Amazonギフト券は万引きしても無駄だよ【POSAシステム】

ブログ

コンビニに置いているAmazonギフト券。カードタイプが店頭に並んでいますよね。

そのAmazonギフト券は万引きの心配はないのか?

いかにも万引きされ易そうなところに色んなギフト券が置いていますよね。

果たして大丈夫なのでしょうか…?

コンビニに置いてあるAmazonギフト券、万引きの対策は大丈夫?

コンビニにはAmazonギフト券に限らず、iTunesカードやGooglePlayカード等、多数の種類のギフト券が陳列されています。

自分用としてもプレゼント用としても購入できるので、コンビニに置いてある事は助かります。
しかしこんなにオープンにギフト券を置いといて大丈夫なのか心配になります。
もし万引き犯に狙われたりしたら…高額がAmazonギフト券やiTunesカードがたくさん置かれているのに大丈夫なのでしょうか?

たくさん万引きされたらそのお店の損害は計り知れないですよね…。

 

そう、大丈夫なんです。コンビニ等に並べられているギフト券を盗られても何も問題はありません。
それは何故なのでしょうか?コンビニにも導入している最新のシステムが関係しています

Amazonギフト券、万引きされても大丈夫!導入されているシステムとは。

コンビニ等に置いてある各ギフト券は、「ギフト・プリペイドカード流通システム」

通称POSAシステムを採用している為、盗まれても何の問題もないのです

なんとグッドデザイン賞も受賞しているこのシステム。

POSAシステムとはどのようなシステムなのか?

簡単に説明するとPOSAシステム(Point Of Sales Activation)は、コンビニのレジに通して初めてそのギフト券が使えるようになる仕組みの事です。
レジを通して支払いの終わってないコードでは使えることはなく、ギフト券をレジに通しお会計をしてからでないとAmazonギフト券を使うことはできません。これは盗難を対策としたサービスなのです。

 

シートタイプのAmazonギフト券にしても、ギフト券自体がレジの中にあるプリンターにて印刷されるので、結局店員を介さないと入手、使用することは出来ません。

 

もしAmazonギフト券のカードタイプを万引きして「やったぜ…」なんて思っている方、残念ながらそのカードはただのプラスチックのカードで何も価値がありません。
そもそも万引きは犯罪なのでやめましょう。

 

POSAとは、POSレジで支払いが完了した時点で対象のカードを有効化する技術のことです。POSA技術により、カード発行会社はカードが小売店の一等地に陳列されることで、単なる決済手段だけでなく、プロモーション手段、新たなサービスやデジタルコンテンツ、ソフトウェアの販売ができます。販売店は在庫や盗難等のリスクを解決し、効率的なオペレーションの実現が可能です。購入者はPOSAカードにより簡単かつ安全な決済手段を可能とします。また、カード化することによりパッケージ等の製造や物流に係るコスト削減に貢献できます。POSA技術は、全てのステークスホルダーにメリットを提供できる新たなソリューションです。

Amazonギフト券はきちんとレジを通して購入しましょう。

結局万引きしたAmazonギフト券やその他ギフト券を使うことは不可能です。

レジを通して購入したい方(当たり前w)の方にコンビニで売っているカードタイプやシートタイプの詳しいことをお教えします。

 

コンビニ等の店頭で購入できるタイプのギフト券はカードタイプとシートタイプの二種類があります。

カードタイプ

カードタイプは商品棚に陳列されているプラスチックカードで、値段は 3,000円、5,000円、10,000円、20,000円の4種類、またバリアブルカードという1,500円~50,000円から金額を指定する事ができます。

シートタイプ

シートタイプはローソンにあるような「Loppi」を使って申し込んで購入できるタイプで2,000円、3,000円、5,000円、10,000円、20,000円、25,000円 の6種類から金額を選択する事が可能です。

 

上記で説明したよう、レジにカード、または印刷したものを持っていき料金を支払います。
レジを通さなかったAmazonギフト券はただのプラスチックのゴミになってしまいますのでご注意ください。
購入した際、手数料や消費税はかかりませんので、仮に3,000円を購入する場合、レジに払うお金は「3,000円」で済みます。

カードタイプは裏面のスクラッチを削るとコードが出てきます。
シートタイプの場合は印刷された時点でコードが表記されています。
amazonのサイトにアクセス、ログインし、コードを入力するとアカウントにギフト券が追加され、追加した分の金額をamazonでの買い物の決済に使うことができます。

Amazonギフト券万引きしても無駄だけど、購入したものを売ることができます。

Amazonギフト券は今や現金化に使われることが多いのです。

基本的にAmazonの公式サイトで買える「Eメールタイプ」が主流ですが、コンビニで買えるカードタイプ、シートタイプも売ることが出来る業者が存在します。

しかし今はコンビニで購入したAmazonギフト券は売ることが難しくなっております。

理由は近年流行りの「Amazonギフト券詐欺」が関係しており、不正に入手したAmazonギフト券コードは使用することが出来ないという事が多いのです。その為買取を行っている業者は少なくなっております。

しかし、条件付きで買取を行っている買取業者もいるので、Amazonギフト券が余ってて現金化したい!と思っている方の為へAmazonギフト券買取業者をご紹介します。

以下で紹介するAmazonギフト券買取業者は「購入時のレシートがあればカードタイプ、シートタイプも買取できる」という条件付きです。

 

買取本舗

公式サイト- http://gifthonpo.net/

電話番号 : 0120-597-245

営業時間 : 24時間

 

最大買取率93%という、業界トップクラスの買取本舗。

サイトをリニューアルしてから更に使いやすくなり、事前に買取査定なども行えることから、申し込まなくても実際に振り込まれる金額が10秒ほどで分かるので今人気急上昇中のサイトです。
また、iTunesカードやGoogle Playカードの買取も行っており、安心してご利用できる業者です。

 

amatera.co.jp

公式サイト – http://amatera.co.jp/

電話番号 : 03-5927-1515

営業時間 : 24時間

Amazonギフト券買取業者の中でも老舗であり、なんと芸能人まで取材に来た事があるAmazonギフト券買取業者です
入金までのスピードも非常に早く、初めての利用でも30~1時間もあれば振り込み完了が可能です。

 

ギフトチェンジ

公式サイト – http://gifchan.com/

電話番号 : 03-5927-1515

営業時間 : 24時間

現在新規の申し込みは最低買取率が91%以上保障のキャンペーン等も行っており、最大93%の業界最高値となっているのでチャンスです!

24時間営業はもちろん、365日営業しているので、安心して換金できる業者のひとつです。

更に、どんな時でも買取率がどこよりも高い最低保証付きのサービスがある為、非常に安心してギフト券を売る事が出来ます。

Amazonギフト券は万引きしても無駄、まとめ

Amazonギフト券の万引きを考えているかた、万引きは犯罪ですよ!血迷ったことをするのはやめましょう。

万引きしたとしてもPOSAシステムがあり、レジを通して料金を支払わないとコードを使用する事ができません。

Amazonギフト券やiTunesカードは当たり前ですが、きちんとレジ通して購入しましょう。