Amazonギフト券が経費で落とせる3つのケースと注意点とは?

ブログ

Amazonギフト券を購入した、もしくは貰った場合に経費として落とせるのか気になっている個人事業主・経営者の方は多いのではないでしょうか?

Amazonギフト券は、使い道によって経費で落とせますが、経費として扱う場合にはいくつか注意点があります。
そこで、今回は、Amazonギフト券が経費で落とせるケースと注意点を見ていきましょう。

Amazonギフト券が経費で落とせる3つのケースとは?

Amazonギフト券を購入もしくは使用した場合、「何の目的で使用する為に購入・使用したのか。」というの点がポイントになります。

例えば、仕事に関係なく私用目的でAmazonギフト券を購入しても当然、経費で落とす事はできません。
一方で、以下の3つのケースの場合はAmazonギフト券を購入しても経費で落とす事が可能です。

1.会社に関係のあるものを購入する場合

Amazonギフト券を使って、コピー紙や文房具などの備品や書籍を購入する方も多いのではないでしょうか。

会社の備品などのように会社に関係のある物をギフト券で購入した場合には、経費として計上できます。
仕訳の方法ですが、Amazonギフト券で商品を購入する場合、現金を使用する形に近いので現金を使用する際と同じように考えるといいでしょう。

例えば、業務に関係のある書籍を購入した場合、いつも「新聞図書費」として仕訳けを行なっているのであれば、Amazonギフト券で書籍を購入した場合も、書籍代は新聞図書費となります。

2.取引先にAmazonギフト券を贈る場合

仕事で、お礼やプレゼントとしてお客様・取引先の方にAmazonギフト券を贈るケースも少なくありません。
その場合、以下のようなケースでAmazonギフト券をお客様・取引先に贈る場合には、経費として計上できます。

お歳暮・お中元
日本ではお中元やお歳暮として、ビール券・百貨店共通券などが贈られるケースが多くありました。
近年では、相手が好きな物を購入できるというメリットがある為、取引先・お客様にAmazonギフト券を贈る方も増えてきました。

このように仕事に関係のある方に、Amazonギフト券をお歳暮・お中元の際に渡す場合には経費となり、接待交際費として計上する事ができます

お礼や販促目的でAmazonギフト券を贈る
会社のホームページを、知人のご好意で無料で作成してもらった・自分で教室を開いてはいるけれど、そのスペースを毎回無料で使用してもらっている。
このように事業を行なっていると、たくさんの方からご好意を受けるケースがあります。
その場合に、日頃のお礼としてAmazonギフト券を渡す場合には経費として計上する事ができます。

なお、お店を経営されている方の場合には、販促目的でAmazonギフト券をお客様に贈る場合には経費としての計上が可能です。
例えば、AとBの商品を合わせてご購入の方には、Amazonギフト券500円分をプレゼントなどの企画をした場合です。

このように、業務に関わる方にお礼・プレゼントとしてAmazonギフト券を贈る為に購入した場合には、経費となります。

ただし、最悪の自体を考えて税務調査が入った場合に、「私用目的で使用したのではないか?」と疑われるケースも考えられます。
そのような事態を回避する為にもAmazonギフト券を購入した場合に、誰にどんな目的で購入したのかが分かるように領収書などにメモを残しておくと安心です。

3.仕事・私用の両方使用するものをAmazonギフト券で購入する場合

例えば、1台の車を私用・仕事目的の両方で使用している場合、それぞれの使用頻度に合わせた比率で車の購入費を按分して計上されている方も多いかと思います。
車の購入費が100万円で、仕事で使用する割合が60%・私用目的で使用する割合が40%の場合、
経費として計上できるのは、60%の60万円です。

この考え方と同じように、私用・仕事の両方で使用する物をAmazonギフト券で購入する場合は、按分して経費に計上しなければいけません。

Amazonギフト券を報酬として受け取った場合の経費への計上の仕方

ご自身でWEBサイトを立ち上げておりAmazonの広告を掲載している方の場合、Amazonアソシエイトから報酬が支払われます。

その場合、現金もしくはAmazonギフト券で報酬を受け取る事ができます。
Amazonギフト券で報酬を受け取る場合には、500円から報酬を受け取る事ができ手数料も無料です。

その為、Amazonアソシエイトの報酬をギフト券で受け取るように設定されている方も少なくありません。

このように報酬としてAmazonギフト券を受け取った場合には現金と同様に扱い、
仕訳としては、「雑所得」として計上しましょう。

Amazonギフト券を経費として計上する際の注意点

実は、節税対策としてAmazonギフト券などの商品券を利用して節税しようと考えている方も少なくありません。

悪気がなくても、間違った計上の仕方をしてしまうと最悪の場合、税務調査の対象となるケースもあります。
Amazonギフト券を経費として計上する場合には、以下のようなケースに注意が必要です。

私用目的でAmazonギフト券を使用する

当初は、お客様のお礼としてAmazonギフト券を購入した場合でも、
業務に全く関係がない私用目的でギフト券で物を購入してしまった場合には、経費として計上してはいけません。

なお、株式会社など法人企業の社長がAmazonギフト券を私用目的で使用すると、「収入」扱いとなり収入が増えたと捉えられる事となります。その場合、私用目的でギフト券を使用しているので当然、会社の経費として計上することはできません。

その結果、収入が増えた分、所得税などの支払い金額が増加することに繋がりますので注意しましょう。

仕事に関係のない人にAmazonギフト券を贈る

先ほど、業務に関係のあるお客様・取引先の方にお礼・プレゼントとしてAmazonギフト券を贈る場合には、経費として計上できるとご説明しました。

しかし、業務に全く関係のない人に、Amazonギフト券を贈った場合には接待交際費などの経費としては計上できません。
あくまでも、会社・仕事に関わる方に贈った場合に限りますので注意しましょう。

Amazonギフト券が経費で落とせる3つのケースと注意点とは?まとめ

個人事業主や経営者の方はAmazonギフト券を購入したり貰ったりした場合に、
経費として落とせるのか・どのように計上すればいいのか迷う方も少なくありません。

しかし、Amazonギフト券は基本的には「現金」と同じ扱いだと考えるとイメージしやすいでしょう。

仕事に関係する物を購入した場合には、現金と同じように書籍であれば新聞図書費として計上します。
お客様にお歳暮やお礼として贈った場合には、接待交際費として扱います。

ただし、お客様のプレゼント用にAmazonギフト券を購入したからといって、ギフト券を私用目的で利用した場合には経費としては扱われません。

また、仕事に関係のない方にAmazonギフト券をプレゼントした場合にも、経費として計上はできませんので注意が必要です。

Amazonギフト券を経費として落とす場合には、このような注意点に気をつけながら正しく計上する事が大切です。