Amazonギフト券を転売する4つの方法&マッチングサイトでの売買について

ブログ

Amazonギフト券を転売したいと考えている方も多いのではないでしょうか。
今回はAmazonギフト券を転売して現金化したい方へ、どのような転売方法があるかご紹介します。
自分はどこで転売するべきか?紹介すると同時にメリット・デメリットについてもお教えしたいと思います。

あなたにあった転売方法が見つかりますように。

ãmazonギフト券を転売するためには?オークションという方法

まず、1つ目の方法として、ヤフーオークションなどのオークションを利用するという方法があります。

Amazonギフト券はメルカリやヤフオクで出品、購入可能か?
余ってしまったamazonギフト券を現金化したいと思った時に、フリマアプリ『メルカリ』、オークションサイト『ヤフオク』での出品や購入は可能なのか?また購入する場合も合わせてみていきたいと思います。自宅に居ながら誰でも売買を楽しめるメルカリで...

オークションを利用することによって、amazonギフト券が手元にある場合にはこれを換金することが出来ます。

転売をしたいけれど、近くにショップがない場合、あるいは買い取りをどうしていいのかわからないという場合、ヤフオクなら、いつでも転売が可能です。
ヤフオクを利用した場合、いくつかのメリットがあります。

まずは、自分で金額を設定することが出来ますので、手数料を差し引いたとしてもそこそこの値段がつくということです。

金額が保証されているわけではありませんが、そこそこの価格で転売が可能です。

しかし、デメリットは必ずしも買い手が現れるとは限らないですし競合も多いので、転売が完了するまで時間がかかってしまうことがあるのがデメリットです。

このため、なるべく早く換金したいという方にはあまり向いていない方法とも言えます。

Amazonギフト券の転売で金券ショップ・チケットショップを利用する

金券ショップ・チケットショップを利用して転売という方法があります。
店頭の買取業者が近くにある場合には、こういった買取業者を利用することで、その場で換金をすることが出来て、とても便利です。
自宅の近くや、駅前などに買取ショップがある場合も多いですので、その場合には、買取ショップで換金をしてもらうというのも一つの手段となっています。
買取業者、チケットショップを利用する際のメリットですが、まずは手軽ということと、眼の前でスタッフの方が換金をしてくれますので、安心できるという点が魅力です。
初心者の方の場合には、買取ショップは、説明もしてもらえますし、換金率に関しても直接聞けるので、その点でもメリットがあります。

しかし、買取ショップに関しては、デメリットもあります。買取ショップでの換金はとても手軽にはなりますが、Amazonギフト券を取り扱っていない店舗もありますので、このあたりは注意が必要です。

また、営業時間が限られていたり、近くにそもそも店舗がない場合もありますので、注意が必要となります。

このあたりもデメリットです。

Amazonギフト券は買取サイトを利用して転売をする

amazonギフト券を買取サイトを利用して転売するという方法があります。この方法は、最もおすすめできる方法です。
買取サイトは、換金率も高く、またさまざまな業者の中から、比較をして選ぶことが出来ます。

近くに金券ショップ・買取ショップがないという場合にも、買取サイトなら全国からどこでも来店不要で利用をすることが出来ますので、そのあたりはメリットです。

好条件で換金できる買取サイトなら、数分程度で取引が完了し、即日で振込をしてもらうことが出来ますし、オークションのように、買い手が現れるまで待つ必要もありません。すぐにでも換金したいという時に、換金できるのも大きなメリットとなっています。
ただし、買取サイトを利用をする際には、業者によって換金率が異なりますので、比較をしてから選ぶことをおすすめします

Amazonギフト券買取、初回買取率が一番高い業者は?厳選5店舗
Amazonギフト券買取率というものは、業者によって日々変動しているものです。 Amazonギフト券を初めて売るんだけど「どこで売ったらいいかわからない…」「どこが高く売れるの?」等の悩みを解決! 安定した初回買取率を誇る業者を...

サービス内容についても業者によって異なりますので、口コミ評価が高いところを選ぶようにしなければいけません。

手数料に関しても振込手数料などが差し引かれてしまい、実際の換金率が下がってしまうというケースもありますので、あらかじめ問い合わせをして確認をするようにしましょう。

マッチングサイトを経由してamazonギフト券をお得に売買

商品券やギフト券を金券ショップなどで安く購入できるのにamazonギフト券が購入できないのが不満だと思ったことはありませんか?
amazonギフト券はコードの登録をしなければ有効性を確認できない仕組み上、金券ショップなどで取り扱うことができなくなっています。
ギフト券を買い取ろうとしても、コードが有効化を客観的に確認する方法がないためです。
しかし、amazonギフト券を日ごろ使わない人も存在するため、どのように処分するか迷ってしまうケースがあります。

そんな問題を解決するのがマッチングサイトで、ギフト券のプライスマッチを行うことでコードを売買することが可能になっているのです。
システムはマッチングサイトによって異なるものの、売買の決済のタイミングをマッチングサイトが仲介し、不正を防ぎつつ売買することが可能になります。
ギフト券を処分したい人はギフト券を売ることができ、買いたい人はディスカウント価格で購入することが可能なのです。

有名なマッチングサイトは、アマオクギフトレ等が御座います。

 

どうしてディスカウント価格でマッチングサイトが機能するの?

ギフト券のマッチングサイトは、プライスマッチを行うのが一般的です。売りたい人は自分が売りたいギフト券に好みのディスカウント率をかけた上で買いたい人が現れるのを待ちます。
買いたい人は売りにだされているギフト券の中から自分の好みのディスカウント率がかかっているものや、額面の物を購入する仕組みになっているのです。
ディスカウントが必要なのは、割引価格でなければ公式サイトから購入した方がメリットが大きくなるからです。

また、売りたい人の間でも競争が発生するため、早く売りたいのであれば安めに価格を設定する必要があります。
需要と供給のバランスが存在するからこそ、割安でamazonギフト券の購入が可能になるのです。
もちろん、自分が貰ったギフト券を売却することも可能で、手元に現金がない場合などに重宝する場合があります。

amazonギフト券をクレジットカードで購入すれば、消費者金融のキャッシングなどに頼らずに現金化をすることも可能だからです。
ただし、プライスマッチングの関係上購入額よりも目減りしてしまうことと、高値で売ろうとすると時間がかかる場合があることに注意が必要です。

マッチングサイトにその他のデメリットは存在しないの?

非常に便利なマッチングサイトですが、デメリットも存在します。それがシステムを利用する際にかかる手数料の存在です。

買い手側には余り影響がないケースがありますが、売り手側は手数料負担を考えなければいけない場合があるのです。

売買はマッチングサイトを経由するのが一般的ですが、直接売買をしてしまうとギフト券のコードが無効だったときに支払いトラブルに発展する可能性があります。

トラブルを防ぐために一度サイト側で決済処理を行い、それから改めて振込みを行うことが一般的になります。
ポイントになるのは振込み料金を誰が負担するのかということです。

一般的なギフト券のマッチングサイトでは利用者側に負担が生じる仕組みになっていて、売却した額面をそのまま受け取ることができなくなっているのです。
振込みの依頼をかけて初めて振込まれるサイトもあります。

複数のamazonギフト券を売却したい場合は売却したお金を自分のアカウントにプールし、振り込み依頼の数を減らすことで手数料を節約できるケースもあります。
振込み手数料以外にも手数料などが発生するケースもあるため、サイトごとの条件を比較して利用することも大切なのです。

まとめ

こうして見てみるとAmazonギフト券の転売方法は多々あります。

便利さだったり、換金率だったりと、自分に合った転売方法が見つかるといいですね。