、10,000円分のAmazonギフト券をnanacoで買っただけで100円儲かるという方程式が成り立ちます。
Amazonギフト券そのものにも購入金額そのままの価値が残りますから、普通にAmazonでお買い物をするよりも、ひと手間かけたほうがお得になるということですね。

Amazonギフト券をコンビニでクレジットカード払いする際の注意点

各クレジットカード業者は商品券等の現金化を禁止しており、換金目的と思われる購入が相次いだ場合には利用停止処分を科される恐れがあります。
電子マネーへの変換を経ることで換金目的が発覚するリスクは下がりますが、念のため短期間で多額のチャージを繰り返し行うことは避けましょう。
利用停止になったクレジットカードは、一定の期間を置けば普段通りに利用できるようになりますが、再び現金化が疑われる行為が発覚した場合には、最悪の場合で会員資格剥奪などの重い罰を受けることもあります。
カード会社から警告が届いた場合には、そのカードを使って現金化を行うことはやめておきましょう。

nanacoの会員登録には時間がかかる

nanacoにクレジットカードを使ってチャージする場合には、会員メニューにログインしてカード情報の登録を行わなければなりませんが、この手続きは入会後10日が経過した後でなければ行えません。
入会から10日後にカード情報を登録できても、そこから更に24時間が経過しなければチャージの申し込みや受け取りをすることが不可能です。
したがって、クレジットカードからnanacoにチャージするためには、最短で入会から11日間が必要ということになります。
入会当日にクレジットカードとnanacoを使ってAmazonギフト券を購入することはできないので、入会と登録は早めに済ませておきましょう。

急いでいる場合には買取業者を利用する

これはAmazonギフト券を現金化したいという場合に限った話ですが、少しでも早くAmazonギフト券を現金に換えたいという場合には買取業者を利用しましょう。
Amazonで販売されているEメールタイプのAmazonギフト券は、クレジットカードで購入でき、業者に依頼すれば早ければ当日中に現金化が完了します。
nanacoの登録が済むまで11日も待てない!ということであれば、はじめからAmazonギフト券の買取業者を利用して即座の現金化を目指すことが効率的です。

その場合、こちらの記事に詳しいことが記載されている記事がございますので参考にしていただければと思います。

Amazonギフト券の売り方はこんなに多い!現金化の方法を解説!
購入したものの使う予定が全く無いAmazonギフト券や、プレゼントされたAmazonギフト券を現金化するためにはどのような方法があるのでしょうか。 沢山あるAmazonギフト券の売り方の中から特に便利な方法を紹介し、利用法を解説します。 ...

まとめ

Amazonギフト券はファミマTカードを持っていればファミリーマートで直接、そうでなければnanacoやWAONなどの電子マネーを経由することにより、クレジットカードを使ったコンビニでの決済を叶えられます。
クレジットカードを電子マネーに変換することでポイントの両取りができ、Amazonギフト券をお得に活用できますが、現金化が目的という場合には買取業者を利用したほうが効率的ではあります。