トップページへ > ブログ一覧 > マッチングサイトって?危険がいっぱい!?

マッチングサイトって?危険がいっぱい!?2017.12.26

Amazonギフト券の買取店増加に伴い
マッチングサイトもその数は増加傾向にあります。
買取店に比べると絶対数は少ないですが、確かに需要のあるジャンルと言えるでしょう。

ギフト券の買取店に依頼するか、マッチングサイトを利用するかどちらが確実に良いとは言い切れません。
ざっくり言ってしまえば「時間」をとるか「高換金率」をとるかの違いになってくるのですが、
自分にあった方法を選ぶのが一番よいでしょう。

今回は、いくつかあるマッチングサイトのメリット、デメリット
各サイトの特徴などを紹介していきたいと思います。

マッチングサイトとは?

サービス、商品等を必要としている個人、または法人と、それを提供している個人、法人を
仲介しているWEBサイトの総称です。

企業間同士の取引を【BtoB】
企業、個人間での取引を【BtoC】
個人同士での取引を【CtoC】
としています。

代表的なサイト

【BtoB】ランサーズ、クラウドワークス
【BtoC】くらしのマーケット
【CtoC】メルカリ、ヤフオク、ココナラ

 

電子マネー、ギフト券のマッチングサイトは基本的に【CtoC】となります。

 

 

メリット、デメリットについて

 

メリット

 

  1. ・買い手側
    1、最大で8~10%程度お得にAmazonギフト券の購入ができる。
    2、公式サイトで購入するより手間がかからない。
    ※初回利用時は、身分証、会員情報などの登録手続きが必要
  2. 3、購入する側は手数料はかからない。
  3. ・売り手側
    1、上手く行けば買取店より高額でAmazonギフト券の換金ができる。
    2、出品後、即座に取引成立も可能。

 

デメリット

 

・買い手側
1、購入手続き後30分以内にAmazonギフト券の登録、確認が必須。
※30分を過ぎると、使用済、実際の額面が違う場合でも、マッチングサイトは一切
対応をしてくれません。利用規約にも記載があるのでどうしようもありません。

2、使用済、または不正なギフト券の可能性がある。
3、購入に関するトラブルは当事者同士で解決しなければならない。

 

・売り手側
1、時期によっては希望の%で売ることができない。
2、Amazonギフト券の供給が上回るとなかなか売るまでに時間がかかる
3、販売に関するトラブルは当事者同士で解決しなければならない。
4、出品手数料がかかる(1%~3%程度)

 

 

サイト一覧

アマテン

言わずと知れた業界最大手のサイトです。
一番最初にギフト券のマッチングサイトを初めた会社なので
実績、安心感も一入でしょう。
取引されている枚数も多いので相場はかなり流動的です。

出金に少し時間がかかりますので注意して下さい。

また電話対応も受け付けてないのでトラブルが起きた際の対応に難があるかもしれません。

 

アマオク

広島県の会社が運営しています。
運営の対応が丁寧で好感が持てます。UIも見やすく、機能も痒いところに手が届きます。

月初等ギフト券の相場が下がる時期は品薄状態となることがあります。

 

ギフトレ

ここも古くから運営を開始したサイトです。
購入者、出品者とも中国人も利用している様です。
90%以下で販売されているAmazonギフト券を見たことがある唯一のサイトです。

 

ギフティッシュ

業界でいうと中規模くらいでしょうか。
使用済み、不正ギフト券に対してかなり厳しいので出品数は多くありません。
また、小さい額面(100円等)のギフト券が大量に出品されている場合もあります。

 

あるじゃん

出品手数料が低く(0.5%)在庫も中々豊富です。
しかしエラー数が非常に多い出品者がいるので注意が必要です。

 

ベテルギフト

わりと新し目のサイトですが、24時間営業の数少ないマッチングサイトです。
不正報告0件の表示は逆にちょっと怪しいですね。

 

アマクロ

出品されている在庫が少ないです。
サイトの更新頻度も少ないので過疎り気味な印象を受けます。

 

ギフル

サイトのクオリティが一番高いです。
サイトの代表者が顔出しでメッセージを掲載しているので安心感は一番かもしれません。
親会社も有名な企業グループです。

が、如何せんギフト券の在庫が少なすぎます。

 

アマ市場

あまり知られていないので「月初」は
狙い目かもしれません。

 

 

総合的にみておすすめは
アマテン、ギフトレ、アマオクの3つです。

 

最安値で購入するためには

 

ズバリ月初、毎月「1日」が狙い目です。
ただしこの日は買い手もマッチングサイトに殺到しますので
最安値のギフト券は出品された瞬間に買われてしまいます。
10000円、20000円などの額面はかなり需要が高いので
狙っての購入は難しいでしょう。

 

希望の額面を最安値で購入するには
サイトに張り付いていた方がよいでしょう。

また、アカウントへのチャージ、入金も
前日までに済ませておいたほうがよいでしょう。

 

 

最高値で売り抜けるためには

 

まず「月初」は避けて下さい。
これには理由があります。
月の初めはギフト券の数が非常に多く、供給に対して需要がかなり上回りますので

どの出品者も安く出品せざるを得なくなります。
そうなることでギフト券の相場はどんなに高くとも92%前後でとまってしまうのです。

10日以降の平日の午前中からお昼過ぎにかけて96%~97%になることがありますので
最高値を狙っている方は試してみてはどうでしょうか?

※25日前後はギフト券の相場がまた下がる傾向にあります。

 

 

もしもトラブルに巻き込まれてしまったら

 

考えられるトラブルをいくつか上げてみましょう。

 

 

いずれも、自分で購入者、または販売者とサイト内でメッセージのやりとりをして
解決を目指します。

 

お互いの主張が平行線をたどる、トラブルの相手がメッセージを読まない、対応を全くしない
などの場合は、運営に連絡して判断を待ちます。
運営側が補填をしてくれるケースはほとんどありませんので
トラブルが発生してしまったらある程度の覚悟、諦めは必要となるでしょう。

また、エラー手数料なるものをとられてしまう場合もあり、
最終的に、買取店での換金率よりも低くなってしまうことも。

 

 

その他注意点

・土日、祝日の出金に対応していないマッチングサイトもありますので
事前の確認は必要です。

・運悪く不正なギフト券を購入してしまった場合、アカウントからチャージが差し引かれてしまったりアカウントそのものが凍結されてしまう場合があります。
ギフト券を購入、登録後は速やかに買い物に利用するに越したことはありません。

・購入したギフト券について警察から捜査協力を求められることも極稀にですがあるようです。
罪に問われることはありませんが、手続き等に時間がとられてしまいます。

・サイトへの登録は身分証の提示が必須になりますので
個人情報の提示に抵抗がある方にはハードルが高いかもしれません。

 

 

まとめ

 

今回は色々なマッチングサイトを紹介しました。
時間があって、自分の相場観に自信がある方は
幾つか使ってみると望外に高くAmazonギフト券を現金化できるかもしれません。
※あくまで自己責任です。

しかし、確実に狙った時間に希望の率で売るにはそれなりの経験が必要になりますので
自信がない場合は素直に買取店舗にお願いするのがベターだと思います。

その時の自分の状況に応じて
ギフト券の換金を業者にまかせるか、自分でマッチングサイトを利用するのかを
使い分けることが大事になってくるでしょう。

 

スタッフブログ一覧へ

サイトトップへ戻る

今月のお勧め TOP3

  • 買取本舗

    買取本舗

    Amazonギフト券の他に、iTunesカードやGooglePlayの買取で人気急上昇中で、その買取実績は業界シェアを圧倒的に占めており、実績に裏打ちされた安心と信頼があります。
    スタッフの対応の良さでの評価は断トツでナンバーワン。
    余計な手数料が掛らないのも安心。
    買取本舗も24時間営業なので、いつでも利用できる事は大きなメリットです!
    買取査定機能もついているので、10秒で振込金額が分かります。

  • amatera.co.jp

    amatera.co.jp

    Amazonギフト券買取率、スピード、安心感のどれをとっても業界トップクラス。
    常に安定した買取で、過去2016年、2017年度でも断トツナンバーワンの取引実績を誇ります。
    また、2015年から2018年の現在にかけて45か月連続総合ランキング1位を獲得しており、お勧め度は圧倒的です。
    年中無休の24時間営業というのも嬉しいですね。

  • ギフトチェンジ

    ギフトチェンジ

    現在開催中の「高額買取保証制度」が非常に好評のようで、月間ランキングでも常に3位以内に入ってます。
    新規であればAmazonギフト券の買取率は91%以上確定で他より高いのが特徴。
    また最大93%換金というのは現在業界トップの買取率です。
    かなり高い水準の最低買取保障付きのサービスもあり、今注目度ナンバーワンのAmazonギフト券買取サイトです!