余ったお釣りどうする?Amazonギフト券を使い切ろう

ブログ

 

こんばんは、掛け布団分厚くしないと風邪引いてしまう気温になってきましたね。

いかがお過ごしでしょうか?

 

今日の議題は、余ったAmazonギフト券についてです。

正直、きっっかし使い切ることって難しくないですか?

たとえば5000円のギフト券を持っていたとして、きっかし送料諸々込で5000円のお買い物できる人ってなかなかいないんじゃないかなと思います。

そもそも、もし額面以下のものを買ったとしてお釣りって出るの?って話はそこからですよね。

みなさんは余った分どうやって使ってるんでしょうね、ちょうど去年から(2017/4/24発行分〜)有効期限も10年間になりましたしこれからは、いつの間にかギフト券の有効期限が切れてる!なんて事も無くなりますね。

余った分は次回のお買い物で使える事はご存知でしたか?知らなくて持て余してるなんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこらへんのお話も詳しくしていけたらいいなと思います。

Amazonギフト券ってお釣り出るの?

 

出ます。

お釣りといっても現金でお釣りが出ることは100%ありません。

ご自身のAmazonアカウントにギフト券の残高として残るといった形です。

例えば、2590円の商品を3000円のギフト券で購入すると410円余りますよね、こういった

中途半端な金額の買い物でギフト券を使い、お釣りが生まれてしまった場合でもその残高は次回のお買い物で使用が可能ですので、お釣りが出ない事を気にして無駄なく使いたいが故に額面以上の買い物をしなくてはいけないなんて事ないんです。

お釣りが出ない金券やギフト券が多い中、Amazonギフト券のこのシステムはとても使い勝手が良く、ありがたいですよね。

 

まずは残高の確認

 

例えば何でも良いのでお買い物をしたとして、いくら残っているのかを知りましょう!

ここを見れば全ての詳細が確認できます。

なんならチャージやギフト券登録もこのページから出来ちゃいますので、ご自身のギフト券情報を知りたい場合はここを見ましょう。

 

トップのギフト券のリンクから

 

 

ギフト券残高、この部分もリンクになっていますのでクリック

 

 

このページでギフト券の残高が確認できるのと、同時に利用履歴も確認できるようになってます。

すみません、筆者のギフト券履歴はないので表示されておりませんが

本来だと赤丸で囲ってある部分に利用日、利用内容、残高が表示されます。

 

 

足りない時

 

使い切りたかったのに…という方

大丈夫です、ギフト券残高が少額の時はクレジットカード、代金引換、電子マネー、コンビニ、ATM、ネットバンキングと併用したお支払いが可能です。

例えば、前回ギフト券でお買い物した際の残高が410円だけある状態で

次は1500円のお買い物をするとします、このお買い物で前回余った分の410円使いたいですよね。

そういった時は、お支払い方法の選択のフローで、Amazonポイント・Amazonギフト券のAmazonポイントにチェックを入れ、今回の注文で利用可能なポイントを全て利用するにチェックを入れます。

そうするとこのお買い物で、今ある分のギフト券残高¥410円を全て使ってくれます。

残りの1090円は先ほど説明したクレジットカード、代金引換、電子マネー、コンビニ、ATM、ネットバンキングのどれかから支払いをすれば1500円のお買い物が可能なわけですね。

 

 

ただ、唯一この中で代金引換だけはおすすめしませーん!なぜなら送料とは別に代引換手数料¥324円が掛かるからです!高い!

半端な金額のものをギフト券でお釣りなく購入したい!

 

ギフト券を使って買い物をしたいけど残高を残したくない、でも買おうとしている商品は中途半端な金額…

今月はもうクレジットカード使いたくないし、代引きは手数料かかるし嫌〜って時や

現金払い希望なのに、欲しい商品がクレジットカードでしか買えないデジタルコンテンツ商品だった場合など。

そんな時は、コンビニなどの店頭で購入可能なバリアブルタイプのギフト券がおすすめです!

欲しい商品が中途半端な金額でも、バリアブルカードなら15円〜500,000円まで1円単位で指定が可能なので欲しい商品の金額分だけ買えちゃうという便利なものです。

例えば欲しい商品が1420円だった場合、Amazonギフト券バリアブルタイプのカードをコンビニまで買いに行き、店頭で1420円で買いたいと指定し現金払いで購入します。

その後、そのギフト券情報をご自身のアカウントに登録すれば1420円がギフト券残高として表示されます。

この方法なら端数のある金額でもクレカ、代引を利用せずギフト券でお釣りなくお買い物ができちゃうんですね。

 

ギフト券を登録しよう。

 

トップのギフト券から

 

 

真ん中辺りにこのアイコンたちが表示されますので

アカウントに登録をクリックします。

 

 

ギフト券情報を入力する画面が表示されます。

入力欄に、Amazonギフト券裏に記載されているギフトコードを入力し

アカウントに登録するボタンを押して登録完了となります。

 

 

現金主義

 

併用はややこしいので、一個の支払い方法で完結したい方

クレジットカードや代引はやはり使いたくない方などは

きっかし買って、きっかし使いきれるチャージタイプorバリアブルタイプを使おう。

例えば、5000円の商品が買いたくてギフト券で支払おうとした時、残高が4920円しかない時!惜しい!後80円足りない!なんて時、この80円の為にカードきりたくね〜って時。笑

そんな時はとりあえずバリアブルタイプのギフト券で現金払い、少額端数購入しちゃいましょう!コンビニの店頭で買えちゃう手軽さ!!

もう、いますぐ!今すぐ欲しいんです!現金払いに行ってる時間ないですっという方は、クレジット払いでも良いですのでチャージタイプで今ある残高に追加で少額チャージしちゃいましょう。

・お時間ある方はコンビニで現金購入できるバリアブルタイプをおすすめします、これを購入しておけば購入後のお支払い手続きは不要なのでとっても便利ですよね。

・今すぐ購入を済ませたい方や急いでる方はチャージタイプが良いと思います、クレジットでもチャージ分が購入可能なのでその場で完結できるという面では急いでる方は断然こっちの方が良いですよね、もちろん現金でのお支払いも可能です。

少額端数購入ではポイントこそ付きませんが、チャージタイプですと5000円以上を現金払いでチャージいたしますとポイントがついてきます、大幅ポイントゲットのキャンペーンも行われているみたいですし、自分で設定すればオートでチャージもしてくれるチャージタイプはお得で便利で優秀なので個人的にもおすすめです。

 

オートチャージ

 

ちょっと話が逸れますが便利なのでお話しさせてください。

オートチャージとは、主にクレジットカードでなくギフト券でAmazonの買い物をされる方はよく使われているのではないかと思いますが

残高がなくなった時点で、設定しておいた金額分が自動でご自身のアカウントにチャージされるものです。これなら毎回ギフト券が無くなる度にご自分でチャージする手間が省けますね、頻繁に使われる方からしたらものすごく便利ですよね。

チャージするタイミングの種類も豊富なので自分に合ったタイミングでチャージが可能です。

オートチャージの方法

 

まずはトップ、ギフト券のリンクから

 

ここから、今回はオートチャージをクリック

 

 

ここでは

・定期的にオートチャージするか

・残額に応じてオートチャージするか

です。

 

定期的にオートチャージの場合、オートチャージする額と頻度と開始日を選びます。

※頻度はプルダウンになっていて、毎月、2週に1回、毎週、毎日の中から選べるようになっています。

 

 

残高に応じてオートチャージの場合、オートチャージする額と判定金額を設定します。

判定金額とは、ギフト券の残高がこの金額以下になるとオートチャージされるというものです。

 

 

オートチャージは上記で紹介した二種類となりますので、頻繁にギフト券使われる方などいらっしゃいましたら設定してみて欲しいと思います。

チャージタイプに関してもっと掘り下げた情報はこちらからどうぞ

amazonギフト券チャージタイプの内容と処理方法を徹底解析
amazonギフト券を購入するとamazonで商品を購入することができます。 amazonギフト券はカードタイプ、Eメールタイプ等と様々な種類があります。その中でチャージタイプというものがあり、これを利用することによりいろいろなメリットが...

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

余った時の使い方や、足りなかった時の使い方のあれこれをまとめてみました。

今まででも余っていることに気が付かず端数がたまり続けてるなんて方は次の買い物でギフト券使ってみてくださいね。