Amazonギフト券を使った投げ銭はできる?間接的な方法を紹介!

ブログ

元々はパフォーマーなどに対してリアルにお金を渡す際に使われていた投げ銭という言葉ですが、近年ではネット社会でも活用するようになっています。
気に入った投稿者に対して、Amazonギフト券を使って投げ銭ができるのか検証していきましょう。

Amazonギフト券でYouTubeに投げ銭できるのか?

ユーチューバーは今や子供たちがなりたい職業に堂々ランクインするほど人気を集める存在で、今この瞬間にも世界中で数々の配信者が魅力的な番組を放送しています。
YouTubeの投稿者に対して投げ銭を行う場合には、スーパーチャットという機能を利用することによって金銭的な支援ができ、気に入っている投稿者を応援することが可能です。
実はスーパーチャットにはAmazonギフト券を送信する機能は付帯しておらず、そのままの状態では投げ銭を行うことはできません。

スーパーチャットに投げ銭する方法

スーパーチャットに投げ銭する際の送金方法は三種類で、クレジットカードデビットカードを利用するか、それともペイパルを利用するかのどれかを選択する必要があります。
投げ銭は一日につき合計で5万円が上限に定められているので、複数の投稿者に投げ銭したいという場合でも、その範囲の中から各投稿者に配分を割り当てる形で投げ銭を行ってください。

クレジットカードやデビットカードを所有していないという場合には、バンドルカードを利用して投げ銭することをおすすめします。
バンドルカードネット上ですぐに開設できる仮想のクレジットカードのようなもので、一般的なクレジットカードのように審査を受ける必要がありません。
あとは好きな投稿者に対して投げ銭の金額を指定し、スーパーチャットとして送信するだけで投げ銭が完了することになります。

Amazonギフト券からスーパーチャットに投げ銭する裏技

それでもAmazonギフト券をスーパーチャットに投げ銭したい!という場合には、少しばかり回りくどい方法ではありますが、Amazonギフト券の買取業者を経由して投げ銭するという方法を選べます。
買取業者では、未使用・未登録のAmazonギフト券に限って現金でのAmazonギフト券買い取りを実施しており、このサービスを活用することによって投げ銭をするための現金を用意することが可能です。
あとは登録しているデビットカードを利用したり、バンドルカードに入金した上でスーパーチャットを利用したりすることによって、Amazonギフト券の売買で得たお金をYouTubeへの投げ銭に回すことができます。

Amazonギフト券でツイキャスに投げ銭することができるのか?

ツイッターをはじめとする大手SNSを利用したライブ配信を可能にするサービスとしてはツイキャスがあり、こちらも日本ではYouTubeに負けず劣らずの人気を誇っています。
YouTubeのように手の込んだ放送準備を行う必要がなく、スマホさえあればいつでもどこでも気軽にSNSを使った配信ができるという点がツイキャスが支持されている理由の一つでしょう。
そのツイキャスではキートスという機能を使った投げ銭に対応していますが、残念ながら現段階ではAmazonギフト券を直接的に投げ銭することは不可能であり、投稿者を支援するためには別の方法を考えなければなりません。

キートスに投げ銭する方法

キートスに投げ銭をするためには、クレジットカードやVプリカなどのプリペイドカードを事前購入して用意し、キートスに登録した上で利用する必要があります。
ただし本人名義以外のクレジットカードを利用することは認められておらず、家族や友達のクレジットカードを使った決済は規約違反に当たるため中止しましょう。
クレジットカードを用意できない場合には、デビットカードを利用することでクレジットカードと同様に扱われ、無事に投げ銭ができるようになります。

キートスでは高額な投げ銭ができることが魅力的で、投稿者は最大で1000万円までの支援を受けることが可能ですから、巨大なプロジェクトを立ち上げることも簡単にできるという点が特徴になっています。
一方の支援者としては最低300円という小額から投げ銭ができるため、軽い気持ちで好きな投稿者を支援することが可能です。
また、動画の配信中以外にも支援することができるので、都合によりライブ配信を見守れないという場合や、配信終了後に知った企画が気に入って投げ銭したくなったという場合にも支援が可能です。

Amazonギフト券を利用するならやはり買取業者の利用は必須

Amazonギフト券を使ってキートスで投げ銭したいという場合にも、スーパーチャットのときと同じように一度Amazonギフト券の買取業者を通し、現金化させるというひと手間が必要になります。
手順はスーパーチャットに投げ銭をする場合と全く同じなので、優良なAmazonギフト券の買取業者を見つけて申し込みを行うと良いでしょう。
もちろん余ったお金は自分で好きなように使って構いませんから、現金化して口座に残った数百円を処分するという目的で、キートスから好きな配信者に投げ銭をするという選択をしても良いですね。

Amazonギフト券を使った投げ銭に対応するサービスはあるの?

残念ながら大手配信サイトでは、Amazonギフト券をそのまま投げ銭に流用するというサービスを導入しておらず、まずはAmazonギフト券の現金化を行って投げ銭の資金を作ることが求められています。
サイトやサービスを経由してAmazonギフト券を投げ銭することは不可能ですが、配信者と直接やり取りを交わすことができれば、Amazonギフト券を受け取ってもらえる可能性はかなり高いでしょう。
気に入っている投稿者がツイッターなどSNSのアカウントを持っているという場合や、ブログを運営しているという場合には、本人への連絡先が分かるはずですから、Amazonギフト券をプレゼントしたいという意思を伝えてみてください。

Amazonギフト券を求めている配信者は多い

有名な配信者や、いわゆる絵師と呼ばれる人々の中には、SNSやブログを通じて直接的にAmazonギフト券の投げ銭を求めている方もおられます
Amazonギフト券の現金化はごく一般的なものとして認知されるようになっているため、Amazonギフト券の投げ銭は彼らにとって貴重な制作費用や生活費用として利用されている様子です。
Amazonギフト券で直接的に投げ銭する場合には、コードを送信するだけで受信者がそのままAmazonギフト券を受け取れるEメールタイプを選択すると良いでしょう。
Eメールタイプであれば、受け取った人がそのままAmazonで買い物をすることもできますし、買取業者にコードを送信するだけで現金化することもできるので、最も重宝されます。

まとめ

Amazonギフト券を使ってYouTubeやツイキャスに直接投げ銭をすることは現段階では不可能でしたが、一度Amazonギフト券を現金化させることで、間接的に投げ銭を作り出すことはできます。
また、配信者の中にはSNSやブログを通じてAmazonギフト券の投げ銭を求めている方も多く、気に入っている配信者の連絡先が分かるのであれば、EメールタイプのAmazonギフト券を送付して投げ銭するという手段も有効です。