昔のAmazonはこんなだった?Amazon設立当時から今の違い

ブログ

Amazonは世界のトップ企業として、今も成長を続けています。そこで気になるのが、「昔のAmazonってどんなだったのだろう?」という事。

どのような所からどのように成長して今のAmazonになったのでしょうか?

Amazon設立から、いろんな歴史を今回は追ってみたいと思います。

昔は「Amazon.com」では無かった

有名な話ですが会社設立当初は「Amazon.com」という社名ではなかったのです。

Amazonの創業者ジェフ・ベゾスは1994年7月5日に「Cadabra,Inc.」という会社を設立し、ワシントン州の法人として登記。「Cadabra」という名称は、呪文のアブラカダブラからきており直訳すれば「私がいった通りになる」と云うものなのです。

しかし設立から数か月後に弁護士が電話にて、「”cadaver(死体)?”」と聞き間違えた為、現在のAmazonという社名に変更したのです

「Amazon」という社名に決めた理由は、同じような思想を表現するには、有名なアマゾン川の面積の広さ等が「何でもある」印象を与えやすいと考えられたためAmazonという名がつけられました。

更に当初はなんでも売っているわけではなく、「本屋」だったんですよね。インターネット書店からなんでも売っている企業へと成長しました。まさにアマゾン川のようです。

昔のAmazonのロゴ

1994年、設立当初のAmazonのロゴがこちらです。

アルファベットの”A”の中にアマゾン川が流れてるというロゴ。分かりやすくシンプルでとてもいいロゴだなと思いました。

 

それから変更され、1999年あたりまでは現在のロゴに近いシンプルなデザインに変更されました。

現在とはオレンジの線が下向きのカーブになっております。ちょっと、ムッとしているような感じに見えてしまいますねw

そして現在のAmazonのロゴは…。

カーブが逆になり、AからZに伸びる笑顔のようなロゴになりました。

“a”がつく商品から”z”がつく商品まで、なんでも提供するという意味が込められています。

こう見ると現在のAmazonのロゴ、素敵ですね。

昔のAmazonのオフィス

設立当初のAmazonのオフィスはどのようなものだったのでしょうか?

1999年のものと思われる、1枚の写真が出回っていました。

本物かどうかは定かではありませんが、これマジか!?と言いたくなるくらいのオフィスです。座っているのは創業者ジェフベゾスでしょうか?

この部屋の片隅から大企業へと成長したAmazon、恐るべし…。

現在のAmazonのオフィスは

このように綺麗なオフィスとなっております。こう写真を見比べると、時代が変わったなぁとも思えますね。

昔のAmazonのホームページ

さて、Amazonといえばインターネット事業から始まった会社です。

設立当初のホームページはどのようなものだったのでしょうか?

こちらが昔のAmazonのホームページの画像です。

ん~!時代を感じます!w昔のブラウザはバックの色が灰色だった気がします。

トップには「Welcome to Amazon.com Books!(ようこそアマゾンドットコムブックスへ)」

と書かれており、本屋という事を強調していますね。

このホームページが数十年後には…

このようになっています。

時代が時代といえばそれまでですが、Amazonにはこのような歴史があったんだと見ると楽しいですよね。

昔のAmazonまとめ

昔のAmazonについてまとめてみました。

こうやって見ると、Amazonの歴史や凄さが分かって面白いですよね。

逆に考えると、Amazonの未来はどうなっているのだろうか?と考えてしまいます。

宇宙事業にも手を出してるくらい未来に生きているAmazon。

これからもどうなるのか見ものです!以上、昔のAmazonはどうだったのかをまとめてみました!それでは!

IT業界の革命児、amazonのジェフ・ベゾスとはどんな人物なのか?
Appleのスティーブ・ジョブズが亡くなった今、IT業界で誰もが注目すべき人物といえばamazon.comのCEO、ジェフ・ベゾスなのではないでしょうか。IT業界で今もっとも恐れられている男、amazonのジェフ・ベゾスとは一体どのような人...