paidyでAmazonギフト券は購入できるのか徹底的に調べてみた!

ブログ

自分用にも、プレゼント用にも便利なAmazonギフト券ですが、店頭で購入される方は現金で、ネット上で購入される方はクレジットカードで購入する場合が多いのではないかと思います。

 

一番楽な方法はやはり家に居ながらにしてAmazonの公式サイトで購入する方法ではないでしょうか。ネット上で購入したい、しかしクレジットカードは持っていない、使えない、使いたくないという場合はどうすればよいのでしょうか。

 

ここで最近注目を集めてきている手法がpaidyです。クレジットカードがなくとも、決まった期日以内にコンビニや銀行から振り込んだり、口座振替にすることでオンライン上で買い物が楽しめるサービスです。

今回はこのpaidyでAmazonギフト券が購入できるのか調べてみました!

paidyの公式サイトには利用できるECサイトにAmazonは出てこない

paidyの公式サイトに、paidyを利用できるECサイト(electronic commerce site:インターネット上で商品を販売するウェブサイトのこと)が掲載されています。そのページを見てみましょう。

<paidyの公式サイトより paidy利用可能店舗>


上記を確認すると、PEACH JOHNやラクマ、DMM.comなど筆者でも聞いたことのある店舗名が並んでいますが、ここにAmazonの名前はありません

まずここで一度判断するに、Amazonではpaidyは使えないようですね。

それでは次に、Amazonの公式サイトを確認してみましょう。

Amazonのお支払方法にpaidyは出てこない

ここでは、Amazonギフト券を実際にAmazon公式サイトで購入した場合にpaidyで支払いができるのか見てみましょう。

もし、Amazonでの買い物でpaidyを利用できるなら、以下の図のように支払方法でpaidyが選択肢に出てくるはずです。

それでは確認していきましょう!

 

<Amazon公式サイト 上部より>

Amazon公式サイトの上部にギフト券という項目があります。ここをクリックしてみましょう。

<Amazonギフト券 購入画面>


ギフト券の項目をクリックすると、上記のようなページに移りました。ここからAmazonギフト券を購入できそうです。一つずつ見てみましょう…と言いたいところですが、下記のような表を見つけたので、まずはその表から確認してみましょう。

1.「Eメールタイプ」「印刷タイプ」「グリーティングカードタイプ」「ボックスタイプ」「封筒タイプ」

下記のままでは見づらいので、支払方法の箇所を拡大してみましょう。

<Amazon公式サイトより>

これで少し見やすくなったでしょうか。

この表によると、「Eメールタイプ」と「印刷タイプ」クレジットカードのみの支払いとなっていることが分かります。この二つはpaidyでは購入できないのですね。

次に「グリーティングタイプ」「ボックスタイプ」「封筒タイプ」ですが、これらはクレジットカード以外にも「代金引換・コンビニ・ATM・ネットバンキング」が利用できるようです。

筆者は、paidyはもしかしたらネットバンキングに入るのではないかと思ってしまったので調べてみました。

 

<「ネットバンキングとは」検索結果>

インターネットバンキングはインターネットを介した銀行の取引サービスのことのようです。

三菱UFJ銀行や楽天銀行が名を上げています。paidyは金融機関ではないので、ここにはあてはまらなさそうですね。

よって、上記5タイプはpaidyでは購入できないことになります。

 

次に、表になかった「チャージタイプ」「商品券タイプ」「マルチパック」は実際に購入画面に進んで見てみることにしましょう。

2.チャージタイプ

チャージタイプの購入画面です。

<Amazonギフト券(チャージタイプ)購入画面>

カートに入れて、支払い画面に進んでみましょう。

<Amazonギフト券(チャージタイプ)支払い画面>

Amazonギフト券のチャージタイプはクレジットカード以外にも「コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー支払い」が利用できるようです(「代金引換」は利用できません)。しかし、ネットバンキングにpaidyは入っていませんでしたね。

 

電子マネーは例えばSuicaやWaonなどのことなので、これもpaidyとは違います

 

携帯決済ももちろんpaidyとは違いますので、チャージタイプでもpaidyは利用できなさそうです。

 

3.商品券タイプ

 

<Amazonギフト券(商品券タイプ)購入画面>

カートに入れて、支払い画面を見てみましょう。

<Amazonギフト券(商品券タイプ)支払い画面>

こちらも、クレジットカード以外の支払い方法は、「代金引換」「コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー」「携帯決済」となっています。商品券タイプもpaidyでは購入できなさそうですね。

4.マルチパック

次にマルチパックについて見ていきましょう。
マルチパックは、グリーティングカードタイプとカードタイプに分けられるようです。

<Amazonギフト券(マルチパック・グリーティングカードタイプ)購入画面>

<Amazonギフト券(マルチパック・カードタイプ)購入画面>

支払い画面に関しては、どちらのタイプも同様となりました。

<支払い画面>

マルチパックもクレジットカード以外の支払い方法がありますが、「代金引換」「コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー」と「携帯決済」となっていますので、paidyは利用できません。

 

以上より、Amazoの公式サイトでAmazonギフト券を購入しようとする場合、paidyは利用できないことが分かりましたね。

 

それでは、例えばpaidyが利用できるラクマなどではAmazoギフト券は取り扱われているのでしょうか。見てみることにしましょう。

フリマアプリでAmazonギフト券の売買はできない

ラクマではpaidyが使えるようなので、こちらでAmazonギフト券が販売されているか検索をかけてみました。すると出てきたのは以下の三つ。

<ラクマ 「Amazonギフト券」検索結果>

一番右の出品がAmazonギフト券ではないかと思い確認してみました。すると…

箱のみの販売で、ギフトカードは入っていないとのことでした。

つまり、Amazonギフト券は筆者が調べた時点では、ラクマでは扱っていないことになります。

そもそも、Amazonギフト券はラクマに出品していいのでしょうか。別のサイトで調べてみました。すると、そもそもフリマアプリでのAmazonギフト券の出品は禁止されているとのことでした。Amazonギフト券はお金と同様の働きをする金券という扱いになるからだそうです。

 

ラクマ(旧フリル)の公式お知らせブログでも、電子ギフト券は出品禁止商品となっています。

 

この件につきましては、他の方が詳しく書かれていると思うので、筆者が触れるのはこれくらいにしておきます。

フリマアプリのAmazonギフト券出品に関しての詳しい記事がございますので

合わせてご覧になってみてください。

Amazonギフト券はメルカリに出品できるのか?
昨今現金化の際にも良く用いられるフリマアプリ「メルカリ」。 最近では数々のアップデートにより写真を撮るだけでアプリがその商品名を勝手に調べてくれたり、出品の際の商品説明欄に自分が良く使うテンプレートを設定できたり、価格を設定するときに...

まとめ

Amazonギフト券がpaidyで購入できるか確認してきましたが、どうやらAmazonの公式サイトではpaidyは利用できないようです。

加えて、paidyが利用できるラクマではAmazonギフト券の出品は禁止されているとのことなので、Amazonの公式サイトとラクマを抜いたどこかでAmazonギフト券の取り扱いがあり、そこでpaidyによる支払いが可能でない限り、paidyでAmazonギフト券を購入することはできないことが分かりました。しかもpaidyはオンラインショッピングで利用できるサービスとなっているので、Amazonの公式サイト以外でAmazoギフト券を販売しているECサイトを見つけることは難しいかもしれません。

しかし、paidyはクレジットカードがなくても、メールアドレスと電話番号で買い物ができる便利なシステムなので、今後もしかしたらAmazonでも利用できるようになる日が来るなんてこともあるかもしれませんね!

フリマアプリで販売されているAmazoギフト券は本来出品禁止なので、こちらは購入しないよう気をつけましょうね!

現時点でできる支払方法で安全にAmazoギフト券を購入して、安心してお買い物を楽しみましょう!