匿名でAmazonギフト券をプレゼントするには?住所特定されない賢い裏技!

ブログ

Amazonギフト券をプレゼントした時、住所特定されるかどうか心配な方もいると思います。
今回はプレゼントにて住所は特定されるのか?どのようにしたら匿名でプレゼントしたりできるのか。
というのを徹底的に調べてみました。

Amazonギフト券はプレゼントすると住所特定されるのか

Amazonギフト券をプレゼントに使う方も非常に多いと思います。Amazonギフト券は匿名で世界中の誰にでも送ることが可能ですが、住所特定されるのか心配な方も多いのではないのでしょうか。

現在プレゼントは何を買えばいいのかな…相手は何をもらったらうれしいのかな…そのように悩んでいる方、そんな時はAmazonギフト券をプレゼントしてはどうでしょうか?

匿名で送ることが出来て住所特定もされないギフト券なので、もらった方は自分で好きな時に好きなものを時間を気にせずに品物を選べるますし、送る方もプレゼント選ぶ手間も気苦労も全く必要がありません。Amazonに載っているすべての品物が対象なのできっと喜ばれること間違いなしです。

今回は、Amazonギフト券プレゼントで住所が特定されるのかについて詳しく見ていきたいと思います。

Amazonギフト券を住所特定されず匿名で送る方法

それではAmazonギフト券を住所特定を気にせずに匿名で送る方法紹介しましょう。

それはとてもシンプルかつ簡単です。大きく二つの方法があります。

 

1つ目はAmazonギフト券を店舗などで購入した時です。自分が直接コンビニ等の店舗でAmazonギフト券を購入した時には送りたい相手の住所に送るだけです。その際、匿名で送りたい場合には自分の住所などは書かなければ匿名で相手に送ることが出来ます。

 

2つ目はAmazonなどネット経由で購入した時です。AmazonのサイトでAmazonギフト券を購入した時には、それを相手にクリック1つで送るだけです。送るときにはAmazonギフト券の送付先のEメールアドレスを入力し、送る金額を選択する。送る金額も自分で設定可能です。ただそれだけです。ほかにも相手にメッセージを送る時にはテキストメッセージを書くことが出来ます。その際相手には自分の住所や電話番号など個人情報は何一つ伝える必要はありません。購入の際にクレジットカード決済をする時でも相手にクレジットカード番号などが伝わることもありません。

相手に伝わるのは購入した時に書かれているAmazonギフト券の番号(とテキストメッセージを送った時はメッセージ文書)だけなので十分匿名性を確保することが出来ます。

それにうれしいことにこれらのAmazonギフト券はお手元に到着後すぐに使用できます。

またこれらのカードすべてが相手に送る時に送料、手数料が一切かかりません。

 

欲しいものリストからプレゼントして住所特定はされる

Amazonの欲しいものリストからプレゼントして住所特定されないか心配な人もたくさんいると思います。欲しいものリストに載っている商品が届くと送られる側にとってもピンポイントで欲しいものが手に届くのでとてもうれしいものです。それではここで欲しいものリストを住所特定されずに匿名で送る方法を紹介したいと思います。

欲しいものリストから送りたい相手に匿名で送る方法ですが、やり方はとても簡単です。

まずAmazonのサイトでアカウントサービスからアドレス帳を選択し、匿名で贈るための新しい住所と名前を記入します。その時の住所は適当な住所を記入しても大丈夫ですが、電話番号は配達先や決済時などで不具合があれば連絡が取れた方がいいので本当の電話番号を記入します。名前は本名でなくてもどのようなニックネームでも構いません。これでもう1つ関係のないプレゼントを贈るためだけの住所の追加の作成ができました。

その後、送りたい人の欲しいものリストをカートに入れます。その時には「納品書に金額を記入しない」をクリックします。その際、テキストメッセージを記入したい時にはメッセージを記入することが出来ます。そして発送オプションと配送方法を選択し、お届け住所と請求先住所が合っているかを再確認して送るだけです。どうですか?簡単ですね。

自分の住所や電話番号、Eメールアドレス等の個人情報が入力されているAmazonのサイトからAmazonの商品をプレゼントしても、ギフト用に作成した架空のアドレスを使用することによって、その時に相手に自分の住所などの個人情報が伝わることはありません。完全に匿名で贈ることが出来て、サプライズでプレゼントすることが可能になりますね。

しかし注意点もいくつかあります。まず欲しいものリストに入れてある商品ですが、Amazonが販売しているものが入れてあるかを確認することが大切になります。Amazon以外の業者が販売しているものが選択されて欲しいものリストに入っていると明細に送り主の情報が掲載されてしまう可能性があるみたいです。また支払いをクレジット決済にした時にも住所や名前が相手に知られてしまう可能性があるので、支払いはAmazonのギフト券で支払うと確実なんだそうです。

ニックネームでAmazonギフト券が送れるその方法を紹介

最近、SNSの普及により、住所を特定されることなく、より多くの人と出会う機会が増えてきたと思います。そこでは相手の顔や名前などの個人情報は知らないけれど、ニックネームのみで会話をしたりまた出会ったりすることもあると思います。

またEスポーツの普及等により、ネットゲーム等を楽しむ人も多いと思います。住所特定を気にすることなく、不特定多数の世界中のネットユーザーとゲームを通じて会話をしたりして楽しめることはとてもうれしいものです。

これらの最大のメリットは自分の名前や住所を相手に知らせることなくニックネームですべて行えることが出来ることだと思います。相手に自分の住所を特定されることなく話をしたり共にゲームをすることができ、普段の日常から離れることができることは楽しいものです。

そこで仲が良くなった人にAmazonギフト券をプレゼントとして贈りたいと思う人もいると思います。でも自分の住所が特定され個人情報がばれてしまうのでは…と不安に感じることもあるかと思います。

しかしAmazonギフト券は贈るときにそのような心配は一切不要です。相手のメールアドレスさえ分かっていれば、そこに自分が購入したギフト券を贈るだけです。その際相手の名前や住所も必要なく、あなたの個人情報も伝わることはありません。必要なのは相手のメールアドレスのみです。メールなので相手に届くと相手もすぐに使用できます。

簡単でしょう!これからますます多くの人にAmazonギフトカードを贈る機会が増えるかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

匿名で誰にでも送ることが出来るAmazonギフト券で住所が特定されると不安になっている方も多いと思いますが、これでもう大丈夫です。安心してください。

 

Amazonギフト券は送り側がギフト券番号を知ることはできません。ギフト券の受け取り側のみが知ることが出来ます。

また送る方もニックネームなどの匿名で相手に送ることができます。1度Amazonギフト券の番号を入力し登録すると、そのカードは他の第3者が番号を不正に入手し入力しても使用することは決してできません。強固なセキュリティシステムにより、匿名性の優位が保証され住所特定がされないようになっているのです。

もらったAmazonギフト券を使用する時には、記載されているAmazonギフト券の番号を入力するだけで住所を記載する必要はありません。

なので何度もお伝えしますが、住所特定されることは決してありませんのでご安心を。

Amazonギフト券をもらった人は今までも、そしてこれからも大丈夫です!

これで安心して住所特定を一切心配するこなくAmazonギフト券を使用できますね♬