amazonギフト券で旅行ができる時代がきた!活用法を伝授

ブログ

 

皆さんは「amazonギフト券で旅行ができる!」そんな時代が来ているのをご存知でしょうか?

ここでは旅行業に参入するamazonと、有効なamazonギフト券の利用方法を

どこよりも早くご紹介いたします!

 

 

amazonが旅行業に参入?

amazonといえば、皆さんご存知世界最大級のオンラインストアですが、

会社が設立されたのは1994年、

当初は小さなオンライン書店として事業をスタートし、

その後、食料品・広告・ストリーミングサービス・クラウドコンピューティング・インターネットビデオオンデマンド(Prime Video)などに事業を拡大させてきました。

 

そんなamazonが次に目をつけたのがOTA。

OTAとは(Online Travel Agent)の略称で、

旅行会社の窓口に出向かずとも、ネットを使って旅行を予約することができるオンライン予約サイトのことです。

 

 

「アレクサ、休暇を予約しよう」

 

amazonがOTAに参入する!

その裏づけとなったのが、モルガン・スタンレーが発表した

「アレクサ、休暇を予約しよう」といった音声対応による旅行予約を

想像させるサービスに関してのレポートです。

 

アレクサというのは、amazonが開発した音声サービスによるAIアシスタントのことで、

近年CM等でよく目にすることも増えたのではないでしょうか。

 

 

 

Echo端末に話しかけることによって音楽を流してくれたり、

照明・エアコン・テレビ等の電化製品の操作をすることができたりと、

わたしたちの生活をよりスマートにしてくれる優秀な子なのです。

 

めんどくさい旅行の手配もアレクサに話しかけるだけで完結する時代がくるのか。。。

ただ天下のamazonでも旅行業に参入することは容易ではないようです。

アメリカの一部の地域で「アマゾン・デスティネーションズ」という旅行分野参入への

第一歩として期待されていたサービスを実施しましたが、割と早い段階で打ち切り。

 

 

すでにOTA市場のトップを仕切っている大手企業の存在

 

Booking.com

Booking.comはオランダの企業で、

とにかく登録されているホテル数が多く、世界中の多くのユーザーが利用しています。

サイト自体は比較的シンプルなつくりになっており使いやすさを感じます。

 

じゃらん

日本人としては一番馴染み深いサイトといえるのではないでしょうか。

茶トラの猫ちゃんが旅をするCMも印象深いですよね。

 

にぎやかなサイトのつくりになっており、目を引く特集やキャンペーンも多く

サイト内を閲覧しただけでも満足感があります。

楽天トラベル

オンラインストアと聞いて、amazonと肩を並べて名前が挙がるのが「楽天市場」です。

そんな楽天がオンライン旅行企業「楽天トラベル」としても業界の上位を獲得しています。

 

 

上記以外にも、「tripadvisor・JTB・HIS・yahooトラベル・トラベルコ・trivago・Expedia」

など多くの知名度の高いOTAが存在し、最近では急激に国内でも浸透しつつあるように感じます。

そんな中、他社との差別化を図りシステムに落とし込めるのか。

どれだけホスピタリティを理解しユーザーを獲得するのかが不可欠になります。

 

 

amazonギフト券の今後の活用法

 

 

 

利用することができるamazonギフト券の種類

 

amazonギフト券の種類は、

コンビニや家電量販店などで手に入れられる

  • カードタイプ
  • シートタイプ

 

amazonのオンラインショップで購入することができる

  • Eメールタイプ
  • チャージタイプ
  • 印刷タイプ
  • グリーティングカードタイプ
  • ボックスタイプ

と多種多様となっています。

 

簡単に手に入れることができるいま、

プレゼントとしてamazonギフト券を選択する方も多いようです。

 

 

amazonギフト券を旅費として利用

 

贈答品としてamazonギフト券をもらったが、特に買いたい物がない…。

残業や出張が多く、荷物を受け取るタイミングが掴めない為

ギフト券を使うタイミングを逃している…。s

 

そんな宝の持ち腐れをしている方も、

amazonギフト券を旅費としてあてることができれば、

用途の選択肢が増え有効に利用できますよね。

 

娯楽目的だけではなく、出張先の宿泊の手配や

新幹線・航空券の手配など、わたしたちの日常をより便利にしてくれることでしょう。

 

 

いらないギフト券を売るという方法

 

店舗に出向かずともネットでの手続きのみで買取が完結する時代。

OTAのようにどこにいても簡単に売ることができる便利なサイトを3件ピックアップ。

 

「長年変わらない安心と実績」amatera.co.jp

HOME
amazonギフト券の買取サービスを提供しているサイト。その他にも、暮らしに役立つ様々な情報を発信しています。ギフト券のお得な使い方を、あなたと一緒に探せるサイトを目指しています。

 

 

amazonギフト券の買取業界で一番の老舗

 

amazonギフト券の買取をしている業者は今現在200社近くあると言われています。

ギフト券の換金があまり知られていなかった頃は、

片手に収まるほどの業者しかいませんでした。

その頃から続いている買取サイトとなれば信頼感がありますね。

 

また、24時間電話受付をしているという点でも、日中仕事をしていてる身からするとありがたい点です。

 

 

 

「利率の高さは常にトップ」ギフトチェンジ

ギフトチェンジ | 【公式】最大93%換金amazonギフト券買取ショップ

 

ギフト券の買取率は毎日変動します。

日課のように毎日さまざまな買取サイトを徘徊しているわけですが、

利率が安定して常に高いのが「ギフトチェンジ」です。

 

あくまで経験談ですが、月初めよりも月の半ば頃の方が

高い買取率を提示しているような気がするので、

それに合わせて売るのがポイントですね。

 

また、振込手数料など無駄な事務手数料を取られることもなかったので

1%でも損をしたくないっていう方にはおすすめです。

 

 

「様々なギフト券の換金が可能」買取本舗

Amazonギフト券93%買取の【買取本舗】

 

「基本的にamazonギフト券以外は買い取らない」という業者が多い中、

ituneカード・Googleplayカードなどの買取も行っているのが「買取本舗」です。

 

amazonギフト券より利率は下がりますが、

使わないまま無駄になってしまうより確実に現金にしたいところですよね。

 

また、利率がトップにバシッと出ているのでわかりやすく、

変な利率交渉とかもないので安心できます。

 

まとめ

amazonが旅行業に参入した場合、旅行サイトの価格競争が更にヒートアップすることが予想されます。

 

amazonギフト券の活用法が増え、わたしたちの生活がより面白いものになるのは大歓迎です。

その際に、ギフト券の買取率に影響を及ぼすかどうかも見守りたいですね。