値段以上の価値がある?!amazon格安4Kテレビ「amazon fire TV edition」とは?

ブログ

薄利ハードでコンテンツも豊富、まさにKindleと同じビジネスモデル。DMMやドン・キホーテなどが発売したりと最近では何かと話題にあがる格安テレビですが、5月中旬に発表されたamazonの格安テレビの存在も忘れてはいけません。残念なことに現状日本国内ではまだ未発売の商品なのですが、今回は「amazon fire TV edition」がいかに優れているかをご紹介していきたいと思います。

amazon格安4Kテレビの特徴と特長

かつて4Kテレビといえば高額商品のひとつでした。購入したくても簡単に手を出せない人も多かったのではないでしょうか?ですが、そんな時代が今急速に終わりつつあります。その証拠のひとつが、amazonが発表した低価格TV、メーカーはElement(地域によってはWestinghouseブランド)です。amazonが新たに打ち出したテレビは、テレビ単体で見てもそれなりに高機能というだけでなく、amazonのFire TVの機能も入っています。「高画質でゲームがしたいだけのためにいちいち大枚はたいてられない…」、そんな人にとってはぴったりなのではないでしょうか。

昨今ありとあらゆるものを飲み込もうとするかに見えるamazonがお手頃テレビを売り出したのは、驚きではありません。そこにはFire TVも、amazon Echoの頭脳であるAlexaも入っていて、ユーザーにamazonのコンテンツをなるべくたくさん買わせるように作られてます。それこそこのamazonによる格安テレビの最大の特徴ですが、amazon prime愛用ユーザーにとっては特徴というより特長です。

機能

Elementの「amazon fire TV edition」には、2017年のテレビに求められる基本機能はすべて入ってます。つまり画質は4Kで、Wi-FiとBluetooth接続ができます。

テレビのスペックには特に興味がないという人が「amazon fire TV edition」について知っておくべきことは、とにかく安くて、4Kで、直下型のLEDを使っているということです。「直下型」というのは、液晶に画面の裏からLEDの光を当てているということです。もっと高価なテレビだと、同じ直下型でも画面を複数に分割して、区画ごとに明るさを調節する「ローカルディミング」という手法でコントラストを高めたりしているのですが、安い方の直下型LEDにはそういう芸はありません。でも低価格テレビを検討しつつそこまで完ぺきな美しさを追求する人は、そこまで多くはないのではないでしょうか。

それと知っておいた方が良い点は、amazon fire TV editionには必要なポートがすべてあるということ、素敵なFire TVのユーザーインターフェースが搭載されてるということです。今まで、2010年モデルのスマートではないテレビにセットトップボックス付けて使ってた人には、オールインワンのamazon fire TV editionがありがたいのかもしれません。

ただし有機ELのテレビファンであったりHDRの美しさを求めている人にとって、amazon fire TV editionでは、そういった画質にこだわりのある人は満足させることは無理でしょう。amazon fire TV editionは、「テレビに何十万円もかけるつもりはない、安くてそこそこベーシックなのでいい」という人にとって、すごく良いテレビなのだと思います。

こういった点もamazon fire TV editionのポイントとなります。amazon fire TV editionはあくまでも大衆向けで、コアなAV機器マニア向けのものではないのです。そして、先ほどから安い安いと言ってきましたが、実際おいくらかというと、43インチモデルが450ドル(約5万円)、55インチモデルが650ドル(約7万3000円)。

画質

とはいえ、amazon fire TV editionはディスプレイ自体の満足度はとても高いのです。ただリフレッシュレートを高めようとするソフトウェアがデフォルトでオンになっているのですが、オフにした方がいいと思います。オフにすると、たとえばアクションシーンなどを観ているときは若干動きが固くなるのところもあるのですが、動きを無理に滑らかにするメロドラマのようなエフェクトがなくなり、全体的に絵がもっと自然になります。

amazon fire TV editionには、他の安価なテレビにありがちな欠点がないのも良いところです。たとえば色のにじみもなければ、白は白で、黒は十分に黒です。『ゼロ・グラビティ』や『ライフ』のような宇宙もの映画を見ても大丈夫です。「十分に黒」という例えは、宇宙がダークグレーでなくちゃんと黒いということで、あくまでも有機ELTVのようなブラックホール級の真っ黒ではない、ということです。

他の色の再現も、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』や『ミュータント・ニンジャ・タートルズ : 影<シャドウズ>』のような色の再現が難しそうなショットのある映画でもきれいに見えます。ですが、HDRやローカルディミングみたいなハイエンドな機能はなく、LGとかサムスンの値段が5倍くらいするテレビはもちろん、Vizio(ビジオ)の1,000ドル(約11万円)のD-Seriesにもまったく及びません。でも、このamazon fire TV editionの価格帯でそんなきめ細かな機能を盛り込む必要はありません(とはいえTCLはHDR・Dolby Vision対応の55インチTVを650ドル(約7.2万円)で出しています)。

コンテンツ

そこそこのディスプレイだけじゃ満足できない人でも、amazon Fire TVがamazon fire TV editionに深く統合されていることで心が動くかもしれません。一般的なテレビとは違い、amazon fire TV editionはamazonのエコシステムに始まり、amazonのエコシステムに終わります。電源ボタンと音量ボタン以外、リモコンはFire TVのものとほとんど同じで、テレビをオンにするとamazon Fire TVの画面が立ち上がります。Netflixのようなアプリをインストールして使うこともできますが、amazon fire TV editionユーザーに期待されているのは、なんといってもamazonビデオでコンテンツを買うことです。amazon prime会員なら無料で見られるコンテンツもたくさんあるので設定も簡単ですが、そこまでamazonにどっぷりでない人にとってはちょっと面倒に感じられるかもしれません。

でもamazon fire TV editionでは、Wi-Fiにつないだり、オプションのamazon Basicsのアンテナを使ったりして、ストリーミングコンテンツや普通のTVを見るのも簡単です。それは学生時代からラップトップでNetflixを見てきた若い層にとっては初めて買う自分のテレビにもうってつけですし、amazon primeに登録する良いきっかけにもなります。amazonにとってのamazon fire TV editionとコンテンツの関係は、Kindleと電子書籍のそれと同じです。またはプリンターとインクでもいいのですが、とにかくハードウェアを超薄利で売って、コンテンツでもうけるというモデルです。だから他社ならもっと高くつくであろうハードウェアが、amazonでは安く手に入るのです。

つまりamazon fire TV editioのハードウェアは、その価格以上の価値があると言っていいと思います。amazonビデオで映画をレンタルし過ぎないようにすれば、きわめてまともな4KTVをお手頃価格で買えるということになります。amazon Fire TV以外のセットトップボックス、たとえばRokuやApple TVなど、または一般的なケーブルTVのボックスだって、つなげられます。Blu-rayプレイヤーをつないで、4K解像度を楽しむこともできます。またamazon Fire TVを愛用してる人なら、使い慣れたインターフェースがテレビに組み込まれてることがうれしいはずです。

とはいえ、amazon fire TV editio以外にもお手頃な4Kテレビはあります。たとえばVizioが良い例ですし、TCLもRoku搭載・HDR対応の新たなラインを発表しました。1000ドル(約11万円)以上かけてもいいなら、ローカルディミングやDolby Visionなど、量子ドットディスプレイなどのハイエンドマシンも買えるでしょう。でもamazon fire TV editioを検討する人なら、多分そこまで高くはないそこそこのテレビを、なるべく安く買いたいという姿勢である可能性が高いです。amazon fire TV editioは、まさにそんなTVなのです。

スペック

・ディスプレイ:4K LED、リフレッシュレート60Hz(有効120Hz)
・CPU:1.1GHz クアッドコアプロセッサ
・メモリ:3GB
・内蔵ストレージ:16GB
・Bluetooth 4.1
・デュアルバンドWi-Fi
・SDカードスロット × 1
・HDMI 2.0ポート × 4
・USBポート × 2(ひとつはUSB 2.0、ひとつはUSB 3.0)
・イーサネットポート × 1
・光オーディオ出力ポート × 1
・ミニマルな音声操作のリモコン
・amazon Fire TV OS搭載

まとめ

amazon fire TV editioについて、いかがでしたでしょうか?魅力たっぷりのamazon fire TV editioについてまとめると…、

 

・ディスプレイなのにしっかりとした作りでお手頃な激安価格。
・amazonの既存サービス/ソフトウェアとのさまざまな連携がある。
・ポートがたくさんある。
・Fire TV OSでスマートTVの機能は十分なうえにアップデートは自動。
・やはり何度も言いますがとにかく安い!

 

これだけの機能が備わっていて低価格という、このコストパフォーマンスは嬉しいですよね!まだ日本へは未上陸の商品ではありますが、国内での発売も遠い話ではないと思います。期待して待ちましょう!