今年もセール開催!気になるamazon「プライムデー」についてご紹介します!

ブログ

毎年恒例!amazon「プライムデー」

今やネット通販の最大手ともいわれるamazon。そんなamazonの恒例行事ともいえる「プライムデー(Prime Day)」セールを10日(月曜日)の夜からプライム会員限定に始めます。
プライムデーは2015年、創業から20年を迎えることを記念し始めた時限セールです。すでに2015年は7月15日、2016年は7月12日に行われており、今年は7月10日18時に開始して、7月11日23時59分までの30時間を予定しております。

また今年は10日午後9時(東部標準時間)から前倒しでセールを始め、12日の早朝3時までの30時間となります。
3回目となる今年のプライムデーでは、アメリカや日本、イギリスなど13か国で同時に行われ、セール対象商品がなんと世界で10万品目以上となります。 年会費99ドルのプライム会員限定のセールですが、非会員でも30日間のお試し無料会員に登録することでプライムデーに参加することが可能となります。

昨年7月12日に開催された2回目となるプライムデーでは、1日の販売数が過去最高であった前年のサイバーマンデーやブラックフライデー(感謝祭後の金曜日)の実績を超えて、過去20年間では最大となりました。
また昨年のプライムデーではamazonのファイアTVや電子書籍端末のキンドル、タブレットのキンドルファイア、音声アシスタント端末のエコーやその姉妹機も過去最大となる販売数を記録したといわれています。世界で最も売れた商品は前年と同じファイアTVで、前年実績より2.5倍を超える販売数となりました。

amazonはプライムデー売上やプライム会員数、加入者数等は明らかにしていませんが、投資信託の格付け評価等を行うモーニングスターでは2015年のプラムデー売上高を4億ドル、2016年は5億~6億ドルと試算しており、調査会社FBICの予想では売上高5.3億ドルとしています。また一部には昨年のプライムデー売上を10億ドルと見積もっている調査会社もあります。

また、アメリカ国内のプライム会員数は調査会社コンシューマー・インテリジェンス・リサーチ・パートナーズ(CIRP:Consumer Intelligence Research Partners)が最近発表したレポートによると6月末時点で8,500万人と見積もっています。

 

前年予想の6,300万人から35%の増加としており、アメリカ国内の1.26億世帯のうち3分の2にプライム会員がいるとしています。CIRPでは、プライム会員のamazonでの年間平均購入額は1,300ドルとしており、非会員700ドルの2倍弱となっていると見積もっています。CIRPでは、プライムデーなどで30日間のお試し無料会員に登録後、73%はプライム会員になるとしています。一方でamazon・プライム会員数を5,250万人と見ているアナリストもいます。

いずれにしても多くの人がプライムデーに参加することが予想され、競合チェーンもセールで対抗策を立てざる得なくなっているのです。

amazonプライムデーは3種類

amazonプライムデーのセールには種類が3つあります。

  • ・PrimeDay特選セール
  • (セール中ずっと特別価格になるもの)
  • (セールの中で時間・数量が限定(最大8時間で終了)されているもの)
  • ・PrimeDay限定キャンペーン
  • (レジで割引キャンペーンやポイントキャンペーンなどが行われるもの)

やはりこの中でもっとも熱いのはPrimeDay数量限定セールではないでしょうか。割引の幅が大きかったり、良い商品が出るのはいつもこのPrimeDay数量限定セールです。期間中はがっつりと張り付いてチェックしてみてはいかがでしょうか?

amazonプライムデーセールの特典一欄を紹介

商品の割引もさることながら、この特典は絶対に目をつけておくといいでしょう。

特に最後の

  • amazonギフト券(配送タイプ)を購入するだけで、最大1000ポイントゲット

は、普段からamazonを頻繁に利用している人であれば絶対にやっておいた方が良いです。

早速まとめてみたいと思います。

10000円以上買い物をすると500円分のポイントをプレゼント

こちらは見てのとおりのお得な特典です。

ついセールだからといって無駄な買い物は避けたいところではありますが、せっかくのプライムデーなので、たまには思いっきり買い物をしてみるのもいいのではないでしょうか!

プライムビデオを期間内に視聴すると、amazon Launchpadの対象商品が無料になるクーポンが当たる

一見わかりにくいように感じるかもしれませんが、こちらは無線イヤホンと無線ヘッドホンが当たるという特典となります。

プライムミュージックを期間内に視聴すると、10000円分のamazonギフト券が当たる

プライムミュージックを聴くだけでOKというのは楽で良いですよね。更には10000円分という太っ腹加減もうれしいですよね!

amazonカードを使うと、プライムデーの買い物は最大4%オフ!

普段から贔屓しているお客に優しいamazon。セールのために発行するには旨味が薄いかもしれませんが、作ろうか悩んでいた人には良いきっかけなのではないでしょうか!4%というのもうれしいポイントですね。

対象商品の定期おトク便の、初回配送分が表示価格より30~60%OFF

定期便で物を買っている人には嬉しいですよね。MAX60%は熱いです。是非チェックしてみてはいかがでしょうか!

現金でギフト券チャージするとポイントが貯まる

なんと

  • プライム会員なら最大3.0%
  • 通常会員は最大2.0%

貯まるとのことです。

せっかく買い物をするなら、今の内からチャージしておくといざ買う時に困らなくてすみますよね。そしてチャージを経由するだけで、買い物をするなら100%得をするので、買いものの予定がある人は事前にチャージしておく事をおすすめします。

ただし、ここで注意点として支払方法を

  • ・コンビニ
  • ・ATM
  • ・ネットバンキング

のどれかで払わないと残念ながらポイントはつきません。

誤った方法でチャージをすると、ポイントが付かないので、間違わないように気をつけてくださいね。

7/11まで限定で、それ以降はポイントが貰えないので、出来るだけチャージしておいた方が良いでしょう。

有効期限は10年間あるのでご安心ください!

amazonギフト券(配送タイプ)を購入するだけで、最大1000ポイントゲット

個人的に一番大きいのはこれじゃないでしょうか。これはもうなんと言ってもまさに、やらないと損というレベルでお得な特典です。

  1. 1.amazonギフト券の配送タイプを5000円以上購入で500ポイント
  2. 2.さらに、自分以外に上記のギフト券を贈るともう500ポイント

というものです。まずステップ1は誰でも簡単です。普通に購入をして、自分に送るだけと本当に簡単です。

そしてステップ2も簡単で、アカウントさえ違えば、家族や友人同士で送りあっても大丈夫なのです!

そうする事で、お互いに1000ポイントずつで2人でなんと2000ポイントも貰えます!

ポイントはすぐに付与されるわけでは無いので、そこだけは注意いたしましょう。

amazonで買い物するならデメリット等は一切無いし、先ほどのチャージタイプと違ってカード払いでもOKなので、やらない理由がありません。

少なくとも、自分用の5000円は絶対にやった方が良いでしょう。

amazonプライムデーに購入できる、割引商品!(随時追加)

  • 0.3ct プラチナダイヤモンドペンダント
    • BOTTEGA VENETA 長財布
    • PRADA レディース長財布 パスケース付き
    • COACH ショルダーバッグ 2WAY ストラップ付
    • PENTAX デジタル一眼レフ K-S2
    • PRADA レディース 長財布 パスケース付き
    • スカルプD シャンプー&パックコンディショナー
    • マキアージュ ドラマティックルージュ
    • ボルドー名門シャトーから直輸入 ワイン5本セット
    • ティファール フライパン 鍋 9点 セット
    • LG 55V型 4K対応 有機ELテレビ
    • Dell ノートパソコン Inspiron 11
    • Dell デスクトップパソコン Inspiron
    • BenQ モニター ディスプレイ 24インチ
    • 本格シャンパン製法の極上の泡6本セット
    • KORG 電子ピアノ LP-380-BK 88鍵
    • X-ファイル コンプリート ブルーレイBOX
    • Panasonic ミラーレス一眼カメラ
    • Beats Studio ワイヤレスヘッドフォン
    • ミニオン 3枚組DVD-BOX ランプ付き
    • Huawei P9 LITE スマートフォン
    • amazon.co.jp限定 レトロフリーク
  • ウォッチリストでセールの開始通知を受けとる

  • ウォッチリストを選択しておくと、まだセールが開始していなくても、セールが始まる時に通知して教えてくれます。セール会場で気になる品は全部「ウォッチ」ボタンを押しておくと便利です。
  • 商品が売り切れてしまっていた場合は「キャンセル待ちに登録」

  • 欲しい商品がもしも売り切れになってしまっていたとしても諦めるのはまだ早いです!このように、万が一商品が売り切れてしまっていた場合は「購入するボタン」の変わりに

    「キャンセル待ちに登録する」というボタンが現れます。

    実際キャンセルなんて滅多に発生しないのではないか?とお思いの方も多いかと思いますが、実は意外とキャンセルは頻繁に発生します!何故なら、セール限定品は買える個数が決まっており、それはカートに入れた段階で、カウントされます。つまり、セールに慣れている人は買うかどうか悩んでいてもとりあえずカートに入れるのです。そして、ひと段落ついてから、本当に商品を購入するかを決めます。なので、キャンセル待ちでも十分にチャンスがあるということになります。本当に欲しい商品が売り切れてしまっていたとしても諦めず、まずはキャンセル待ちに登録することを忘れずにいてください。

  • amazonプライムデーは登録しないでも参加できる!?

  • amazonプライムデーはなんと手間な登録をしないでも登録無しで無料体験だけで入って、参加する事も出来るので、興味のある方はこの機会にまずは無料体験をしてみてはいかがでしょうか?そして、どうせ入るなら月額よりも年額で入った方が断然にお得です。ただし、注意点がひとつ。過去に体験した人は残念ながら入会しないと先行参加ができません!ご注意ください。
  • 今後の変化

そろそろ日本でも地殻変動を認識されるだろうと予想されています。小売の地殻変動とは消費者の購買行動の変化で、リアル店で購入していたものをネットで購入するようになる変化です。

店や競合の売場を見ても認識できない、つまり目にすることのない変化なので地殻変動としています。地殻変動の中心となっているのがamazonです。その核はアマゾン・プライムです。

ところで日本のプライムデーでは昨年、朝食シリアルであるカルビーのフルグラがベストセラーとなりました。スーパーマーケットなど食品を扱う小売店は昨年、一部に「アレッ?」と思ったはずです。

プライムデー以降、フルグラ売上が下がったところがあるはずですから。プライムデーの売上が拡大することは、地殻変動の拡大です。お店で売れていた商品が以前ほど売れなくなるのです。
したがって日本もアメリカを追うように、大手チェーンストアなどがプライムデーの対抗セールを始めます。

ところで、アメリカのプライムデーで今後、注視されるのはホールフーズとの動向でしょう。買収発表から間もないので今年は無理としても、買収が完了した後に期待したいところです。