支払いは試着後でOK!amazonプライムワードローブの人気理由

ブログ

「服が欲しい!でも家から出たくない!」「でもネット通販だと直接手に取れないから心配…」わかります、その気持ち。せっかくお金を出して買うのだから、失敗したくないですよね。そんな中、巷で噂のamazonプライムワードローブの秘密を探ってきました。

こんな時にamazonプライムワードローブを使うべし

「amazonで着たい服を見つけた!でも自分に合うかどうかがわからない…」、「amazonで見つけたこの服、モデルさんは綺麗に着こなしているけど実際はどんな感じなんだろう?」こんなこと、ありますよね?私もよくあります。

デート、学校、仕事など、あらゆる場面で自分を主張するために欠かせない服を、現物を見ずに決めるというのはなかなか勇気がいるかと思います。「せっかく買ったのに想像と違っていて着こなせない!」なんて言ってタンスの肥やしにしてしまうのは、あまりにももったいないですよね。

そこで、amazonプライムワードローブの出番なのです。

amazonプライムワードローブの使い方

amazonプライムワードローブは、amazonプライム会員(税込400円/月)なら送料・返送料無料で利用できるサービスです。プライム会員でなくても利用はできますが、利用する際に追加料金が発生します。

「え、追加料金かかるの!?私プライム会員じゃないからいいや〜」と思いながらプラウザバックしようとしている方、待ってください。

Amazonプライムでは、30日間Amazonプライムの無料体験ができるんです。当然、amazonプライムワードローブもその対象に入っているため、体験期間内であればAmazonプライム会員と同じように無料で利用できます

興味、湧いてきましたよね?

では早速、amazonプライムワードローブの使い方を伝授致します。言葉にすると難しく感じるかも知れませんが、やることは簡単です。

まずはじめに、Amazon.co.jpにアクセスするか、amazonプライムワードローブで検索しましょう。Amazon.co.jpで検索した場合、プライムワードローブロゴのついている商品から選びましょう。Amazonプライムワードローブで検索した場合、対象商品はレディース、メンズ、ガールズ、ボーイズ、スポーツというカテゴリに分類されており、そこから選ぶことも可能です。どちらの方法でも、1回につき最低3点最大8点の注文ができます。

対象は服だけでなく、靴やネックレスなどたくさんの種類があります。11月末現在では、あのスワロフスキーのネックレスも対象商品になっていました。スワロフスキーのネックレスがAmazonで試せるなんて、素晴らしいと思いませんか?

選んだ商品は通常1〜3日で届けられます(一部を除く)。配達の翌日から最長7日間試着が可能となっており、手持ちのアイテムとじっくりコーディネートが楽しめます。

購入・返送の手続きは、注文履歴から行います。返送の場合は、商品が届いた時の箱に入れ、同梱されている返送用伝票(着払い)を使用し、コンビニに持ち込むなどして発送します。

なお、購入・返送の手続きを行わなかった場合、試着期間終了の翌日に全ての注文代金が自動的に請求されます(つまりは購入扱いになるようです)。返送したい商品がある場合、忘れずに注文履歴から返送の手続きを行いましょう。

先ほど話題に出てきたAmazonプライムに関して詳しく書かれた記事がありましたので貼り付けておきます。

参考にしていただければと思います。

【お得】Amazonプライムコスパ良すぎ!駆使したい12の特典
Amazonプライム 年間プラン3,900円(税込)または月間プラン400円(税込)でこれからご説明いたします様々なデジタルコンテンツが追加料金なしで利用できる会員制プログラムです。 月額¥400円でこのサービス量、素晴らし...

amazonプライムワードローブ利用時の注意点

「よしわかった!ちょっくらamazonプライムワードローブみてくるね!」

待ってください!一刻でも早くamazonプライムワードローブを使いたい気持ちはわかります。しかし、いくつか注意点があるのも事実なんです。それでは、順に見ていきましょう。

同一の注文内で、サイズや色が同じ商品を複数注文することはできない

1回の注文で最低3点、最大8点まで商品を試せるamazonプライムワードローブですが、その1回の注文内で「全く同じ商品を注文する」ことはできません。

例えば「Aメーカー製紺のジーンズ」という商品があったとします。1回の注文内で「Aメーカー製紺のジーンズ(Mサイズ)」と「Aメーカー製紺のジーンズ(Sサイズ)」を注文することは可能です。もちろん「Aメーカー製紺のジーンズ(Mサイズ)」と「Aメーカー製白のジーンズ(Mサイズ)」を注文すること、「Aメーカー製紺のジーンズ(Mサイズ)」と「Bメーカー製紺のジーンズ(Mサイズ)」を注文することも可能です。

しかし、1回の注文で「Aメーカー製紺のジーンズ(Mサイズ)」×2を注文する、というのはできません。

Amazonプライムワードローブは注文者1人が試着をすることを前提としている、amazon側が行う返送処理の機会を減らすため、注文者の数量選択間違いの防止などのためにこのような仕組みを取っているのだと思われます。Amazon側は無駄なコストの削減が可能であり、注文する側としては間違えて同じ商品を複数注文してしまう心配がないので、この機能は嬉しいですよね。

かく言う私も、某ネット通販で注文数のミスをしてしまい、同じセーターが3つも来てしまったことがあります。家族に(半ば無理やり)プレゼントをしてなんとか事なきを得たのですが、貰ってくれる人がいない方はそうはいきませんよね。その点、amazonプライムワードローブなら安心して注文できますし、気に入らなかった場合には返送できるのですから、私達にとってはいいことづくめであると言えます。

次の注文は、注文した商品の購入・返送の手続きが完了するまでできない

Amazonプライムワードローブは、注文してある商品の購入・返送の手続きが完了するまで次の注文ができません。より具体的に言うのであれば、「注文した全ての商品を購入するか、返送した商品がAmazon.co.jpの配送センターに到着するまで」次の注文ができないのです。

そのため、全て購入するのであれば比較的早く次の注文ができる場合が多いのですが、返送を選択した場合には返送した商品がAmazon.co.jpの配送センターに届くのを待たなくてはいけないため、次の注文が可能になるまで数日かかってしまうことがあります。早く次の注文をしたいというのはわかりますが、こればっかりはどうしようもありません。手続きを済ませたら気長に待ちましょう。

ちなみに、配送や返送の状況は注文履歴から確認できます。「今どうなってるのかな?」と思ったら見てみるといいですね。

【返送する商品限定】タグは取ってはいけない!汚れや匂い、傷を付けるのもNG

これは本当に大事です。これを破ると返送を受付けてくれません。ご注意ください。

amazonプライムワードローブで届いた商品を試着することは、実際に店舗で試着をしているのと同じ状況です。店舗で試着をしていたら商品を汚してしまった、破損してしまった…そんな時は大抵、自分で買い取りますよね?amazonプライムワードローブも同じです。

Amazon.co.jpでは返送ポリシーに基づき、返送されてきた商品が返送の基準を満たしているかチェックしています。そのため、試着では発生し得ない消耗(シワ、傷、汚れ、破損など)が発生した場合、返送ポリシーに基づき返送拒否がなされます。つまり、商品が送り返されてくるのです。

せっかく送ったのに送り返されてきたら悲しいですよね。そんなことにならないように、きちんと対策をとっておきましょう。難しいことは何もありません。

試着の際は必ず「タグを付けたまま」かつ「屋内で」行いましょう。煙草や香水の匂いがつくのもいけませんし、ファンデーションや口紅などがついてもだめです。シャワーを浴びる等、汚れやメイクを落としてから試着しましょう。物によってはスカーフ、靴下やストッキング、手袋をつけてくださいね。水着や下着を試着する際には、薄手のものでいいので必ず手持ちの下着を身につけてから行いましょう。基本的には肌に直接触れないようにすればOKだと思われます。

また、服なら袖口や襟、靴なら紐、アクセサリー類なら装飾が細かい部分など、それぞれに壊れやすかったり汚れやすい部分があります。試着する際は、袖を引っ張って伸ばさないようにする、靴紐や付属品をなくさない乱暴に扱わないといったことに注意しましょう。小さなお子様やペットがいる家庭では、より一層注意してください。

もちろん、商品が届いた時の箱と同梱されている返送用伝票も丁寧に扱いましょう。

試着期間が過ぎていたけど返送したい!

「うっかりしていて返送手続きを忘れていた!請求が来ちゃった!」「購入したけどやっぱり返送したい」なんてよくある話ですよね。本来こういうことはない方がいいのですが、人間ですもの。うっかりや気変わりはありますよね。

そんなわけで調べましたところ、amazonが神対応をしてくれるというのです!なんと、「Amazon Fashionが提供する最長30日間の返品の条件に基づき、返品可能」だそう。これは嬉しいですよね!

もちろん、注意点③で述べたことを守っていなければ返送拒否されてしまいますし、それらを守っていても条件次第では適用されないこともあります。あくまでもこれは最終手段だと思っていてください。基本は期間内に手続きをしましょうね。

まとめ

いかがでしたか?

Amazonプライムワードローブは注意点はあれど、それさえクリアしてしまえば自宅で楽しく試着ができる素晴らしいサービスです。返送もできるので、気になっている商品を試すにはうってつけだと思います。

私もさっきからスワロフスキーのネックレスが気になっているので、これからamazonプライムワードローブで頼むことにします。

では皆さん、amazonプライムワードローブで素敵な試着ライフをお送りくださいね!