amazonが遂に家具業界にも参入か!?

ブログ

amazonが遂に家具業界へ参入するとのニュースが飛び込んできました。非常に驚きなのですが、果たして割りを喰うライバルはいるのでしょうか?

amazonが参入しようとしている米国の家具市場はどれくらいの規模なのか

ウォールストリート・ジャーナルによるとamazon(ティッカーシンボル:AMZN)が家具のネット通販に力を入れるそうなのです。

そうするにあたって先ず全米の4か所に巨大な家具の配送センターを建設する計画とのことですが、米国の家具市場では年商718億ドルで、そのうちネット通販は115億ドル(全体の16%)です。この部分は年率+18%で成長しています。これはネット通販では食料品に次いで高い成長率と言えます。

 

米国の家具市場における統計グラフ
直売年商718億ドル
ネット通販115億ドル

 

amazonはこれまでにも家具の販売を行ってきましたが、残念ながらamazonで家具を購入するという人口が少ないというのもまた現実問題としてありました。事実、amazonの家具市場でのシェアはわずか17%ととても少ないはずなのですが・・・これだけ大きなシェアに踏み込む理由はいったい??

 なぜamazonは家具を購入する人口が少ないのに競合をするのでしょうか?

 

家具のネット通販は、これまでウェイフェア(ティッカーシンボル:W)と、「Pottery Barn」という家具ブランドを傘下に持つウイリアム・ソノマ(ティッカーシンボル:WSM)がリードを続けていました。

 

従来のamazonの家具のサイトは他社の品揃えと比べてもいまひとつ物足りなさが目立ちっていました。一般的なイメージでも家具といえばニトリなど他社の印象が強く、amazonから家具という連想にはつながらなかったのではないでしょうか。そういった面も含め、やはり家具のラインナップが良くないとどうしても購入者の意欲は他社へ目移りしてしまうものですよね。そんな中まず一つ目に、amazonは巨大なマーケット力を駆使して品揃えを強化しました。
そして従来の弱点に、サイトのナビゲーションが悪いというのも重大な欠点としてあげられていました。サイトのナビゲーションが悪いと自分の探しているような家具を見つけるまでにとても時間がかかってしまいますよね。商品を探すのに時間がかかってしまうようであれば高まっていた購入者の意欲も一気に半減してしまいます。しかし、amazonは従来のままでその問題を解決します。それは自社の配送力を最大限活用するという方法です。
高級な家具などになってくると重量が重く、普通の宅配網での配達ができません。なぜなら重い家具は引越し業者のような、それ専門の人が2名以上のチームを作って届けないといけないからです。ソファやベッドは家の軒先まで届けるのでは不十分で、リビングルームやベッドルームで組み立てるところまでやらないと消費者が困ってしまいます。また配送の際に家具に傷がついてしまったときなど返品トラブルも多いです。amazonが賭けた勝算は家具ビジネスへのテコ入れ、すなわち配送の強化でのシェア拡大なのです。
これには従来のトップシェア企業もプレッシャーを感じているのではないかと思います。

では、そんなamazonによる配送の強化とは?昨年、amazonは専用貨物機である「amazon One」を40機も導入し、amazon独自の流通網を強化させていたのですが、さらに驚きなのが今度はなんとamazon専用貨物基地(つまりamazon専用の空港!)までも建設してしまうのだそうです。これにはもう驚きが隠し切れませんよね。

このamazon専用貨物基地ですが、まずはアメリカのケンタッキー州に建設されるのとのことで、アメリカ中心の運用になることでしょうが、これにより現在の大手物流パートナーには脅威になるかもしれません。そしてAmazonはドローン配送システムへのチャレンジや上記の専用貨物機以外にも、一見奇抜な配送システムの特許を持っていたりします。

amazonによる奇抜な配送システムとは?

■飛行船&気球配送のシステム

ドローンや空を飛ぶ倉庫といった斬新な配送方法を検討中のamazon。

今日現在、日本国内で唯一飛んでいる有人飛行船といえばメットライフアリコ社による「スヌーピーJ号」の一機のみとなっておりますが、実現すればとても賑やかな光景となることは間違いないのではないでしょうか。

※日本国内で運航していたメットライフアリコ社による飛行船「スヌーピーJ号」ですが、新しいブランドイメージを展開するにあたり、これまでのブランドイメージであった「スヌーピー」と「スヌーピーJ号」を2016年末の運航をもってその活動に終止符を打ちました。

 

■地下トンネル

斬新な配送方法を検討中のamazonが遂に配送センターと家を直接つなぐ地下トンネルを検討している。

もはや地下秘密基地のような様相です。ご存じのとおり東京のような都市圏では、すでに地下にいくつものライフラインや交通網が数多く張り巡らされてい痲すので、この地下トンネルを使った配送を導入するにはまだまだたくさんの障壁も出てくるでしょうし、最悪の場合は昨年あった博多駅前陥没事故のようなことになるかもしれません。ただ、実現すれば空を使った配送よりも安全で確実な手段になることは間違いないでしょう。

 

■パラシュート配送

amazonはパラシュートによるドローンでの配達の特許を取得。

今年2月半ばに特許を取得したばかりのパラシュートを使った配送方法。この特許では、ドローンは荷物を空中から落下させます。そして荷物の落下コースをしっかりと監視し、その軌道を調整、さらにパラシュートやエアキャニスター、着陸翼などの装置を起動させることができます。荷物に小さなパラシュートを取り付けて落下させるというこの斬新な配達方法。もはや救援物資を届けているかのような手段ですよね。特許内容に落下軌道に障害物がないことを確認することができる機能も含まれているとのことですが、急な横風などが吹いた場合はどのように対処するのでしょうか。多孔パラシュートだけでは解決しないであろう問題もまだ残っているのが現状と言えるのではないでしょうか。現在amazonはドローン配達サービス「Prime Air」をイギリスで実験的に開始しており、その配達では自動運転のドローンが地面に着陸することで荷物を設置します。まだまだ解決しなければいけない問題も残っておりますが、このパラシュートによる配達が実現すれば、より配達を迅速、かつ効率的に行える可能性があります。これから先まだまだ新しいソリューションが見つかりそうなドローンによる配達ですが、今後どのような展開になっていくか楽しみですね。

■3Dプリンタを検討中

ここまで画期的な配達方法を発案しているamazonですが、さらに驚きなのが「トラックに3Dプリンタを搭載し、注文された商品を配達しながら作る」というまたなんとも大胆な発案を進めていることです。現在、amazonはアメリカにて特許を出願中とのこと.

ご存じのとおり、広大な倉庫に大量の在庫商品を抱えて注文があるたびに対応を行っているのが、amazonの現在の配達システムとなっております。今後さらに倉庫が広くするとなると通販価格をどうしても値上げしなければいけなくなったり、大量在庫の中から商品を探し出さなければいけないので配送の遅れが発生するといった問題が起きること可能性も予想されます。それではどうしたらいいのか?こういった問題の解決策として考案されているのが「3Dプリンタ搭載トラック」なのだそうです。商品の注文が入るとお客さんに最も近い場所にあるトラックに注文データが送られ、3Dプリンタで商品をその場で作りながら配達することで、倉庫内に抱えている商品在庫を減らし配達時間も大幅に短縮することが可能になるというものです。

3Dプリント技術の進歩で高精度な製品を作れるようになってきておりますが、まさかこの技術の進歩が「配達しながら作る」をいうところまで来ているのは驚きですよね。あくまでもまだ特許を出願中の段階なため、この3Dプリンタを使ったサービスが実用化されるかはまだ未定なのですが、なんともamazonらしい画期的な発想に驚かされます。

おわりに

リアル店舗のみではなくインターネットを使った事業やネットでの通信販売が近年すさましい勢いで急成長を遂げている現代。ライバルとなる他社のインターネット事業とは一線を置いても見えるamazonによる家具業界への参入や配送に関する画期的な発案。常に我々の想像を超えたベクトルで驚ろくような展開を進めているamazonだけに、今後もamazonの動向から目を離せないですよね。