SNSでAmazonギフト券を贈る方法【twitter,LINE,instagram等】

ブログ

今はSNSもたいへん普及しており、SNS上の友人がいるという方も多いのではないでしょうか。
SNS上の友人にも気軽にプレゼントを贈りたい方にオススメなのが、Amazonギフト券のプレゼントです。
今回は、SNSでAmazonギフト券を送る方法を紹介いたします。

Amazonギフト券をSNSで送る方法って

Amazonギフト券にはチャージタイプ、Eメールタイプ、印刷タイプ、グリーティングカードタイプ、商品券タイプと種類があるのですが、今回のようにSNS上で贈るには、Eメールタイプを選びましょう。
Eメールタイプは、どこにいる人にでも最短5分で送ることができ、デザインも選べてプレゼントに最適なので、贈り方を覚えておくと便利です。
これから紹介する方法で、LINEやTwitter、instagram、Facebookなど、多くのSNSでシェアすることができます。
以下で詳しい手順を見ていきましょう。

SNSでシェアするまでの手順

Amazonギフト券のページより、Eメールタイプを選択し(https://www.amazon.co.jp/Amazon%E3%82%AE%E3%83%95%E3%83%88%E5%88%B8-E%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%97/dp/BT00DHI8G4)、デザインを選びましょう。
種類が豊富にあるので、贈る相手に合わせてデザインを決められます。
オリジナルの画像を使って世界にひとつのギフト券をプレゼントすることもできます。

金額と配送方法を決めましょう。
金額は15円~50万円まで1円単位で選べるので、贈る相手にちなんだ数字で金額を決めるのも面白そうです。
そして、次が一番重要なところです。配送方法の欄を「メッセージアプリでシェア」にチェックしましょう。
ここにチェックを入れることで、簡単にSNSでシェアできるようになります。

ここまでできたら、カートに入れて支払いをしましょう。
購入が完了したら、登録のメールアドレス宛にメールが届くのを確認してください。

届いたメールの中に、「注文の詳細を確認する」という欄があるので、そこをクリックしてブラウザを開きましょう。
「このギフト券をシェアする」をクリックし、Amazonギフト券を贈るSNSを開きましょう。
URLをコピーし、SNS上で相手に送りましょう。
このとき、第三者からも見られるところで贈らないように気をつけてください。

以上で完了です。
これで、LINEやTwitter、instagram、facebookなどで相手にAmazonギフト券を送ることができます。

オンライン上でシェアするもう一つの方法

上記の方法でSNS上でAmazonギフト券を贈ることができますが、先ほどとは別にもう一つ贈る方法があるので、そちらもご紹介いたします。
先程は手順2で配送方法を「メッセージアプリでシェア」にしましたが、今回は「Eメール」を選択するやり方です。

まず、Amazonギフト券のページからEメールタイプを選択し、デザインを選びます。
ここまでは先ほど紹介した方法と同じです。

金額を決めたら、配送を「Eメール」にし、受取人の欄に自分のメールアドレスを入力して支払いをします。

購入が完了したら、先ほど入力したEメールにメールが届きます。
その中の、「アカウントに登録する」をクリックし、URLをコピーします。

そして、ご自分で贈りたいSNSを開き、相手にURLを送信します。
送ったURLを相手がクリックし、「アカウントに登録する」のリンクを押して完了です。

メッセージアプリでシェアする方法と、自分にメールを送る方法、どちらでもAmazonギフト券をSNSで贈ることができるので、試してみてください。

Eメールタイプがおすすめな理由は?

Amazonギフト券には様々なタイプがあると紹介いたしましたが、EメールタイプはSNSでプレゼント出来る以外に何の特徴があるのでしょうか?

最短5分で贈れる

例えば、お祝いをしようと思っていた人の誕生日をすっかり忘れていてあと一時間しかないなど、急いでいる時にも最短5分でプレゼントできます。

デザインを選べる

お祝いにギフト券をあげることのデメリットは、少し事務的な感じになってしまうことではないでしょうか。
しかし、Amazonギフト券のEメールタイプは絵や写真やアニメーションなど種類が豊富なだけでなく、自分で画像を選ぶことができます。
絵が得意な人は絵を描いたり、思い出の写真を貼りつけたり、心のこもったプレゼントになります。

住所や名前など個人情報を知らなくても贈れる

SNS上の友人など、なかなか個人情報にあたることを聞きづらい場合にも、とても気軽に贈りやすいです。

値段を設定できる

先ほどSNSでの贈り方を紹介した時にも書きましたが、金額を15円~1円単位で設定できます。
ほかのギフト券や商品券にはない特徴ですよね。
例えば、誕生日の日付だったり、記念日だったり、名前に関連していたり、贈る相手にまつわる数字で金額を設定できるのも面白いです。

メールの送信予約ができる

一年先まで送信予約ができるので、プレゼントしたい相手の誕生日などに送信予約をしておくことで、プレゼントし忘れることもなくなります。

このように、EメールタイプのAmazonギフト券は、便利で使いやすいだけでなく、味気なさを解消できる工夫があり、プレゼントにぴったりです。

メールを紛失した、または届かない場合はどうすればいいの?

実際にギフト券が自宅に届くわけではないので、ちゃんと届くのか不安になる方もいらっしゃるかと思いますが、大丈夫です。
もしも支払い完了後メールが届かない場合は、Amazonの注文履歴にアクセスし、注文番号の下にある注文の詳細をクリックしてページを開き、該当のご注文の再送リンクをクリックしてください。
Eメールのプロバイダーの設定を確認し、ドメイン以外のアドレスからのメールを受け取れるように設定するのを忘れずにしましょう。

また、紛失してしまったときも同様の手順を踏んで再送してもらいましょう。

一つ注意が必要なのが、ギフト券を再送すると元のギフト券は無効となるので、もしも紛失したメールが見つかったとしても、間違って元のギフト券をプレゼントしないように気をつけてください。

まとめ

今回はSNSでAmazonギフト券を贈る方法を紹介いたしました。
いかがでしたでしょうか?

現代はSNSが普及しており、SNSを何もしていない人の方が珍しいくらいです。
SNS上の友人や知人がいる方も多いことでしょう。
SNS上とはいえ、やはりお祝いごとなどにはプレゼントを贈りたいですよね。
そして、どうせなら相手にちゃんと使ってもらえる物がいいですよね。
そういうときAmazonギフト券は重宝しますが、SNS上の友人や知人に住所やメールアドレスは聞きづらいものです。
今回紹介したように、SNSを通して、相手の住所も顔も名前もメールアドレスも知らないままでプレゼントを贈れるのはすごくありがたいですね。

SNSでAmazonギフト券を贈る方法を覚えて、SNS上の友人や知人と輪を広げていきましょう。