Amazonギフト券買取業者のデメリットを徹底解説!気を付けるポイントまとめ

ブログ

Amazonギフト券買取業者は、売れば現金化でき、買えばお得にAmazonでショッピングが楽しめるといったメリットがあるため利用している方も多いかと思います。

メリットばかりに目が行きますが、デメリットにも目を向けることで取引の際に起こり得るトラブルを事前に回避することが可能です。

そもそもAmazonギフト券現金化は違法なのか

まず最初に、Amazonギフト券現金化は違法なのか?という事を知っておきましょう。

結論から述べると現状において『Amazonギフト券』自体の現金化を目的とした範囲であれば現金化は現行法において違法とする法律は存在しません。

一方、これが例えばクレジットカードなどを現金化している、あるいはそう見えるとなると話は別になります。法律ではなくクレジットカードの規約に抵触し最悪クレジットカードの停止の可能性が大いにあります。

なぜAmazonギフト券現金化は問題ないのか

先述の通り現在日本において法律上ではAmazonギフト券買取に関して明確に禁止する法律が存在しません。
一方Amazon公式サイト、Amazonギフト券細則 2.制限において。

Amazonギフト券の換金についての規約が載っております。

要約すると規約の上ではAmazonギフト券の現金化は原則でNGとなります。

しかし、Amazonギフト券の現金化はAmazonにとって実はAmazonギフト券購入者が増えるビジネスチャンスであり。
明らかに悪質性が高いものではない限りは黙認しているのが現状です。

では悪質性が高いものとは何か?
それがクレジットカードのショッピング枠を現金化する為に利用することがそれの代表的なものとされています。

なぜクレジットカードの現金化はNG?

こちらに関しても現状日本国内にて明示的に禁止する法律は存在しません。
しかし、Amazonギフト券の現金化と大きく異なる点があります。

日本クレジットカード協会が非常に強く注意を促し、行政機関とも共同し強く現金化排除へ動いている点です。

そもそもクレジットカードの現金化はクレジットカードのショッピング枠を利用し現金化する性質上、債務としてのしかかります。つまり後々に必ずそれをクレジット会社に返さなければなりません。今が一瞬だけ良くても必ずどこかで限界が来ます。

それ以外にもクレジットカードの現金化の危険性は非常に大きく、人生に影響するほどのペナルティも往々にしてありえます。詳しくは後述します。

そこで明らかに異常な金額の取引を行わず、余ったAmazonギフト券を現金にする程度にとどめることが得策と言えるでしょう。

Amazonギフト券の店頭買取はほぼ不可能

Amazonギフト券は特殊な電子マネーです。

ギフト券番号のアカウントへの登録は一度しかできず、本当に未使用のものかを確認することが難しいことから、店頭買取を実施している店舗はほとんどありません。
そのため、Amazonギフト券の買取はネットの金券ショップを利用することになります。

ネットの金券ショップは数多く存在しますが、中には悪徳サイトもあるので事前にクチコミなどでショップの評判を確かめることが必要です。

意外な真実!大黒屋ではamazonギフト券の買取はできない?
金券やギフト券の買い取り店舗として有名な大黒屋。 名前を聞いてピンと来ない人でも下の写真のオレンジの建物を見れば「あっ、たまに街中で見たことある!」と思ってもらえるのではないでしょうか? 有名なところなら信用もできそうだ...

詐欺には気を付けて!悪徳サイトの特徴

悪徳サイトの特徴はあり得ないくらいに高い換金率であることが挙げられます。

ショップは買取したものを販売して利益を出さなければなりません。
そのため高くても90~93%の換金率となっているので、95%以上の換金率を表示しているショップは注意が必要です。

悪徳サイトがどのような手口を使うのか一例をご紹介します。

 利用規約に都合の悪いことを書いている

利用規約を読まないという方は意外と多いのではないでしょうか?

それを見越して「キャンセル料は〇〇%頂きます」や「複数枚で申し込み、そのうち一番金額が少ないギフト券を表示している換金率で買取ります。それ以外は〇〇%です」といった利用者に都合の悪い内容を利用規約に書いているサイトが発見されています。

このようなショップで契約をしてしまった場合、利用規約を読まずに契約してしまった利用者にも過失があるため泣き寝入りしてしまうケースが多いようです。

複数回申し込むまで異常に換金率が低い

高い換金率を表示しているサイトがありますが、よく見てみると複数回申し込んだ利用者が対象となっているショップがあることに気付きます。

優良ショップの場合、初めて利用する利用者限定のキャンペーンを打つため換金率が高く、それ以降の換金率は初回利用時より少し下がる程度になっています。
悪徳ショップは優良ショップとは大きく異なり、ショップが決めた取引回数をこなすまでは10%台と異常に低い換金率で取引し、かつ、その旨を利用者に分かりづらいように小さく表示しているので騙されやすいです。

記載されていない手数料が引かれる

振込まれた金額を確認すると、事前に計算した金額よりも低いことがあるようです。
これはサイトに記載の無い手数料が引かれているためです。

少ない額なので気付きにくい、もしくは気にならない程度の金額であっても勝手に金額が引かれているのであれば詐欺が成立します。

消費税は掛からない

買取に消費税は掛かりません。
これを知らないでいると買取額から消費税分引かれてしまい損をしてしまいます。

【2019年最新】Amazonギフト券買取詐欺業者一覧【危険】
※最終更新日2018年10月31日 Amazonギフト券の詐欺は今でも横行しています。深刻な問題となっており、今では逮捕者も出ているくらいです。 ここではAmazonギフト券の買取詐欺業者の特徴や手口までご紹介。 新たな詐...

ギフト券の換金率が日々変動する

業者がAmazonギフト券の在庫を確保したい時と在庫が十分にある時とでは換金率が異なります。

売るときのタイミングをしっかりと見極めなければ大きく損をしてしまう可能性が出てくる他、サイトによっても換金率が異なるため、どこの買取業者を利用するかしっかりと選ぶことが大切です。

狙うべき換金率の目安は90%以上となります。

高く買い取ってもらうためにはタイミングも大事な要素と考えると、すぐに換金したいと考えている方にとってはデメリットのひとつであると言えます。

ギフト券の金額や新規かリピーターかによって換金率が異なる

ネットの金券ショップは、新規の方には90%以上の高い換金率で買取しているものの、リピーターに対しては80%台の換金率で買取していることが多いです。

例えば金欠のためにクレジットカードでAmazonギフト券を購入して換金したい場合、2回目以降の換金では大きく損をしてしまう可能性が高いことから気軽に何度も利用しにくいのは大きなデメリットと言えます。

Amazonギフト券の金額によっては高い換金率を別途設けているショップもある一方、1万円以下のギフト券に対しては換金率を低く設定しているサイトもあるため、損を最小限に抑えるにはある程度まとまった金額のギフト券を換金してもらうよう心掛けることが必要です。

安定した買取率を誇るオススメ業者「ギフトチェンジ」

公式サイト – http://gifchan.com/
電話番号 : 03-5927-1515
営業時間 : 24時間

現在新規の申し込みは最低買取率が91%以上保障のキャンペーン等も行っており、最大93%の業界最高値となっているのでチャンスです!
365日営業しているので、安心して換金できる業者のひとつです。

更に、どんな時でも買取率がどこよりも高い最低保証付きのサービスがある為、非常に安心してギフト券を売る事が出来ます。

換金率だけでなく振込手数料も確認する

ギフト券の買取金額は銀行振り込みで行われます。

振込手数料はネット銀行への振り込みは無料としていたり、どの銀行でも無料であったり、買取金額に応じて無料になるなどショップによって大きく異なります。

表示されている換金率に目が行きがちですが、手数料を含めて考えると案外無視できないものです。例えば1万円を90%の換金率で買い取ってもらい振込手数料に500円掛かる場合、手にできる金額は8,500円となり、実質換金率85%での買取と同じになります。

少しでも多くの金額を受け取るためには手数料無料のショップを利用するか、使いやすそうなショップがあれば手数料が無料になる条件を満たしてから利用することが必須です。

24時間受付と24時間営業の違い

24時間すぐに換金できるのがネット金券ショップの最大のメリットですが、24時間営業と記載しているショップと24時間受付と記載しているショップがあります。

営業と受付で意味が異なります。

24時間受付受付のみ対応しており営業活動はしていない。
24時間営業金銭の取引を含めて営業活動の全てを行っている。

最大のメリットである迅速な取引を活かすのであれば、24時間営業と記載のあるショップがオススメです。
24時間受付のショップは対応までタイムラグが生じるので、すぐに換金したい場合はデメリットとなります。

24時間営業オススメ業者「amatera.co.jp」

公式サイト – http://amatera.co.jp/
電話番号 : 03-5927-1515
営業時間 : 24時間

Amazonギフト券買取業者の中でも老舗であり、なんと芸能人まで取材に来た事があるAmazonギフト券買取業者です
入金までのスピードも非常に早く、初めての利用でも30~1時間もあれば振り込み完了が可能です。
混雑時はもしかするとamateraより早いかもしれませんので、他のサイトで時間がかかる時は、買取本舗に所要時間を確認してみましょう。

Amazonギフト券の支払いはクレジットカード一括払いのみ

様々な支払い方法に対応しているAmazonですが、ギフト券の支払いに関してはクレジットカードの一括払いのみの対応となっている点に注意をしてください。

Amazonギフト券の換金はいわゆるクレジットカードの現金化と同じ意味合いです。
金欠で急ぎ現金が欲しい場合にクレジットカードを使ってギフト券を購入、換金しても支払日には支払わなければなりません。

換金目的でギフト券を購入する場合は支払日に無理なく支払える金額を購入するように気を付けて下さい。

ただし、クレジットカード独自のサービスとして購入後にリボ払いや分割払いに支払い方法を変更することが可能です。

銀行によってはすぐに現金を受け取れない

買取業者が利用している銀行のルールにも依りますが、一般的に銀行は9時から15時までの対応となるため、即時振込を業者がしてくれても時間によっては現金の受け取りまで時間が掛かります。

また、土日祝祭日の窓口が休みの日は振り込まれても着金されない点も注意が必要です。

振込時刻着金時刻の目安
前日15時以降から8時59分9時
9時から15時リアルタイム

24時間365日対応しているネット銀行や一部都市銀行は、業者も同様の銀行を利用していればリアルタイムで着金されるので、コンビニなどですぐに引き出すことができます。

24時間365日対応型の銀行一覧(2019年1月現在)
都市銀行ネット銀行
りそな銀行ジャパンネット銀行
埼玉りそな銀行住信SBIネット銀行
三井住友銀行ソニー銀行
三菱UFJ銀行じぶん銀行
セブン銀行
その他イオン銀行
ゆうちょ銀行楽天銀行

2018年10月9日に全銀ネットの稼働時間が拡大したのを受けて多くの銀行が対応時間の拡大に対応しました。
いつでも使えるようにするという流れは今後主流になることが予想されますが、24時間365日対応の銀行はまだ僅かです。

Amazon、クレカ会社に現金化バレると厄介なデメリット4つ

万が一にAmazonギフト券の現金化がバレると厄介な理由はとにかくあなた個人の信用に傷がつく、その一点に集約されます。これは日常生活から長期的な人生設計に関わる重大な問題に繋がります。

それでは具体的にどういった問題が発生するのか事例を挙げてみます。

Amazonアカウントの利用の停止の可能性

Amazonギフト券の悪質な現金化がバレた場合。
そこに関してはAmazonの規定により判断され、Amazonアカウントの停止あるいは削除の処分が下されるケースがあるとされています。

アカウント停止処分の場合、状況によってはアカウント復活の見込みはあるとされていますが厳しい状況には変わりません。

一方でアカウント削除は非常に重く2度とそのアカウントは利用できません。要するにさらに厳しい状況です。

もしも再取得したとして、個人情報で少しでもアカウント削除された人物と同一人物と判断された場合再びアカウント削除されます。

現状においてAmazonギフト券だけではなく、当然ながら幅広い品物の買い物や、自分からの出品サービス、さらに断定はできませんが全てのAmazon関連のサービスが利用できなくなる。

これは想像している以上に大きいと思ってください。

クレジットカードの強制解約

クレジットカード自体を強制的に解約させられるケースも当然あります。もちろんクレジットカードは使えなくなります。
それに加えて信用情報に傷が付きいわゆるブラックリストに入ることになり再度クレジットカード契約することは非常に難しいと言えます。

またクレジットカードの利用した分で未払いの金額を一括で支払う必要がある可能性があります。
これはカード会社によって違いますが、相談や交渉しだいで分割払いも可能なケースがあるかもしれません。
何とかお金を工面するかカードローンなどを利用し支払いましょう。

さて、これらは所有しているクレジットカード全てでありえることです。
信用情報を共有する機関が存在し、それらが共有するブラックリスト情報をもとに日本国内の全てのクレジットカード会社は取れなくなるかもしれないお金を急いで回収しようとします。

つまり少なくとも日本国内の全てのクレジットカードが同時に使えなくなり、その全てから請求が来る。

ただ使えなくなるだけでも大きいのですがそれ以上に厳しい状況に追い込まれることになります。

信用情報が共有されブラックリスト入りする

日本国内のクレジットカード会社は前述の通りJICC、CIC、JBAと言う信用情報機関と事故情報を共有します。

ブラックリスト入りした場合これら3種の機関全てで情報が共有され。それらから情報を利用する企業全てから信用を失います。

例えばJBA、これは銀行が主に利用する信用情報機関ですが、CICというクレジットカード系企業が主に利用する機関のブラックリストから情報共有され、貸し出しの拒否を行うということになることがあります。

銀行からの貸し出しの拒否と言うことは住宅や車などのローンを組む際、または人によっては事業を興す時に融資を受けるケースもあるかもしれません。その時に圧倒的な不利となるでしょう。

さらに例えば身近な例であれば、クレジットカードの追加カードとして発行されるETCカードやスマートフォンの分割払いなども利用できないケースがあります。

人生の様々な部分で影響するため、できればブラックリスト入りは避けたいところですね。

最悪のケース、自己破産ができなくなる

さて、クレジットカードのショッピング枠限界まで使い現金化したいほどにひっ迫している、かなり緊急性の高い債務者の可能性もあるかと思います。

非常に強い警告的な意味合いを込めて書きます。枠限界まで使うのは絶対にやめましょう。

クレジットカードの現金化がバレて信用が無くなった場合、自己破産は非常に困難になります
自己破産はどうにもならなくなった時の最後の救済手段です。

しかし裁判所が認めなければその手段も使えません。
ここでクレジットカード現金化などブラックな事例があった場合はそれが認められる可能性が大幅に低まるとされています。

将来のまさかの時の自分の為にも繰り返しますが、クレジットカードのショッピング枠限界までを現金化はやめましょう。

あまったAmazonギフト券の範囲の現金化にとどめてください。

そんなことにならない為にどうしたらいいか

過度なAmazonギフト券の現金化を行わないのが第一。
クレジットカードのショッピング枠限度いっぱいまでの現金化はもっての外です。

すぐにバレることになって人生を左右するほどの最悪の事態もありえます。

信用情報を回復する為には年単位の忍耐と努力が必要です。

100万を一気に取引するまたは頻度の高い取引など目立つ取引を避けてできうる限り目立たないようにひっそりと行い、くれぐれも安全な取引を心がけましょう。

まとめ

Amazonギフト券買取業者の利用は不安な面やデメリットになり得るシーンがあります。
しかし、優良業者として知られているショップは限られていますので、その中からご自身にあったショップを選び利用することでトラブルとは無縁で取引ができます。

デメリット以上にメリットが多いAmazonギフト券買取業者を賢く利用しましょう。

クレジットカードの使い過ぎには注意です!