Amazonのプライムフォトが最強だと話題!?Googleフォトとの違いは?

ブログ

Amazonプライムフォトは、写真を無劣化で容量無制限で保存できるという特徴があります。
写真を撮影する事が多く、いつも容量オーバーで写真の保存に困っている方にとっては嬉しい写真ストレージの1つです。

そこで今回は、Amazonプライムフォトの特徴とGoogleフォトとの違い・使い方について詳しくみていきましょう。

Amazon プライムフォトが最強のサービスである理由

Amazonプライムフォトの特徴には以下のような特徴があります。

・Amazonプライム会員なら無料で利用が可能
・無圧縮・容量無制限で写真が保存できる
・スマートフォン・タブレット・PCなど全てのデバイスで利用可能
・最大6人が写真を容量無制限で保存できるファミリーフォルダ機能あり
・画像認識機能で検索と絞り込みが簡単にできる

何といってもAmazonプライムフォトの最大の魅力は、「無圧縮・容量無制限」で写真が保存できる所にあります。

このように嬉しいサービスを多く提供しているAmazonプライムフォトですが、年額3,900円のAmazonプライム会員になれば利用が可能です。(月払いも可能)

Amazon Photo

プライムフォトの為にAmazonプライム会員の会費を支払う価値はある?

Amazonプライムフォトを利用したい為に、Amazonプライム会員になるにしては料金が高いのでは?
と考えている方も多いかと思います。

しかし、Amazonプライム会員になると以下のような特典があります。

・配送料無料
・お急ぎ便・日時指定便無料
・特別取扱商品の取扱手数料が無料
・プライムビデオで邦画・洋楽・ドラマが見放題
・Prime Musicで音楽が聴き放題
・Prime Readingで本が無料で見られる
・Amazonパントリー(まとめ買い・低価格の商品を1点からご購ができる)が利用できる

この他にもあらゆる特典がある上に、Amazonプライムフォトの利用も可能ですので大変お得です。

写真を高品質・無制限で保存できる魅力とは?

これまでAmazonプライムフォトは、5GBまで無料で利用が可能で、50GBで年間2,000円・1000GBで年間40,000円の料金がかかっていました。

つまり、現在は年間3,900円のAmazonプライム会員費を支払うだけで1000GB(年額40,000円)以上の利用が可能だというわけです。
なお、Amazonプライムフォトでは、RAW画像の保存も可能です。

RAW画像とは、デジタル一眼レフや一部のデジカメに搭載されている記録形式で、圧縮や加工が一切されていない生のデータです。
このRAW画像から、色の補正をかけたりして加工することによりJPEG画像データが作られますが、JPEGにする際に、加工を加えることで画像の劣化が起きてしまいます。

そのため、RAW画像を保存できるということは、劣化なく高品質な状態で写真を保存できるというメリットがあるのです。

AmazonプライムフォトとGoogleフォトとの違いとは?

写真ストレージとして広く認識されているものに「Googleフォト」があり、実際にGoogle フォトを利用されている方も多いのではないでしょうか?

このGoogleフォトと、Amazonプライムフォトを比較した際に、両者にはどのような違いがあるのでしょうか?

料金と容量制限の違い

Googleフォトは、一定の条件を満たせば容量は無制限で画像を保存でき、しかも無料です。
それだけで判断すると、有料のAmazonプライムフォトは高いのでは?と思う方も多いのではないでしょうか。

ただし、Googleフォトを無料で容量無制限で利用するには制限があります。

例えば、無料プランの場合は写真のサイズが1600万画素を超える場合は縮小されて、動画の場合は、1080p を超える場合は縮小されて保存されます。

RAW画像のような高品質の画像も、もちろん保存は可能ですが高品質な画像の保存には制限があり15GBまでとなっています。

Googleフォトの場合、月に高品質な画像を100GB分保存したい場合には、月額250円が必要で1000GBだと、月額1,300円となります。

動画の容量制限についての違い

Googleフォトの場合、圧縮する高品質モードで保存する場合の容量は無制限です。

一方で、Amazonプライムフォトの場合は、5GBまでの容量制限があります
ただし、追加料金を払うことで100GB~30TBまで容量は増やす事ができます。
(100GBは年額2,490円、1TBあたり年額13,800円)

Amazonプライムフォト・Googleフォトどちらが優れている?

Amazonプライムフォト・Googleフォトどちらにもメリット・デメリットがありますので、
どちらが優れているということは一概には言えません。

そのため、その人の用途によってどちらかを選んだり使い分ける事が大切です。
例えば、カメラマン・WEB・DTPデザイナーなど元画像を大量に扱い、加工などを加える可能性も高い人の場合はRAW画像を無制限で保存できるAmazonプライムフォトが適しています。

一方で、映像クリエイターなど動画を多く扱う方は、容量も追加できるGoogleフォトを利用するといいでしょう。

普段、スマートフォンで写真を撮影してスマートフォンの容量を空ける為だけにストレージをするのであれば、Amazonプライム会員であればAmazonプライムフォトを、そうでなければGoogleフォトの利用や併用する事をおすすめします。

それぞれの特徴を知った上で、上手に使い分ける事が大切です。

Amazon プライムフォトの基本的な使い方

Amazonプライムフォトを利用する場合、PCであればAmazonにログインした上で、Amazonプライムフォトの画面に接続すると以下のようなページが表示されます。

写真をアップロードするには、真ん中の画面にある「参照してアップロード」ボタンを押して画像を選ぶか、写真を画面上でドラッグ・ドロップする事で保存が可能です。
検索窓の横にある「追加」ボタンを押すと「写真をアップロード」という文言が表示されますので、ここからも写真をアップロードする事ができます。

また、Amazon Drive内から、Amazon プライムフォトに移動することもできます。

上記はAmazon Drive内の画像になりますが、左のグレーの部分にある「Amazon Photos」をクリックすると、先ほどのAmazon プライムフォトの画面に飛ぶ事ができます。

なお、Amazon Drive内の写真をAmazon プライムフォトに移動させたい場合には、
「写真」フォルダをクリックして上記の画像のように写真の一覧を表示させます。

写真の左側にチェックする部分がありますので、チェックを入れて一番上の青い箇所にある「ダウンロード」をクリックすると、Amazon プライムフォトに写真が保存されます。

Amazonのプライムフォトが最強だと話題!?Googleフォトとの違いまとめ

Amazon プライムフォトは、容量無制限で画像を圧縮せずに高品質なまま保存できます。

Amazonプライム会員(年額3,900円)に入会する必要はありますが、配送料、お急ぎ便・日時指定便無料などのほか、映画・本が見放題などの嬉しい特典が数多く付いてきます。

Amazonを日常的にご利用されていたり、画像を圧縮せずにたくさんの写真を気にせず保存したいという方に、Amazonのプライムフォトはおすすめです。