「安い商品だけではない詐欺!」2段階認証していないamazonアカウントが不正使用しされている!?

ブログ

多発するamazon詐欺出品者による深刻な被害。このamazon詐欺出品者による激安価格での販売は刈り取りでなくとも誰もが被害に合ってしまう可能性があるのです。万が一、自分自身はもちろんのこと、家族や友人の出品者アカウントがこういった詐欺に

」乗っ取られれてしまったら・・・。考えるだけでも恐ろしいことですよね。こういった詐欺被害に合わないためにも、自身のamazon出品者アカウントの2段階認証は絶対に設定しておくようにしておくと良いでしょう。

 

amazonマーケットプレイスでの詐欺とは?

 

アカウントを乗っ取っての詐欺。その手順はいくつかパターンがあるので紹介したいと思います。

【amazon詐欺のパターン・その1】
・悪質業者が、人気のある商品を定価の半額以下ほどの激安価格で販売

・その激安価格に騙されて買ってしまう 

・「商品を発送しました」と業者がまったくのウソの連絡をする 

・購入者からの入金の確認がとれたらアカウントを消し逃亡。当然ですが商品は届かない

 

激安すぎる商品の例

・「ニンテンドースイッチ」が99円
・PS4が2,000円台
・人気のタブレットやノートPC が激安

など・・・。

最近多発しているamazonマーケットプレイスでの詐欺の手口もご紹介します。

人気商品を考えられないほどの激安価格で販売

商品が海外からの発送となりますので時間がかかりますと理由をつけて先払いを指定

先払いで振り込むと販売者アカウントごと削除して逃亡

こういった怪しい商品を購入してしまうと、「商品は送られてこずお金だけ騙し取られる」という事になってしまいます。

 

【amazon詐欺のパターン・その2】
・実際よりも値段は安いものの、露骨にわかりやすいほど「詐欺だ」とは判別しにくいパターンも有る 

・購入をして数日経ってからamazonではない出品者側から「商品の在庫切れ等でキャンセルをします」といった内容の連絡が来る

・その後、巧妙にamazonを装ったメールで「商品キャンセルのため返金されます」と通知がくる

・「返金されるならいいか」と勘違いしている間にamazonマーケットプレイス保証申請期間を過ぎて返金がされないという羽目に。結果的にそのままお金を騙し取られる。 

【amazon詐欺のパターン・その3】
マーケットプレイス保証を逆手に取った手口も紹介します。 
・出品者のデータを見てみると、日本国内の住所、日本人の氏名、ストリートビューで見たら確かにその住所にその名前がある。完全に信頼をしてしまう。 

・しかし、購入や入金をしても、一向に商品は発送されずそのまま放置。出品者に連絡をしても無視されるか「関係ありません」との返事

・amazonマーケットプレイス保証申請をすればお金は返ってくるが本当の被害は実はここから・・・。 

・通販という性質上、いくら商品をキャンセルしたとしても住所や氏名などの個人情報が出品者に渡ってしまう 

・手に入れた購入者の個人情報(氏名や住所、電話番号)を詐欺商品の出品者として使われてします 

・当然ながら自分自身の個人情報を使われてしまっているので購入者や入金者から「どうなってますか?」「金返せ!」「詐欺として警察に通報する!」と電話が鳴りやまなくなる

 

つまり、2段階認証をしていないと・・・

 

1 他のサイトで漏れたメールアドレスとパスで総当たり

2 2段階認証をしてないIDに侵入

3 マーケットプレイスに出店としてたアカウントをピックアップ

4 実際とは異なるあり得ない価格で大量に商品を掲載して販売

5 発見される前に売り上げの振り込み申請をかけて逃走

 

という自体に陥ってしまう可能性があるということになります。そして次のようなケースもあります。

 

・amazonマーケットプレイスでは基本的に価格の安い順から並べられる。悪質業者に本来の価格の半額である50%の値段で大量に空の出品をされた場合、まともな出品者のページは後ろへいってしまい目立たないところに追いやられる。

・購入者からすれば基本的に安い方でしか商品を買わないし、出品者の情報まではあまり事細かく見ない人が多い

・原価割れの激安な値段で商品を取り扱っているところはもちろん詐欺なので、騙された購入者は激怒。amazonレビューで商品を☆1と低評価にしボロクソに叩く

・結果として商品自体の価値が下がる

・商品の売上が下がることによって困ったマジメな出品者は消しても無限に湧いてくる悪徳業者に対抗して商品の値段を落とさなくてはいけなくなる

・値段が下がったところで、悪徳業者に全て買い取られて転売されてしまう

こういった連鎖が起こることによって、「人気商品をまるごと乗っ取られてしまう」というとんでもなく大きな詐欺行為が浮き彫りになってしまったのです。

今までマジメに商売をしていた出品者のアカウントが乗っ取られ、詐欺に使われている例も確認されています。

・最初のうちの50程度の評価は非常に高いのに、突如としてそこから急に詐欺を始めている。

・注意深く意識していた利用者も、流石にこれには騙されてしまう。

これによりamazon自体が、個人情報を漏洩してしまったのではないかという可能性も考えられるようになりました。

しかしながら、これだけの大きな問題が起こっているにも関わらず、「amazon」TOPページには詐欺を警告するような注意書きすらされていないのです。 そうです。自分の身は自分自身で守るしかないのが現状であるということになります。

 

では、ここでアンカーのモバイルバッテリーの変動をグラフで見てみましょう。

今は2,299円で販売しておりますが、3月13日あたりに666円での第一陣が始まり、4月7日には370円。その後何度か詐欺アカウントが停止された後でゴールデンウイーク直前の4月28から4月29日あたりにピークを迎えて480円。その後も時々詐欺垢は現れるもののすぐに対応されて現在は出ていません。ただ、恐ろしいのが検索をかけるとまだまだ出てきます。

自己紹介が「カスタマーに対し、最高水準のカスタマーサービス」というテンプレートなのでバレバレですよね。もしくは元からの中華系詐欺師かもしれません。店舗名で検索をかけるとクラウドワークスでamazonレビューのステマを募集していたりしました。そして、これははじまりに過ぎないのです!

最初に使われたのはマーケットプレイス出店者のアカウントでした。しかしマーケットプレイスに出店しているかどうかはログインをしてみないとわかりません。

恐ろしいのは、買う人だけのアカウントも不正アクセスされてるという点です。

「自分は出店していないから関係ないし大丈夫」、と考えている方も多いかと思いますが、そんなことはまったくありません。しっかりと2段階認証をしてないで他のサイトと同じパスワードで使い回ししている人は誰もが皆やられているのです。

 

販売者が「amazon」なのか「マーケットプレイス」なのか、どこで見分けるのか?

気になった商品を見つけた場合、販売元がamazonなのか、他の業者なのか・・・。見分けるポイントはこちらとなります。

商品ページの「在庫あり」の少し下に、「この商品は○○○○が販売、配送します。」と書かれています。この○○○○が出品者です。

この記載が「amazon.co.jp」であれば安心です。販売も発送もamazonが行うので、商品が届かないということはまずなく、個人情報の扱いも安心できるといって良いでしょう。

ここがamazon.co.jp以外ならマーケットプレイスの商品です。amazon以外の個人や業者が、購入者が入力した送付先住所と氏名を取得し、商品を発送します。

マーケットプレイスが詐欺業者に狙われている今、ネット通販に慣れていて詐欺業者を見分ける自信がある人や、なにかしらの理由で出品者が100%信頼できる場合以外は、マーケットプレイスから購入するのは、避けたほうが良いと思われます。

2段階認証

冒頭で述べたとおり、流行しているamazonへの不正ログイン。まずは自身のアカウントを守るためにも必要な2段階認証設定方法についてまとめてみました。

amazonの2段階認証を設定すると、ログインのときに通常のメールアドレス(携帯番号)とパスワード、さらに加えてその都度更新されるセキュリティコードを必要とします。こちらを設定しておくと他者からの不正ログインは非常にされにくくなるので、とても安心できるのではないでしょうか。

アカウントが不正に利用されてしまうだけでも深刻な出来事なのに、何かでamazonにアカウントがBANされてしまうとKindleの蔵書が全滅してしまう恐れがあるため、自己防衛手段として2段階認証はとても重要な設定となります。amazonのアカウントを所有しているユーザーは必ず設定しておいたほうが良い項目です。早めに設定をしておくことを推奨します。

 

使い回しのパスワードはすぐに止めて2段階認証

amazonの2段階認証について、まだいまいちピンと来ていない人も多いかと思います。タオ例えば、TwitterやFacebookを乗っ取られたとしても、金銭的被害はなかなか出にくいものです。しかし、LINEを乗っ取られてしまうと自分の被害はないですが、友人にamazonのギフトカードを買わせるような内容を送信されてしまいます。そして、amazonではクレジットカードを登録しているので実損が出てきます。

そのためにも、amazon二段階認証は必ず設定しておくようにしておきましょう。パスワードは他のサイトと使い回しは止めて、意味のない数字と英語と記号の組み合わせにすることをおすすめします。例えば、w0vr!9QV!i9$ZvLNなどのようなものです。辞書に出ているような単語や地名を使うとアタックされ簡単に突破される可能性が高いからです。

amazon詐欺は果たしていつまで続くのか?

最後に、対策はもちろんのことですが、やはり気がかりなのはamazon詐欺はいつまで続くのかですよね。まずこの詐欺実行者が海外であるということと、今回はアフリカ系との噂が出ています。実行者の特定は非常に困難である事が予想されるため、amazon側でシステム上の対策を構築する必要があります。当然すぐに解決のできるような問題ではなく、ある程度は長期化するのではないかと予想されます。実際にアカウント被害にあった方への対応はするとの事ですが、窓口はカスタマーなので、皆たらい回し状態との事です。さらには3日間放置されるなんて事も普通との事みたいです。そんな現状のなかでもamazonでマジメに商売を行っている方は適切な対策を行って、実績を積んでいくしかありません。そして一般の購入者は、とにかく騙されないように自衛していくしかありません。せっかく便利なamazonだけに、一刻も早く詐欺行為がなくなることを願います。