Amazonギフト券を削りすぎた時の対処法をレクチャー

ブログ

Amazonギフト券には色々なタイプがあります。

Eメールタイプや印刷タイプに、カードタイプ、シートタイプ等。

今回はAmazonギフト券、カードタイプの裏面のスクラッチを削りすぎた時の対処法をお教えいたします。

Amazonギフト券のカードタイプ

Amazonギフト券のカードタイプはコンビニや店頭で売っているものです。

このようにラックに掛かっているのを見たことあると思います。このギフト券をレジに持って行ってレジに通さないとコードは使えません

さて、問題の裏面ですが、シールタイプとスクラッチタイプがあります。

問題なのはスクラッチタイプのカードで、スクラッチ部分を削りすぎてコードが見えない、滲んでる。という方が多々出ている模様。

印刷タイプやEメールタイプでしたら問題はないのですが…。

Amazonギフト券のスクラッチ部分を削りすぎたらどうすればいいか?

削りすぎた時はこのような感じになって、コードの一部が見えない感じになっているかと思います。

これじゃ流石にコードが分かりませんよね…。でも大丈夫、諦めないでください。

削りすぎても、Amazonギフト券のコードは生きています。Amazonにお問い合わせをしましょう。

Amazonギフト券を削りすぎた場合の対処法

Amazonサイトの「カスタマーサービスに連絡」を開く。

お問合せのところにいくつか種類があるかと思いますが、「その他」を選択

お問合せ内容を「Amazonギフト券」を選択。

お問合せ方法はEメールでメールに、現在起こっていること「ギフト券のスクラッチを削りすぎてコードを登録できない」という内容を記述して送信します。

翌日には返事が来るかと思いますので、メールに記載されているURLへアクセスして、以下を送信します。

「削りすぎたところの、かろうじて読めるギフトコード」
「Amazonギフト券裏面の左下に記載されている16桁の番号」
それを送信すると、Amazonが対処してくれて代わりに登録してくれます。

代わりに登録してくれた後は連絡がくるので残高をチェック。

すると残高が増えているので、これにて一件落着。

Amazonギフト券を削りすぎてお困りの方、Amazonがきちんと対応してくれるので安心してくださいね。

 

試してはいないのですが、チャットや電話でも対応してくれるはずです。

コードが見えないのはスクラッチだけではない?シールタイプでもたまにある!

Amazonギフト券をプレゼントされた時等は、オレンジ色の「はがしてギフト券番号を確認」と書いたシールが貼られています。

こちら、普通に剥がしてもコードが見れない場合があるのです。その画像がこちら

海外の画像ですが、日本でも十分に起こりうります。

このようなことになった場合は、上記のAmazonギフト券を削りすぎた場合の対処法を同じことをすれば大丈夫です。

Amazonギフト券の裏面をうまく削るには?

結局Amazonギフト券をうまく削るにはどうすればいいのでしょうか?

思いつくことは「優しく削る」ことくらいでしょうか。

 

この記事を書いているうちに、Amazonギフト券の裏面をうまく削る方法を紹介している動画がありました。

うまく削る道具…それは、定規

 

定規をこのようにセットして力を入れ削るみたいです。

 

失敗してミスしている場面も(笑)怪我はしないように気を付けてくださいね。

 

最終的にかなり綺麗に削れているのが見れます。

このような方法も、ひとつの手ですね。

動画はこちら→Amazonギフトカードの裏のシールを綺麗かつ簡単に剥がす方法!

 

Amazonギフト券、削りすぎた場合の対処法まとめ

Amazonギフト券は削りすぎても、お問合せすれば問題ありません。

削りすぎて、やってしまったー!って思うかもしれませんが安心してくださいね。

削りすぎた場合はお問合せをして解決しましょう!それでは!