生鮮食品を最短4時間で届ける「amazonfresh」が東京でサービス開始!

ブログ

国内大手ECサイト、amazonが2017年に生鮮食品をなんと最短4時間で届ける「amazonfresh」の提供を4月21日から東京の一部エリアを対象に開始しました。
まずは、一部エリアを除く東京都港区、千代田区、中央区、江東区、墨田区、江戸川区でサービスを開始し、今後順次エリアを拡大していく予定とのことです。
今回は、「amazonfresh」とは一体どんなものなのか、食品配送をamazonが始めることによってどんな変化があるのかをまとめました!

配送地域・料金

■配送対象エリア
東京都の港区千代田区中央区江東区墨田区江戸川区6区域(一部エリアを除く)から開始。今後順次拡大していく予定とのこと。
■お届け時間帯
午前8時から深夜0時までの間、2時間ごとのお届け時間帯(合計8枠)から指定可能。注文から最短で4時間後に商品を受け取り可能。
(例:正午までの注文で16時以降に受け取り)
■配送料
注文額が6,000円(税込)以上の場合、配送料は発生せず。注文額が6,000円(税込)未満の場合は、1回の注文あたり配送料が500円(税込)発生。
■フレッシュ月会費
amazonプライム会員は、30日間の無料体験に登録可能。その後は月額500円(税込)でamazonフレッシュを利用可能

食料品の取り揃えはなんと1万7千点以上!

「amazonfresh」は、米amazon.comが提供する生鮮食料品の即日配達サービスです。新鮮な野菜やパンなど、これまでamazonで購入することのできなかったような食料品もラインナップしており、注文から最短4時間で届けるデリバリーサービスとなっています。
野菜、果物、鮮魚、精肉、乳製品などの1万7,000点以上の食料品のほか、キッチン用品、健康・美容用品、ベビー用品、ペット用品などの日用品・雑貨など、合計10万点の商品を取り揃えており、朝に注文すれば必要な日用品がその日のうちに届きます。売れ筋ならば、書籍なども一緒に届けてもらうことも可能。

 

一般的なスーパーで購入できる商品はもちろんのこと、人形町今半の精肉やOisixの有機野菜、北辰の魚、船橋屋のくず餅などの、専門店のグルメまでをも取扱っているのが「amazonfresh」なのです。
契約農園から仕入れた採れたての新鮮な野菜や、その日の朝に加工した鮮魚などを販売する「新鮮市」も週に2回(火曜日・金曜日)に開催するとのことです。

 

プライム会員を対象としたサービスとなっており、「amazonfresh」を利用するには月額500円(税込)の追加登録が必要となります。なお、お試し期間として30日間は無料で利用することができます。

注文は、朝8時〜深夜0時までの2時間ごとの時間帯を指定することが可能となっており、最短で4時間で届けてもらうことができます。配送料は、注文金額が6,000円(税込)以上の場合は無料。それ未満の場合は、1回の注文あたり500円(税込)の送料が発生します。

「amazonfresh」は、2007年にアメリカのシアトルで開始したサービスで、2016年7月にはイギリスでも提供を開始しています。日本でもようやく満を持してサービスが開始されることとなりました。
これまで「生鮮食品をすぐに届けて欲しい」という要望にはネットスーパーが応えていましたが、この選択肢に「amazonfresh」が加わることになります。品揃えもとても充実している印象で、例えば「食パン」カテゴリというものだけでも64件ものラインナップがあります。
会費は月額500円、送料無料ラインは6,000円以上というちょっと高めの設定ではございますが、まずは30日のお試し期間で試してみたいものですよね!

amazonfresh、amazonパントリーの違い、料金体系、配送エリアの表

項目amazonfreshパントリー
Prime加入必須必須
月額費用500円
配送手数料500円/回

(6000円~無料)

290円/箱

1箱56/28/36cm

12kg/箱未満

配送地域東京18区2市

千葉市川、浦安市

神奈川川崎市

(一部を除く)

全国

※東京、北海道、島根

九州の一部を除く

配送時間8~24時で指定可能

最短4時間後

Primeと同様

 

このように表で見ると、それぞれの特徴がわかりやすいのではないでしょうか!

 

生鮮品が中心のamazonfreshは、やはり配送時間などもとてもシビアになってくるため、まだ現段階では配送エリアもかなり狭いことがわかります。

そのかわり、配送時間の幅やスピードの早さは尋常ではありません。さらには2時間間隔で指定ができ、夜遅くの受け取りも可能なうえに、購入予約から最短4時間で届くというサービスが魅力的です。amazonパントリーと同様に、amazon primeへの加入が必須ではありますが、パントリーとは異なり別途500円/月の利用料がかかります。

 

amazonパントリーは大きさ&重さが割り当てられた商品を箱に商品を詰めていく少し珍しい購入形態となっております。(例:1箱をフルに詰めて3000円程度)

配送日時は通常のamazon praimeに近いことがわかるかと思います。サービス開始当初は日時指定ができなかったのですが、今ではほぼ全国が配送エリアとなっているので、amazonfreshと違って多くの地域で利用できるところが魅力的です。

amazonfresh支払いまでの手順

amazonアプリはとにかく簡単でわかりやすいのも嬉しいポイントです。
ユーザーがあれこれ考えずに、誘導されるままボタンが押せるスムーズさとシンプルさ。誘われるがままボタンを押してレジに進むボタンを押すと、次は配達日時指定の選択になります。こちらもまた見やすくて簡単です。次はお支払いです。

クレジットカードの設定さえ済んであれば「次へ進む」からの確定で注文完了です。
つまり、例えば慌ただしい朝でも通勤時間30分の間に、夜の買い物が簡単にできてしまうということになります!

最初は小さなスタートだった

今では1万7千以上の品揃えでラインナップも充実した「amazonfresh」ですが、実はスタートした頃は品数もまだまだ限られており、「これでは、日常的には役に立たない」と感じる人も少なくありませんでした。それがサービスのスタートからあっという間に品数が充実していきました。肉類はステーキ肉などもあります。魚は種類が限られているものの、生のマグロや白身魚がパックされており、野菜や果物にいたっては、普段食べるものはほとんどそろっていると言ってもいいほどです。

配送センターを建設するほどまでに大きく

 

サンフランシスコ地域に限った話でいえば、amazonは注意深くこのサービスを検証しながら拡大している様子が伺えます。サンフランシスコ、シリコンバレーでのサービスは2013年末ごろから始まり、最初は富裕層の住む地域、IT企業に務める若者の住む地域だけに配達を絞っていました。

しかも配送センターは本格的なものを設けず、何とサンフランシスコの南にあるキャンドルスティック球場の駐車場の一角を借り、そこにどこかから食料を積んできた超大型トレーラーを駐車していたみたいです。配達トラックは、そのトレーラーにドッキングするようなかたちで荷物を移し替えるという、奇妙なシステムでサービスをスタートさせたのが最初でした。

もうキャンドルスティック球場の駐車場は球場自体が取り壊しになったため、トレーラーはもうなく、現在はサンフランシスコ対岸のニューワークという町に配送センターがあり、そこからトラックが出発しているとのことです。

東京での配送センターと配送システム

東京都の6区から開始される「amazonfresh」。

商品は、川崎FC(フルフィルメントセンター)に温度管理ができる専用設備を用意し、一括管理。お届け先へはPrime Nowの配達ネットワークを使用しているそうです。

 

配達時には、右側グレーの取っ手がついた常温、グリーンの取っ手がついた冷蔵、ホワイトの取っ手がついた冷凍の3つの紙袋のうち、食材に合ったものに入って届けられます。取っ手の色を見ることで、受け取ったらすぐにどう保管すればいいかが分かるようになっています。これを一番左のグリーンの専用ボックスにいれて配達員がお届けしてくれます。この専用ボックスは保冷剤が取り付けられるので配達中に食品が悪くなるのを防ぐ役目を持っており、このボックスから紙袋を取り出して渡してくれます。

現状、置き配や再配達はせず、手渡しのみとのことみたいです。出荷通知メールを送ったり、前の配達が終わったタイミングでアプリ上で通知をしたりといったシステム上での対策はとられていますが、手渡しできなかったときは商品を持ち帰り、注文キャンセル扱いにするとのことです。このあたりは性善説にのっとっているなと感じるので、決してイタズラ目的などで注文をしたりしないようにしましょう。

また、Prime Nowは屋外でも受け取れるということで、amazonfreshはどうなのかと聞いてみたところ、「屋外からの注文はできない」とのこと。ただし、自宅でなくても勤務先などで受け取りは可能だそうです。確かに食品が傷んだりしては元も子もありませんよね。花見やBBQに利用したかった!というひとも現状では諦めるしかありません。

食品配送をamazonが始めることによって起こり得る影響

日本に進出したといっても、まだ東京23区での地域限定スタートなため、現状では大きな影響は出ていないといえますが、日本最大規模のECサイトamazonが国内最大売上規模を持つ東京都で生鮮食品販売を行うということは、これまで日用品販売を行なっていたEC、ネットスーパー、食料品宅配企業などの競合サービスに今後影響が出てくることも考えられるのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか?忙しい男性の方ももちろんですが、特に働く女性にとって夜ごはんを作る時間ってなかなか捻出しずらいものだと思います。また、夜遅くスーパーへ行くと、食材が売り切れていたり、鮮度の悪いものだけが残っていたり…なんてこともあるあるですよね。その点、amazonfreshなら、鮮度の良い状態のものを届けてくれて、いつもと変わらない値段で購入できるとい利点があります。6,000円以内だと送料はかかりますが、それは自分の時間ととにかく新鮮で美味しいものを食べられるという利点と考えれば賢い時間の使い方ができるサービスなのではないでしょうか!