Amazonギフト券を紛失してしまったら、こんな方法で取り戻そう!

ブログ

自分で購入したAmazonギフト券や、友達にプレゼントしてもらったAmazonギフト券を紛失してしまったら、諦めるしかないのでしょうか?
紛失したAmazonギフト券を取り戻すための方法はしっかりと用意されていますから、いざというときのために確認しましょう。

紛失したAmazonギフト券を取り戻せるって本当?!

Amazonギフト券を紛失してしまったとしても、Eメールタイプなどデジタルを活用したAmazonギフト券であれば再発行を受けることができます。
まだ登録されていないコードの場合には、購入した人物のメールアドレスに対して、Amazonからコードを再送してもらうことが可能なのです。

ただし再発行されるのはあくまでもAmazonギフト券現品になりますから、現金にして返してもらうことや、クレジットカードに返金してもらうことはできません。

コードが分からなくなってしまった場合はもちろんですが、誤ってコードが記載されたメールを削除してしまったという場合にも、同じようにコードの再送を受けられます。

紛失したら再発行されないAmazonギフト券もある

デジタルなAmazonギフト券は再発行が可能ですが、コンビニで販売されているようなカードタイプのAmazonギフト券は一度紛失したら再発行を受けられません。
本当に購入されたAmazonギフト券なのか、仮に領収証があったとしても本当にその人物が購入し、なおかつ未使用なAmazonギフト券なのかをAmazon側で確認することが不可能であるためです。
残念ながらカードタイプ等のAmazonギフト券を紛失してしまったという場合には、原則として再発行が不可能なので注意しましょう。

この場合に唯一の解決策となるのは、なくしてしまったAmazonギフト券を自分自身で見つけるということです。
自宅の中で紛失してしまったのであれば、今一度室内を捜索し直して、Amazonギフト券を見つけるための努力をしましょう。
購入してから自宅に戻る間のどこかでAmazonギフト券を紛失したのであれば、まずは購入したお店に電話をかけて問い合わせましょう。
購入した店舗や利用している駅に問い合わせれば遺失物として発見できる可能性がありますし、場合によっては警察に届けられていることもあります。

紛失したAmazonギフト券を再発行するための手順

Amazonでは、Amazonギフト券を紛失してしまったという場合には、注文番号と購入者氏名、Amazonギフト券を受け取った住所またはEメールアドレスを記入し、カスタマーサービスに連絡するようにと指定しています。
注文番号が分からないという場合にはその旨を記載し、残りの項目を間違えることなく記入して送信し、Amazonからの連絡を待ちましょう。
Amazon側で当該のAmazonギフト券が未使用であると確認できた場合には、指定したEメールアドレスに再発行されたコードが届くことになります。

Amazonには3種類の方法で問い合わせが可能

Amazonに問い合わせを行う場合には、まずはAmazonのホームページにアクセスし、トップページ上部に表示されている「ヘルプ」をクリックしてください。
すると画面の下のほうに「問題が解決しない場合は」と書かれたリンクが表示されるので、ここをクリックして問い合わせに進みます。

第一の方法としては電話があり、さらにAmazonから電話をかけてもらう方法と、自分から電話をかける方法を選ぶことができます。
いずれも対応は一切変わらず、フリーダイヤルも用意されていますから、好みに応じて好きな方法を選びましょう。
オペレーターに繋がり次第、Amazonギフト券を紛失してしまったことを告げ、Amazonからの指示を仰ぐことになります。

次にチャット、あるいはメールで問い合わせをすることも可能です。
チャットの場合には、その場でAmazonのスタッフとチャットを使ったやり取りができるので、一度の問い合わせでテンポよく解決策を示してもらえます。
一方のメールには慌てず丁寧に文章を書けるというメリットがありますから、こちらも好みで好きな方法を選ぶと良いでしょう。

Eメールタイプの場合には即時再送が可能

EメールタイプのAmazonギフト券を購入し、誤ってメールを削除したことが原因でコードがわからなくなってしまったという場合には、メールをすぐに再送してもらうことで即時再発行が可能です。

この場合には、Amazonのアカウントサービスの中から注文履歴をクリックし、購入したAmazonギフト券の情報を表示させてください。
すると画面右側に「Amazonギフト券の再送」というタブが出てくるので、これを再びクリックすることで登録したメールアドレスにAmazonギフト券のコードが記載されたメールが再送されてきます。
EメールタイプのAmazonギフト券を紛失したのであれば、Amazonへの問い合わせ無しでAmazonギフト券を取り戻せる可能性が非常に高いです。

Amazonギフト券を紛失しないために我々ができる対策

もしAmazonギフト券を紛失してしまったとしても、再発行を受けられる可能性がありますが、再発行には手間と時間がかかることも事実で、使いたいタイミングでAmazonギフト券を利用できない恐れがあります。
購入したAmazonギフト券やプレゼントしてもらったAmazonギフト券は、なるべく早くAmazonのアカウントに登録し、コードを紛失してしまっても問題ないように対策をしておきましょう。

カードタイプのAmazonギフト券は情報を保存しておく

特にコンビニ等で購入するカードタイプのAmazonギフト券は、一度紛失してしまうと取り戻すことが難しいので、早めにコードの情報を保存しておきましょう。
スマホのカメラでコードを撮影しておけば情報がスマホの中に残りますから、仮にカードを紛失してしまったとしても画像を頼りにコードを入力することが可能です。
同じように、Amazonギフト券のコードをメモ帳などに保存しておき、文字のデータを頼りにコードを入力するという手を選ぶこともおすすめです。

セキュリティ対策も怠らないようにしよう

Amazonギフト券のコード情報をメモ帳に保存し、更にそのメモ帳をクラウドに保存すると、クラウドへのハッキングからデータが流出する恐れがあるため要注意です。
また、Eメールに対しても、不正アクセスが行われるとAmazonギフト券のコードが流出してしまう可能性を否定できません。
これらの問題によってせっかくのAmazonギフト券が使用できなくなってしまう場合もありますから、セキュリティ対策に関しても最低限の注意を払うことを心がけましょう。

Amazonギフト券を紛失してしまったら、こんな方法で取り戻そうまとめ

Amazonギフト券を紛失してしまったとしても、Amazonに問い合わせを行うことによって、Amazonギフト券のコードを再発行してもらえます。
カードタイプの場合には再発行が不可能なので、カードを探し直すか、心当たりのある場所に問い合わせて遺失物として届いていないか確認してみましょう。
Amazonギフト券のコードはなるべく早くアカウントに登録したり、購入後すぐにコードを写真で撮影したりするなどし、紛失した場合に確実に対処できるように準備することもおすすめです。