Amazonギフト券は安全に譲渡できる?合法な譲渡方法を知ろう!

ブログ

所有しているAmazonギフト券を使わないという場合、身近な人にプレゼントしようと考える方は多くおられます。
ここで気になるのは譲渡が規約違反に触れるか否かですが、合法的な方法を事前に確認し、安全に譲渡する方法を知りましょう。

Amazonギフト券の無料譲渡は完全にセーフ!

Amazonでは、詐欺などの無用なトラブルを防ぐことを目的に、転売サイトからの購入を推奨していませんが、譲渡そのものを禁じてはいません。
つまり家族や友人に対して無料でAmazonギフト券をプレゼントしたとしても規約に触れることは無く、譲渡した側も譲渡された側も安全にギフト券を使用できます。

コンビニなどで売買されているようなカードタイプ、あるいは商品券タイプのAmazonギフト券は、二次会の景品として出品されることも多く、ふとしたタイミングで手に入ることがありますよね。
そういったタイプのギフト券でも、そのまま譲渡したい人に手渡す、あるいは郵送するなどの方法でプレゼントすれば問題なく利用できます。

ただし、Amazonギフト券の入手元が転売サイトだった場合や、犯罪等によって不正に入手された物だった場合には、ギフト券が無効になる恐れがあります。
譲渡された側の人物のAmazonアカウントが締結されるリスクもありますから、入手経路がはっきりしないAmazonギフト券は譲渡しないほうが良いでしょう。

 

家族や友人にから金銭を受け取るのは違反?

Amazonギフト券を無料で譲渡することは規約に抵触しませんが、それでは譲渡した人物から金銭を受け取ると違反になってしまうのでしょうか?
仮に自分から売却する意思が無くても、譲渡する相手から「お礼」として金銭を渡されるというケースも十分に考えられますし、相手との関係性によっては断りたくても断れないという場合もあるはずです。

この場合はグレーゾーンの問題ではあるのですが、Amazonとしては「転売目的での購入」をやめるように呼び掛けているだけなので、やはり規約違反には当たることはありません
焦点としては「転売目的でAmazonギフト券を入手したのか」という点がポイントになりますから、例えば景品として入手したAmazonギフト券を売却したところで問題行為にはならないのです。
自分で購入したAmazonギフト券だとしても、転売目的ではなく、何らかの事情により譲渡するというケースでは違反には当たりません。

したがって、例えAmazonギフト券の譲渡によって金銭を得たとしても、規約や法律に触れる恐れはなく安全に取引ができるということになります。
もちろん金銭以外の対価…例えば商品券や書籍、食品、雑貨などをお礼として受け取った場合にも、違反行為や犯罪行為にはならないので安心してください。

ただし、換金目的でクレジットカードを利用してAmazonギフト券を購入したという場合には、クレジットカード会社の規約に違反してしまう可能性があります。

発覚した場合にはクレジットカードの利用停止処分などが下される可能性もあるため、この点には注意しなければなりません。

amazonギフト券購入でクレジットカード利用停止に?多用には注意
amazonギフト券は非常に便利ですが、購入頻度が余りにも頻繁だとクレジットカードが停止されるリスクがあります。 なぜそんなことが起きるのか? 実はamazonギフト券は換金性が高く、悪用されるケースもあるからです。悪用を疑われないよう...

アカウントに登録済のAmazonギフト券は譲渡できない

未使用のAmazonギフト券であれば問題なく他人に譲渡できますが、既にアカウントにAmazonギフト券の情報を登録してしまったという場合には、原則として譲渡ができません
Amazonギフト券は、例え同一人物のアカウントだとしても別アカウントに残高を移行することが不可能であるため、一度登録を済ませたAmazonギフト券を譲渡することは不可能になります。

Amazonアカウントごと譲渡するという方法もありますが、そもそもAmazonではアカウントの譲渡を積極的に認めてはいません。
乗っ取りなど犯罪の可能性も考えられるため、Amazonアカウントに登録された名前や住所を変更すると、最悪の場合アカウントが凍結されてしまうリスクもあるようです。

また、登録済のクレジットカード情報やそれまでの購入履歴が、譲渡した人物に筒抜けになってしまう可能性もあります。
様々な問題が発生するリスクがありますから、一度登録したAmazonギフト券を無理に譲渡することはおすすめできません。

どうしても登録済のAmazonギフト券を譲渡したい場合は?

それでも既に登録済のAmazonギフト券を他人に譲渡したいという場合に、リスクを伴わず安全にプレゼントするための方法が一つあります。
それは「ギフト券をプレゼントしたい人物にAmazonで売っている物の中から欲しい品を聞き、現物でプレゼントする」という方法です。

登録済のAmazonギフト券そのものをプレゼントすることはできませんが、登録済のAmazonギフト券を使って買った品物をプレゼントするというのは自由です。
利用できる残高の範囲内で相手が欲しい物を聞き、それを一度自宅に配送してもらってからプレゼントするか、直接相手の住所に送ってプレゼントするという方法なら、安全に実質的な譲渡が完了するということになります。

ただし、Amazonの中でもAmazonギフト券を使って購入できない商品がいくつか存在するため注意が必要です。
例えばAmazonギフト券を使ってAmazonギフト券を購入することはできないので、改めてギフト券をプレゼントし直すという方法を選ぶことはできません。

Amazonギフト券をプレゼントするならEメールタイプでの譲渡が最適

初めから他人へのプレゼントが目的でAmazonギフト券を購入するのであれば、Eメールタイプを選択することが最もおすすめです。
相手の本名や住所を知らなくても、Eメールアドレスさえ分かればいつでも譲渡できるという点がEメールタイプのメリットになります。

カードタイプや商品券タイプは1,000円、5,000円など一定に区切り毎の金額で販売されていますが、Eメールタイプであれば15円~500,000円の間で自由に金額を指定することができます。
相手が求めている金額や、自分自身で無理のない金額を指定できることも、Eメールタイプならではの魅力と言えるでしょう。

EメールタイプのAmazonギフト券には、250文字程度までの簡単なメッセージを添えることもできますし、購入日から1年後までの間の送信日を指定することも可能です。
例えば誕生日に合わせて忘れずにAmazonギフト券をプレゼントしたいという場合には、日付を指定しておくだけでAmazonが自動的に送信してくれるので、最適なタイミングを逃しません。

コンビニ等でAmazonギフト券を購入する際には、現金での支払いが原則になってしまいますが、EメールタイプはAmazonの公式サイトで販売されており、クレジットカード決済が認められています。
Amazonギフト券をプレゼントしたいけれど、現金で支払う余力がない!というタイミングだとしても、クレジットカードで購入できるとすれば安心ですね。

【まとめ】Amazonギフト券Eメールタイプの使い方や購入方法
今回はAmazonギフト券のEメールタイプの使い方やメリット・デメリット、購入方法を全てご説明します! 普段、生活をしていてご友人やご家族、職場の仲間にプレゼントを送ったりってしますか?そういう時ってプレゼントは何をあ...

Amazonギフト券の譲渡についてまとめ

Amazonギフト券を譲渡して、仮に相手から金銭や物品を受け取ったとしても、規約や法律の違反に該当することは無いため安全に譲渡できます。
ただし犯罪等によって不正入手された可能性があるAmazonギフト券の売買は、譲渡先に多大な迷惑をかけるリスクがあるため譲渡すべきではありません。
また、一度アカウントに登録したAmazonギフト券の譲渡は困難ですから、未使用のまま譲渡することが鉄則になります。