一番安いAmazonギフト券はいくらから?ネットとコンビニで違う!

ブログ

Amazonギフト券は自分で使用するはもちろん、プレゼントにも使用する事ができます。

「少額でいいからプレゼントしたい…」なんて方に、Amazonギフト券の一番安い金額、いくらから購入できるのか説明したいと思います!オンラインストアとコンビニ、最安値はいくらでしょうか。

一番安いAmazonギフト券は?

結論から言うと、一番安いAmazonギフト券は15円から購入が可能となっています。

しかしそれはAmazonのオンラインストアのみでの購入となっています。

コンビニもAmazonギフト券は売っていますがいくらが一番安いのでしょうか?

まずはオンラインストアの最安Amazonギフト券から見ていきましょう。

 

Amazonギフト券には色々なタイプが存在します。そしてAmazonのオンラインストアで一番安いAmazonギフト券は…。

Eメールタイプ印刷タイプになっております。

両タイプともなんと、15円からの購入が可能

Eメールタイプと印刷タイプについて詳しく解説しますね。

 

Eメールタイプ

一番手ごろで人気もあるEメールタイプです。一番安い値段で15円から購入が可能です。
Eメールタイプはプレゼントする際、タイプ・デザイン・金額などを好きに選べる事が特徴です。メッセージを添える事もできるので気持ちを伝えることもできます。もちろん自分用に安い値段を購入する事も出来ます。

 

■メッセージ : 購入時に可能
■配送料 : 無料
■支払い方法 : クレジットカードのみ
■有効期限 : 発行(メール送信日)から10年
■購入可能額 : 15円~50万円の間を1円単位で指定可能

メリット

■好きな画像で贈れる
EメールタイプのAmazonギフト券を贈る際、Amazonにてデザインが選択できます。
更に自分の好きな画像をアップロードする事ができ、自分だけのオリジナルのギフト券が作ることが可能です。
音声付きのアニメーションのデザインもあり、記念日やイベント等、デザインを決めてプレゼントする事が可能です。

■送信日を指定できる
予めプレゼントする相手の誕生日を知っていれば、送信日を指定して送る事ができます。
本日から1年先まで予約可能なので、いつ予約してもその日に届く便利な機能です。

■住所がいらない
プレゼントする相手の住所がなくても、「メールアドレス」さえ知っていればAmazonギフト券を贈ることができます。

最短5分でプレゼント可能
やばい誕生日を忘れてた!となっても安心、Eメールタイプは最短5分で送信が可能です。

デメリット

送信先を間違えて入力した場合
送信先のメールアドレスを間違えた場合、相手にギフト券付のメールは届きません。
更に送信から有効期限が始まっているため、相手にサプライズで贈ろうと思って贈っても、アドレス間違いに気付いてなかったら、送信されてないままになって送った気になっている可能性もあります。
届いてない場合は注文履歴から再送を申し込む事が可能です。

クレジットカード支払いしか不可
Eメールタイプはクレジットカードにしか対応していません。クレジットカードを持ってない方や、これを見ている小中校生、未成年の方は残念ながら基本的に利用することができません…。

 

印刷タイプ

購入後、自分で印刷をし手書きのメッセージ等を添えてプレゼントできる印刷タイプのAmazonギフト券です。一番安い値段で15円から購入が可能です。
手書きのメッセージを送れる。というところが印刷タイプの良いところです。

■メッセージ : 自分で印刷してから手書き
■配送料 : 無料
■支払い方法 : クレジットカードのみ
■有効期限 : 発行から10年
■購入可能額 : 15円~50万円の間を1円単位で指定可能

メリット

■デザインが豊富
33種類ものデザインの中から、用途に合わせてデザインを選ぶことができます。

■手書きでメッセージが可能
手書きでメッセージを書くことで、気持ちをより直接的に伝えることができます。
貰った方も手書きだと一段と嬉しいですよね。

■注文完了から5分以内
注文完了から5分以内でメールでデータが届きます。早く印刷したい方には嬉しいですね。

デメリット

自分で印刷をしなければならない
PDF形式のギフト券をダウンロードして、自分で印刷をしなければなりません。
家に印刷機がない方が、PDFデータをUSBメモリに入れてコンビニで印刷する必要があり、ひと手間掛かってしまいます。

PCがないと難しい
PCをお持ちでないと、家で印刷したりUSBメモリに移すことが不可能なのでPC持ち出ない方は不便です。

クレジットカード支払いしか不可
Eメールタイプと同じでクレジットカードを持ってない方は利用することができません。

■安っぽく見えてしまう
PDFデータを印刷して実際に見てみたら、少し安っぽくなる事がデメリットとしてあげられます。
型紙だったら悪くはないのですが、薄い紙の場合かなり安っぽく見えて実際に渡す場合はプレゼント感はなくなってしまう印象です。

Eメール、印刷タイプが一番安いAmazonギフト券

Eメールタイプ、印刷タイプは一番安いので15円から1円単位で金額を指定でき購入が可能です。

しかし上記のギフト券はオンラインストア限定、そしてクレジットカードが必須となっています。

クレジットカードをお持ちでない方は購入することが出来ないというのが最大のデメリットとなるでしょう。

「小学生だけど、300円だけ友達にプレゼントしたい…」なんて子もいると思いますが、クレジットカードを持ってない人は親や知り合いに頼んで購入してもらうしかありません…。

コンビニに売っている一番安いAmazonギフト券

コンビニではカードタイプシートタイプバリアブルカードタイプ購入が可能です。

■Amazonギフト券カードタイプの一番安い値段は3,000円~

■Amazonギフト券シートタイプの一番安い値段は2,000円~

■Amazonギフト券バリアブルカードタイプの一番安い値段は1,500~

となっております。

Amazonギフト券は万引きしても無駄だよ【POSAシステム】
コンビニに置いているAmazonギフト券。カードタイプが店頭に並んでいますよね。 そのAmazonギフト券は万引きの心配はないのか? いかにも万引きされ易そうなところに色んなギフト券が置いていますよね。 果たして大丈夫なの...

コンビニ等で一番安くゲットできるのがバリアブルタイプとなっております。

まずは一番安いバリアブルカードタイプを筆頭に、3つのAmazonギフト券について解説していきますね。

バリアブルカードタイプ

1,500円からコンビニで購入できるバリアブルカードタイプです。
カードタイプと似ていますが、なんと自分で購入金額を決めることができます。

■支払い方法 : 現金
■有効期限 : 支払いからから10年
■購入可能額 : 1,500円から50,000円の間で、1円単位で金額を指定可能

メリット

■コンビニで一番安く購入できるAmazonギフト券
最大のメリットとして、コンビニや家電量販店で最安値の1,500円から購入が可能です。

希望の金額をレジにて店員さんに言うと、レジに支払額が表示されるのでそこで確認して代金を支払います。

■コンビニなどの近場で買える
コンビニ等ですぐに購入できるのがメリットです。
■すぐに購入可能

購入したい値段のギフトカードをレジに持っていけばすぐに購入可能です。
その後裏面のスクラッチを削ってスマホやPCでコードを登録すると使えます。

デメリット

無くす可能性がある

買ったカードタイプのAmazonギフト券を無くさないとはいいきれません。

購入して帰っている途中で落としたかも…なんて事もあるので注意してください。

 

カードタイプ

コンビニや家電量販店で手ごろに購入できるのがカードタイプの一番の魅力です。

手元にすぐゲットできるので安心もできますね。

■支払い方法 : 現金
■有効期限 : 支払いからから10年
■購入可能額 : 3,000円、5,000円、10,000円、20,000円

メリット

■コンビニなどの近場で買える
コンビニ等ですぐに購入できるのがメリットです。
■すぐに購入可能

購入したい値段のギフトカードをレジに持っていけばすぐに購入可能です。
その後裏面のスクラッチを削ってスマホやPCでコードを登録すると使えます。

デメリット

購入金額が3,000円から
一番安いカードタイプのAmazonギフト券は3,000円からになっています。
もう少し安いのが良い…と言っても3,000円からしかカードタイプはありません。

無くす可能性がある

買ったカードタイプのAmazonギフト券を無くさないとはいいきれません。

購入して帰っている途中で落としたかも…なんて事もあるので注意してください。

シートタイプ

こちらのシートタイプもコンビニにて手ごろにゲットできます。

一番安いもので、2,000円のAmazonギフト券があり、カードタイプより1000円安く購入する事が可能です。

■支払い方法 : 現金
■有効期限 : 支払いからから10年
■購入可能額 : 2,000円、3,000円、5,000円、10,000円、20,000円、25,000円 

メリット

■コンビニなどの近場で買える
コンビニ等ですぐに購入できるのがメリットです。
■コンビニで購入できる一番安いAmazonギフト券

コンビニで購入できる一番安いのは2,000円からのシートタイプのAmazonギフト券です。

デメリット

操作が難しい可能性がある
マルチコピー機やローソンではLoppiの端末を使わないとシートタイプの購入ができません。

お年寄りの方や子供には購入方法が分からないかもしれないというデメリットがあります。

その場合は店員に聞くようにしましょう。

無くす可能性がある

Eメールタイプと同じく、買ったカードタイプのAmazonギフト券を無くさないとはいいきれません。

Amazonギフト券で一番安いのは

Amazonギフト券で一番安いのはAmazonのオンラインストアで買える「Eメールタイプ」と「印刷タイプ」のギフト券でした。

しかし上記のギフト券はクレジットカードがないと購入できません。

コンビニで購入できる一番安いAmazonギフト券は「バリアブルカードタイプ」でした。

現金で1,500円から購入が可能です。

 

結果、一番安いAmazonギフト券はオンラインストアで購入可能です!

自分用にするのも良し、プレゼントでも良し!好きなギフト券を購入してくださいね。

未成年の方でクレジットカードを持ってない人は親に頼んでみるといいですね♪