amazonギフトカードの有効期限が10年に大幅延長されました

ブログ

2017年4月24日以降に発行されたamazonギフトカードより、有効期限がすべて10年へと変更されました。当まとめブログでは同日に有効期限延長の噂について迫ったばかりでしたので更に驚きを隠せないビッグニュースでございました。

上記記事でもご紹介をしましたように、従来は券種によってそれぞれ有効期限が異なっておりましたが、ご覧の通り2017年4月24日以降に発行されたamazonギフトカードでは、券種にかかわらず10年の有効期限となり大幅に延長されていることがわかります。

2017年4月24日以前・以降のamazonギフトカード有効期限の推移

 

amazonギフト券タイプ2017年4月24日

以前の発行

2017年4月24日

以降の発行

amazon.co.jpで購入するギフト券、コンビニ等で発売されているカードタイプ  発行から1年 

発行から10年

店舗に設置された端末で入力して印刷されるシートタイプ  発行から3年
法人から配布または発売されるオンデマンドタイプ以外  発行から2年
法人から配布または発売されるオンデマンドタイプ   発行から1年

 

これまでは、amazonギフトカードの有効期限が切れてしまった場合にはカスタマーサポートに連絡をすることで初回であれば期限延長をしてもらえるというのが唯一の有効期限維持の方法でしたが、10年もあればほとんど有効期限切れを心配することもなくなります。amazonユーザーにとって朗報中の朗報であり、amazonギフトカードがさらに利用しやすくなること間違いなしですね。

ただし、これでほぼ有効期限切れはなくなると思いますが、念のためにアカウントサービスからamazonギフトカードの残高チェックや購入日をベースとした有効期限のチェックをすることは引き続き行った方がよいでしょう。

チェックをする際には下記の比較用の画像も参考にしてみてください。

 

有効期限の延長で何がお得になるの?注意しておいたほうが良い事はあるのか?

 

有効期限が長くなったことでさらにお得になったのはチャージする際に付与されるポイントです。クレジットカードでも amazonギフトカードのチャージをすることが可能ですが、
実はコンビニや銀行チャージだと90000円以上のチャージで「通常会員の場合は2.0%」「プライム会員の場合は2.5%」のamazonポイントが付与されます。

リーズナブルな商品を購入することが多い層にとって、これまでは90000円以上のチャージは一回にチャージする金額としては大きな金額であったと思いますが、有効期限が長くなった今では節約術として最もお得な方法だと思います。このポイントによる還元の魅力は今後どんどん増していくことでしょう。

ただし、最大2.5%還元はamazonプライム会員限定での還元率ですので、どの会員ステータスならば何%のポイントが還元されるのかなどを知っておくとお得な選択ができると思います。amazonプライム会員には無料期間もありますので、まだプライム会員になっていない方は、このamazonギフトカードの有効期限延長を機会にぜひ入会を検討しても良いかもしれませんね。

必ず覚えておいてほしいのですが、コンビニまたは銀行チャージの場合はクレジットカードのポイントは入りません。現金のみのチャージであれば、ここでご紹介したamazonポイントの2.5%還元の方が良い場合もありますがマイル化をしたい場合には必ずしも良いとは限りません。その場合にはマイルの有効期限がないマイレージプラスをオススメします。

ここで最も気をつけておいてほしい注意点があるのですが、有効期限が10年になったことから今までより多くのamazonギフトカードを購入する機会が増えるかと思います。クレジットカードの場合の不正利用とは違い、amazonギフトカードをはじめとしたプリペイドサービスの不正利用は有効期限が大幅に長くなった現段階においても判明が難しい傾向にありますので、今まで以上にセキュリティ面での注意や自己管理を心がけておきましょう。

有効期限が延長される前のamazonギフトカードはどう使えばいいの?

amazonギフトカードの有効期限の長期延長は大変嬉しいことではありますが、2017年4月24日以前に発行されたamazonギフトカードを多数お持ちのユーザーの方はいきなりの朗報と同時に困惑もしていることと思います。

長期延長後の10年有効なamazonギフトカードの場合も残高チェックや購入日をベースとした有効期限のチェックを怠らないようにしましょう、というお話は既にさせていただきましたが、2017年4月24日以前に発行されたamazonギフトカードの再チェックもこの機会にしっかりしておきましょう。

期限のチェックが完了しましたら、有効期限の短いamazonギフトカードから順々に必要な用途でショッピング利用をすることをオススメします。それでもお手元に余るようでしたら当ブログで何度もご紹介しています優良なamazonギフトカード買取業者での現金化がベストと言えるでしょう。

2017年4月24日以前と以降でamazonギフトカードに買取に違いはあるのか?

実はこの記事を書いている私自身も2017年4月24日以前に発行されたamazonギフトカードが手元にあるうえで有効期限の長期化のニュースを知りましたので、優良業者に限定して2017年4月24日以前と以降で買取に違いがあるのかを問い合わせしてみました。

そのなかでも換金率に変動なく買取が可能との回答をいただけましたのが「amatera.co.jp」「ギフトチェンジ」です。さすがにどちらも業界トップクラスの優良業者ということで対応も丁寧で売る際の注意点に関しても親切に説明をしてくださいました。

長期化以前のamazonギフトカードの場合はやはり有効期限が迫っているものであるかどうかを把握して期限内に査定を申し込むこと、長期化以降のamazonギフトカードに関しては以前のルールと混同をせずamazonサイト内のamazonギフト券細則にしっかり目を通しておくことが必要とのことでした。

今回はまだ期限に余裕がありましたので換金はせずに電話を切りましたが、終話のタイミングでも現在お持ちのamazonギフトカードを現金化するうえで不明な点があればお問い合わせくださいと快い対応をいただきましたので、換金率の高いタイミングで長期化以前のamazonギフトカードから先に現金化をしようと思っています。その際には、一緒に2017年4月24日以降に発行されたamazonギフトカードも同時に査定をしてみたいと思います。

当ブログ記事をご覧の皆様のなかで同じような境遇の方がいらっしゃいましたら、是非参考にしていただければと思います。