Amazonギフト券に偽物は存在する!?真相を調べてみた

ブログ

日々の買い物を楽しませてくれるAmazonギフト券。

ふと疑問に思った、「Amazonギフト券の偽物ってあるの?」という事。

Amazonギフト券詐欺とかがたくさんあるけど…偽物もありそう!

今回はAmazonギフト券の偽物の真相について迫ってみたいと思います!

Amazonギフト券の偽物は存在するのか?

まず結論から言うと、Amazonギフト券の偽物は存在しません

何故かと言いますと、Amazonギフト券は「デジタルギフト」という種類に分類されます。

商品券やビール券とは違って、Amazonギフト券やiTunesカードのようなデジタルギフトは、コードを使用するギフト券をになります。「支払いが完了して使える」ようになる為、偽物は存在しないのです。

 

しかしAmazonギフト券にはカードタイプというものがあり、裏面のスクラッチを削って使用するギフト券です。
そのスクラッチ部分をもし元に戻されている使用済みギフトだったら…?という事もありえなくはないと思います。詳しい人だったらスクラッチを削る前に戻せるという事も出来てしまうかもしれません。

Amazonギフト券はそのような理由や、使用済みかそうでないかの判断が出来ない為、金券ショップでは買取を行っていないのです。

ですので金券ショップなどで偽物のAmazonギフト券などをう売っているという心配はありません。

また、Amazonギフト券買取業者は使用済みか使用済みでないか判断できるので、使用済みの場合は売ることはできません。

 

Amazonギフト券には「使えないAmazonギフト券」というものが存在します。そのようなAmazonギフト券はどういったものがあるのでしょうか?

登録済みのAmazonギフト券

Amazonギフト券は普通の商品券等と一緒で、一度使うとAmazonギフト券も使用することができません。

Amazonギフト券はコードをAmazonアカウントに登録して、やっと使えるようになります。

つまりこのギフト券は「使い捨て」という事ですね。

使用したAmazonギフト券のコードをネット上で誰かに見せてしまった。なんて事があっても何の問題もありませんので安心して下さい。

Amazonギフト券は偽造されるという事はありませんが、使用済みか使用済みでないか判断できないという事が挙げられます。

その為、金券ショップではAmazonギフト券の買取を基本的に行っていないのです。

 

ロックされているAmazonギフト券

Amazonギフト券がロックされているという事があります。

アカウントにギフト券を登録をする時に、「ギフト券がロックされました」と表示が出てチャージ出来ないという現象。

もしかして偽造されているのか?と思うかもしれません。

原因は以下のようになります。

ロックされる原因

このギフト券がロックされるのは主に二つの原因によるもので、それはギフト券自体が不正である場合と不正の疑いがある場合に分かれます。

これは現在ネット上で使われるギフト券の詐欺や不正利用が多発しているといったことが背景にあります。
そうしたことを未然に防ぐためにこのようなロック機能が組み込まれているのです。
ギフト券自体が不正である、というのはその使われた券が詐欺などを理由に被害届が出されたものであったり、偽造されたクレジットカードで購入したものであったりした場合に判断されます。
不正の疑いがある、というのはamazon側がランダムにギフト券にロックをかけていて、その券に当たってしまった場合に起こります。

このようなロックは主にコンビニで売られているカードタイプのものにかけられていることが多く、その理由はギフト券を使った詐欺被害を未然に防ぐためといわれています。

ロックにかかってしまったときはどうすれば良いのか

もしも不正利用をしていないのにロックがかかってしまった場合は、Amazonに電話などを使い直接問い合わせることで解除をすることが可能です。

 

また電話先で詳細を確認する必要がありますが、主に必要となりやすいのがギフト券の実物やその写真、購入した際のレシート、購入した店の名前や場所、日時などです。
これらをamazon側に説明し、解除を依頼をすると早くても一日二日後には利用可能になります。
これらの方法はカードタイプのものには適用されやすいのですが、中には解除のしにくいものもありそれがEメールタイプのギフト券です。

その理由はEメールタイプのものにロックがかけられている場合、それを購入した際に使われたクレジットカード自体に問題がある可能性が高いからです。
もしも不正利用の心当たりが全くないのにEメールタイプのギフト券にロックがかけられた場合はこちらもamazon側に再度問い合わせてみてください。

他に何か問題が起こってしまった場合もamazon側に問い合わせることで解決に向かうことがあります。

例えば上記に書いたTwitterでAmazonギフト券を詐欺された…等。

問い合わせる場合はamazonカスタマーサポートが特におすすめです。

このカスタマーサポートは消費者からの問題にいち早く相談し解決してくれるところです。

なにかトラブルに遭ってしまった場合はまずここに相談してみましょう。

Amazonカスタマーサポート

有効期限切れのAmazonギフト券

有効期限切れのAmazonギフト券は使用する事が出来ません。

Amazonでは2017年4月23日まで発効から1年~3年間の有効期限でしたが、2017年4月24日以降10年間に延長されています。

10年に延長されて安心ですが、それ以降に購入したものは期限が迫っている可能性があります。

もしAmazonギフト券をお持ちの方は使用するようにしましょう。

Amazonギフト券の偽物はないけど、他のギフト券の偽物は存在するのか?

Amazonギフト券やiTunesカードのようなデジタルギフトは偽物が存在しないということが分かりました。

まあ偽札はよく聞くけど、気になるのは他のギフト券の偽物は存在するのか?という事。

そう、実は存在するのです

JCBギフトカード

2017年1月21日以降、JCBギフトカード加盟店にて、5,000円券の偽物が982枚も不正使用されている事が分かったのです。

JCBから引用

5,000円×982枚ということは4,910,000円もの被害があったという事ですね…。

全国酒販協同組合連合会発行のビール共通券

平成22年4月から平成26年3月まで販売していた旧デザインのビール共通券の偽物が流出し、38枚もの不正使用の確認が取れたみたいです。

偽物のビール券には以下のような特徴があります。

全国酒販協同組合連合会から引用

このように商品券やビール券といった、レジで渡せるギフト券に関しては偽物が多く存在するみたいです。

このような偽物が金券ショップで売られているという事はまずないと思いますが、偽物ではないかきちんと確認してから購入しましょう。

偽物からのメールにご注意!

Amazonからメールが来ることがありますよね。

しかしそれ、本物のサイトから送られてきたものでしょうか?

実はAmazonや楽天などを偽って不正アクセスや金銭を要求しようとする迷惑メールが後を絶ちません。

Amazon

Amazonでは偽サイトからメールが送られてきて、そのサイトはAmazonソックリに作られているのです。

第三者による不正アクセスを検知したため、パスワードを見直し、お支払い方法の再登録をお願いします。」といったメールが来て、書いてあるURLにアクセスするとログインを求められます。

そこでメールアドレスとパスワードを入力してしまうとOUTです。

個人情報が抜かれ、そのアカウントは使えなくなってしまいます。

対策としては、メールの送り主のアドレスや、表記されているURLを見る事が大事です。

本当のAmazon.co.jpをブックマークしておきましょう。

Amazonギフト券に偽物は存在する!?まとめ

このようにAmazonギフト券には偽物は存在しません。

しかし商品券の偽物があったり、偽サイトから金銭の要求等がある場合がございます。

そのような詐欺に引っかからないよう、普段から気を付けることが大事ですね。