amazonギフト券を匿名で送る方法!その際の個人情報は安全か?

ブログ

Amazonギフト券を匿名で送りたいと思ったことはありませんか?

例えばネトゲで知り合った人が誕生日だからプレゼントしたい!とか、いつもお世話になっている人にサプライズでプレゼントしたい等。

今回はAmazonギフト券を匿名で送る方法をお教えしたいと思います。

更にそこで気になるのが、Amazonギフト券を利用する際の個人情報ですね。

匿名で送ったのはいいけど、個人情報バレたりしないのか!?等を見ていきましょう。

amazonギフト券の種類

amazonギフト券の種類は、ギフト用・自分用とに分かれます。支払い方法がかんたんに済むので、利便性が高いのです。そして、amazonギフト券は、その金額に明瞭なものがあるので、その利用性にプリペイドのような意味が含まれます。使用限度を守るというやり方が有用です。そして、amazonギフト券を利用するにあたり、ギフトの送付方法にも選択性があります。これは、配送物や配送物とのセットで送付するというやり方だけではなく、Eメールという方法があるのです。

Eメールでは、相手のメアドに送付するだけのシンプルなもので、相手がそのEメールを受け取れば、簡単な手続きでそれをアカウントに組み込むことができます。
Eメールではもちろん、電子式送付方法になります。

ですので送料・手数料が無料になるのです。

これは、アマゾンアカウント同士のやり取り、つまり、送付元・送付先がアマゾン会員であるだけで、シンプルに完結する仕組みになります。

Amazonギフト券を匿名で送る理由

Amazonギフト券を匿名で送るという方法も可能です

これは送付元の方でアカウント管理にしてあるので安心して利用できます。

匿名送付元利用というのは、実はニックネームというかたちで利用するのが最適です。

つまり、送付元の不明という意味ではなく、プレゼントするときに、仮名・ニックネームで送るというツウな考え方です。

恩着せがましくなく送付するそのアマゾンショッピングの金額です。

ですので、いやらしいイメージは送付元に発生しません。

個人のメールでニックネームを伝えておけばプレゼントを贈りたい人の、ちゃかしたい気分を表しています。
この匿名送付元シリーズではメールのみでしかサービスが行われていません。

もちろん、アマゾンサイトからの購買になりギフト券のプレゼントのは、クレカ対応の支払いのみになっています。
もし宅配便などで配送物(カードタイプ等)としてAmazonギフト券を送る場合ですと、送付元の表示はかならず必要なので匿名ができない仕組みになっています。
送付された方は、そのギフト券の金額と、ニックネーム等を確認して、アカウントで調整して、自分のアマゾンショッピングに利用できます。

お互いの間には、匿名の理解があるというものです。

匿名で送ってサプライズ

匿名にする送付元からのEメール送信には、アマゾンギフト券の金額をあえて、真に受けないようにという意味もあるかもしれません。

そして、お歳暮がてらの、意味合いで、そのEメールに画像やメッセージを添付することも可能になっています。
ほんとうにプレゼントしたい人に、会社の規約で個人的なプレゼントを贈ることができないというものがあった場合、ぜひ利用したいものです。

なぜならEメールで送付されるのは、アマゾンギフト券のコードのみでもあるので、金券とは呼べません。ですので、こっそり送付したい時などに有効なのです。

そして、送付元の支払い方法としてクレカ対応のみであるなら、金額処理もすぐに済むので簡単でしょう。
アマゾンギフト券のこの匿名性により、サプライズという方法が可能で、匿名という理由で、暗におどろくような仕掛けというプレゼントをイメージアップできます。

添付する写真に本人のプロフィールと写真があれば、逆に面白いですね。

 

それは、実名を書くよりも、実際はもっといやらしくない意にチェンジするものです。

サプライズの場合には、少しはわかるくらいのものが、印象的でしょう。

しかし、匿名で送って自分の個人情報に関することは大丈夫なのでしょうか?

Amazonギフト券に関する個人情報について

最近よく耳にする顧客の個人情報漏れや第三者にログインされアカウントを乗っ取られたなど安全面に関して不安に感じる方も多いでしょう。

匿名で送る分、個人情報に関することはちゃんとしているのか?
ここではamazonギフト券を利用することがいかに安全であるかの仕組みや取り組みについて見ていきましょう。

まずamazonギフト券を購入する際は前払いでお金を払いますが、購入の際に住所や電話番号、氏名などの個人情報を入力する必要は一切ありません。

そのためamazonギフト券を受け取った方が相手はどんな人だろうと検索しても匿名で表示されますし、知り合いがプレゼントとして送ったけど届いたとメールアドレスなどを確認してやっと誰から送られてきたかを確認する仕組みになっています。

さらに詳しく言いますとamazonギフト券はシリアルナンバーで管理されており、金額が足りない分をチャージできます。
一般的にamazonギフト券を送信するとお相手の方に通知が届く事になっています。

そこで誰から届いているのかを確認する事が可能で、さらに相手の方がメールを開封した時点で送信者にも開封通知が送信されることになります。
このシステムから送る側も受け取る側もあらかじめ誰からいくら分の金額のamazonギフト券が届いていることを確認する事ができるため、迷惑メールや大量のスパムメールにつながるような事もありませんし、間違ってクリックしてウイルスに感染することもありません。

TwitterでもAmazonギフト券詐欺?Amazonギフト券不正利用の対策を!
アマゾンギフト券はアマゾンで買い物するときに非常に便利なこともあり、プレゼントしてもらえるとかなり嬉しいですよね。 アマギフと略されて呼ばれることが多いですが、そのアマギフをTwitterを利用して不正にもらおうとしている人たちもいるみた...

ここで注目すべきは単に知り合いと交わすSNSやメール、LINEの感覚とは異なり一種の金券のやり取りを行っている事になる事です。

しかし、どうしても金券ショップやAmazonギフト券現金化業者で換金を行いたい場合には住所、氏名、電話番号、メルアドの他に銀行口座も必要になるので注意して下さい。

やはり好きな商品に交換する本来の利用方法が人気があります。

Amazonギフト券のセキュリティ

セキュリティに関して簡単に言いますと送る側と受け取る側の双方で求められる個人情報はメールアドレスのみで、間違っても住所や氏名、電話番号などを入力する必要もありません。次に相手に贈るのではなく自分用にプレゼントを購入するためのチャージの際にはSuicaやEdyを利用する事もできます。
また1回のチャージで入金する金額を増やしたい場合にはネットバンキング、あるいはクレジットカードを利用すれば50万円を上限としてチャージする事ができます。

amazonギフト券とは非常に匿名性が高いのが特徴でメルアドとパスワードさえあれば誰でも簡単に取引することができます。

逆に言うと誰と取引したかを確認する事はできず、架空の名前でアカウントを作成しamazonギフト券の購入ややり取りもできるためどうするのかという問題がある事も事実です。

個人情報が安全である事と本人確認の必要のないプライバシーの問題はまさに表裏一体で、匿名性が高い事が決して言いこと事は限りません。
この匿名性と個人情報のバランスが保たれることで安全に利用する事はできますが、一部の悪質な業者や架空詐欺業者が匿名性が高い事を悪用し現金化している事実も背景にはあるのです。

メールアドレスの登録だけだからそんなに心配する必要はないと高を括るのではなく、amazonギフト券を利用する以上は細心の注意を払い悪質な業者に騙されないようにする事も心掛けて下さいね。

Amazonギフト券優良買取業者を一部ご紹介

amatera.co.jp

公式サイト – http://amatera.co.jp/

電話番号 : 03-5927-1515

営業時間 : 24時間

Amazonギフト券買取業者の中でも老舗であり、なんと芸能人まで取材に来た事があるAmazonギフト券買取業者です
入金までのスピードも非常に早く、初めての利用でも30~1時間もあれば振り込み完了が可能です。